2007年11月30日

喜界、そして徳之島

27日朝、沖縄を飛び立ち、奄美へ入り
奄美空港の前にある食事処「はぎはら」にて
約4時間の滞在。

そして再び飛行機に乗り喜界島。
3回目の上陸。河村さんは初の喜界。

サバニの栄さんとしのさんが出迎えてくれた。
喜界島の空港は前にも書いたことがあるが
ほんとうにかわいく小さい。
田舎のローカル線の駅のような感じ。
検査をする機械とかが似合わないアットホームな空港。

外はあいにくの雨模様で寒かったが、
ライヴは終始、あったかい雰囲気に
包まれていた。

アンコールで歌う前に、花束をいただき感動。

サバニに置いてあるピアノは優しい音がする。
今回のツアーでは初めて「空へ」を歌った。

翌日、栄さんに喜界島一周に連れていってもらった。
3回目だが、ライヴ翌日をゆっくり過ごせたのは初めて。
20071128155000.jpg
写真は、巨大ガジュマルの樹の前で。
私の身長(約183cm)と比べてもらいたい。
このガジュマルの周りは、とても神聖な気がした。
そしてとても心が落ち着いた。

巨大ソテツの樹を見たり、
2007.jpg
実際に電気を作り出している風車のすぐ下まで行ったり。
この日は風がもの凄く「ブンブン!!」風車が鳴き
かなり怖かった。

喜界は島自体は小さいが巨大なものが多い。

昨日29日は再び、奄美経由で徳之島へ。
トランジットの4時間の間、奄美ではASIVIスタッフのみっちゃんが
空港に来てくれて「ハシケンと行く奄美観光ツアー」の
最終打ち合わせをした。

徳之島空港には、会場のMACの豊嶋さんが
出迎えてくれた。徳之島に来ていなかった
約1年の間、いろんなことがあったことを
話ながら、空港のある天城町からMACのある
亀津へ向かう途中、豊嶋さんが乗って来た車が
パンクのハプニング。代車が来るまでガソリンスタンドで
テレビを観ながら、ゆっくり。
逆にこの時間が良かった。

雨脚がけっこう強かったが、MACには
ライヴを進めるうちに人がどんどん集まってきて
終わるころには、かなり熱気が充満していた。

ライヴ中、何度も喜界の巨大ガジュマルが
頭に浮かんできた。というより目の前に見えた気がした。

ライヴが終わって打ち上げの場所に歩いて向かうころには
すっかり雨が上がり、月が輝いていた。

喜界、そして徳之島、また帰ってきます。
ありがとう〜!!!
posted by ハシケン at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

おきなわ〜追記(グルメレポ?)

名護に向かう日(25日)に、前日のモフモナライヴを
観に来ていただいたソウルフラワーの伊丹さん&
ドーナル・ラニー夫妻の家に立ち寄り、一緒に
読谷村・むら咲きむらで行われているフリーマーケット
「きとねいち」に行った。

河村さんの知り合いのハナさんが、カレー屋さんを
出店していて、早速食べてみる。やさしい味でトッピングの
マッシュポテトやレーズンの甘みと良く合ってうまい。
ハーブがきいていて、食べた後、じんわり体があたたかく
なった。沖縄本島を車での移動販売をしてるみたいなので
ぜひお試しを!
ハナさんのブログ http://blog.dosha.in/

きとねいちで、私も知り合いにあってすっかり和みムード。
それから伊丹さんたちと別れて名護へ。

そういえば、モフモナライヴの日、
ライヴ前に、伊佐交差点近くのタコス専門店
「メキシコ」でめちゃくちゃうまいタコスも食べたなぁ。
河村さんは前にも来たことがあるみたいで
行く前からレコメンドしていたが、たしかに
うまい。まず皮がおいしい。もちろん中身も。
1皿4コのタコスで450円もリーズナブル。
さすがミュージシャン兼グルメ。河村博司。

名護ライヴ翌日、
名護に行くたびに、お世話になりっぱなしの
安達夫妻とともに「今、名護で一番うまい」と
2人が薦める沖縄そば「おおしろ」に行く。

20071126135423.jpg

澄んだスープにしっかりとした味。うまっ!

ライヴ後に行った居酒屋「蛸どん」で食べた
沖縄そばも絶品だった。
名護は沖縄そばの「聖地」か。

おいしいものを食べてゆっくり休むのが
最高の休息。
posted by ハシケン at 13:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

おきなわ〜

23日、夕方に那覇空港着。

沖縄1日目の会場CELLOはまだ開いてないので
空港内のファーストフード「A&W」(通称・エンダー)にて
カーリーフライを食べる。エンダーでは必ずと言っていいほど
カーリーフライを注文する。

CELLOに着いたらちょっと落ちついてリハ。
白い小さな店内がとてもかわいい。
中2階のようになっている小部屋には
アトリエのように絵が置かれている。

久しぶりにライヴでグランドライフを歌った。
河村さんとは約2週間ぶりの演奏。
新鮮であり、強力なサポートは相変わらず。
さすが!

翌24日は宜野湾にあるmofgmona(モフモナ)。

ここのオーナー前嶋夫妻とは、プライベートでも
つきあいがあり何から何までお世話になりっぱなしだ。
感謝!

沖縄に行く機会があったらぜひ寄ってみてください。

もちろん「mofgmona」を歌った。
ここで歌う「mofgmona」はホント感慨深かった。

20071124115237.jpg
☆「mofgmona」の歌詞に出てくる居心地の良いソファに座って。

昨日25日、名護バードランド。
いわゆるライヴハウスでのライヴは熊本以来。
音の出しかたが、自然と変わっていく。

ここでは久しぶりに「窒息金魚」も歌った。

沖縄の3日間は、喉と体調のことを考えて
ライヴ以外では、極力体を休めていた。
そのおかげもあり、かなり納得のいく演奏ができた。

明日は朝、那覇空港を出発して奄美を経由して
喜界島へ。

ツアーも残すところ3公演。
沖縄の各会場に足を運んでくれたみんな
ほんとうにありがとう!

また帰ってきます〜。
posted by ハシケン at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

私の青空

『Hug』発売記念ツアーも残すところ6公演。

ツアー中、よく歌ってる曲が「私の青空」。
エノケンさんも高田渡さんもよく歌ってた曲だ。
カバーしてる人もかなり多い。

よく考えてみたらNHK朝の連ドラで
私がよく観てた番組のタイトルが
「私の青空」だった。
田畑智子さん主演で伊東四朗さん他
私が好きな俳優がけっこう出てた番組だ。

この番組は、なぜか最初から最後までほとんど観た。
朝観れない日は昼の再放送を観た。
(昼に再放送があるのは、ホント便利)

朝の連ドラで、はまった番組は
後にも先にもこの「私の青空」のみ。

その流れでNHKの昼のトーク番組に
田畑智子さんがスタジオ生出演するときには
渋谷のNHKまで観にいった。
しかし、その日急な国会中継が入り
田畑さん出演がお流れ・・・。残念。

そんな思い出もある「私の青空」。

歌の方の「私の青空」は、
アルバム『Hug』の底に流れているコンセプト
「HOME」に通じている曲でもある。

アルバムが発売されて約1ヶ月。
私の想像を越えた遠いところにも届いてほしい。
ホント良いんだから『Hug』。やっと客観的に
聴けるようになった。

すっかり寒くなってきましたね。
マフラー・手袋、そして私はマスクが
手放せない季節になった。

私のライヴ、そしてアルバムも
そんな防寒アイテムのように
聴く度に、じんわりあたたかくなって
もらえたらうれしいです。

明日から沖縄3日連続ライヴ。
そして喜界、徳之島、ツアーファイナルの奄美。
<奄美観光大使ハシケンと行く奄美観光ツアー>もある。

各会場で会いましょ!
私も思う存分、楽しみます。

晴れてほしいなぁ。
posted by ハシケン at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

長野にて

20071118152126.jpg

リハ前に、前回(前回といってもかなり前だ)に
行けなかった善光寺へ。野沢菜となす、2種類の
おやきを食べながら向かう。

おやきって何でこんなにうまいんだろう。

20071118154627.jpg
一見、京都とかにもありそうな店構えの
ナノグラフィカ。かわいいお店だ。

松本のCAFE THE GROVEはログハウスの「洋風」だったが
ナノグラフィカは畳敷きの「和風」。
どちらも心地よく寛げる空間。

松本に続いて、オギタカに数曲歌ってもらい
「愛ス」からスタートの2部構成。
みんながゆったりした顔をして体を揺らしたり
声を出してくれたり。この場所でしか紡げない
時間があたたかく流れていた。

またぜひ、ここで。

ライヴが終わって外へ出ると、天気予報通り
ちらちらと雪が降っていた。

ライヴはもちろん、コーディネートまで
すべてのケアをしてくれたオギに感謝。
そして今回の長野信州ツアーを企画・実行してくれた
まゆみさん、しーちゃんに感謝!
あなたたちのおかげでまた新しい扉が開きました。

そして来てくれたみんな、ほんとうにありがとう!
私の1stアルバムをずっと大切に持っていて
くれて、長野県でのライヴをずっと待ち望んで
くれていた人や、私のことを知ってから10年越しで
やっとライヴを観ることができた、という人が多数いた。
ホント、うれしかったなぁ。

また信州に帰ってきます。
posted by ハシケン at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

松本にて

20071117114113.jpg
昨日は朝10時にエフエム長野入り。
パーソナリティの小林さん。
ハシケン:1人での写真写しましょうか!
小林:いやいやいや〜〜

小林さんは奄美に行ったことがあり
私の奄美の知り合いと友達だった。
『Hug』もかなり聴きこんでくれていて
とてもうれしかった。
最近の朝の目覚めのCDになってるそうだ。

「くっついてたい」をスタジオで生演奏。

その後、会場のCAFE THE GROVEへ
共演者のオギタカと向かう。

オギタカは、私とかつて「うの花」という
ユニットを組んでいた。
オギタカは今、故郷でもある長野県小諸市に住み
音楽活動を続けている。

リハで音を出した瞬間、約15年前の記憶が蘇った。
「うの花」を始めたころ、オギ(私は普段こう呼ぶ)と
オギの住んでいたアパートで毎日のように
曲作りやアレンジに没頭していた。
約1年かけて1曲を仕上げたこともある。

ある時期、とても濃い時間を過ごした相手とは
ブランクがあっても、そのときの感情や相手と一緒にいた
場所の雰囲気、匂いまでもが、再び会った瞬間に
一気に立ちこめてくる。
一緒に音を出した瞬間が正にそんな感じだった。

オギが先に数曲歌ってくれて、私を呼びこんで
もらい、「凛」からライヴスタート。
2部構成でオギには9曲も参加してもらった。
ジェンベ、ピアノ、ピアニカ、アコーディオン、
そしてスティールパン!
サポートしてくれたどの曲も、その曲が持つ色を
いろんな楽器で的確にサポートしてくれた。感謝!

「下北沢」に入れてもらったスティールパン。
始め意外だったが、やってみると曲にすごくマッチしてた。

「うの花」ってこんな感じだったのかなぁと
歌いながら思っていた。と同時に私もオギも
いろんなところを旅してきたんだなぁとも思った。

今日は長野市へ。ナノグラフィカで会いましょ!

20071117125214.jpg
リハ前に屋根の窓から陽が射すCAFE THE GROVE
またここでライヴがやりたい。
posted by ハシケン at 10:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

ツアーのおとも

20071117003239.jpg

名古屋のファンの人に差し入れしてもらって
札幌・小樽で寝るとき使ったら良かったので
新たに買って、長野に持ってきた。

明日の午前11時からFM長野に生出演するために
松本に前のりしたら、松本駅の電光掲示板を
見てビックリ!

「2℃」だって。

寒いはずだ。そしてかなり乾燥してる。
今日もまたこの「ぬれマスク」を付けて眠ります。

1つだけ残念なのは朝起きるとマスクがはずれてる
ことが多いことだ。(寝相の悪さが原因か?)

それじゃ意味ないじゃんと思うあなた、それは違います。
朝目覚めるころ、薬用成分の効き目がなくなったことを感じて
無意識に自分で、はずしてるのです。さすが!
(そう信じたい)

松本・長野の皆さん
会場であいましょ!
posted by ハシケン at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | アイテム・ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

仙台から石巻

一昨日13日、札幌千歳空港から仙台空港へ。
空港にヨウヘイくんに迎えに来てもらう。
札幌から来たからだろうが仙台は暖かく感じる。

なごみ処・くもでのライヴはちょうど1年ぶり。
たくさんのカエルくんグッズが迎えてくれた。

ヨウヘイくんとみっちりとリハ。
なっとくできる音が出せるまで音を合わす。

「扉」からスタートの2部構成。
ヨウヘイくんのサポートは透明感があった。
気持よく歌えた。

くもで出される、自家製漬け物がやけにうまくて
打ち上げでバクバク食べてしまった。
特に赤カブにはやられた。
tukemono.jpg

そして、昨日は朝早めに出発して
亘理(わたり)という町に出かけ
名物はらこめしを食べる。もっとこってりしてるかと
思ったが、意外とあっさりしてさくさく食べれた。

石巻に移動してから前回は行けなかった石ノ森萬画館へ
isinomori.jpg
仮面ライダーで育った世代としては感慨深く、楽しめる空間だった。
サイボーグ009のコスプレをした女性スタッフがお出迎え。
なかなか似合ってました。

近くの岡田座にあった看板前でパシャリ。
okadaza2.jpg
この取り合わせは素晴らしい!

石巻SADIでのライヴも約1年ぶり。
普段良い音楽が流れている空間でやるライヴは
おのずと素敵なものになる。
ヨウヘイくんのサポートも仙台とは違うアプローチで
楽しかった。気持よく歌えたなぁ。

打ち上げで、大根を煮付けたものなどとても家庭的なものを
出していただき、しみた〜。

また仙台・石巻にも帰ってきますよ。
ホントありがとう〜!
posted by ハシケン at 11:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

札幌、追記。

札幌の友達のお店「カスタネット」に寄る。
またかわいい新しいアイテムが増えてたなぁ。
20071112173225.jpg

カスタネットちゃんと。
castanet.jpg

カスタネットHP
http://www.castanet-jp.com/
posted by ハシケン at 10:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

小樽そして再びサッポロ

20071111124350.jpg

昨日、まずは起きてすぐに二条市場へ。
河村さんと今年2回目の鮭ハラス定食。
何でこんなに旨いんだろう。

そして私は初めて食べた「キングサーモンルイベ」
口の中でゆっくりとけていく。ヤバい。
そして、いくらの醤油漬けも食す。
ホントうまいもんツアーだ。

それから小樽へ。
久々の「キッチンぐるぐる」。オーナーの手塚さんも
相変わらず元気。手塚さんの息子と娘も大きくなっていて
ビックリした。

ライヴは「くっついてたい」からまったりスタート。
いつも以上に私も河村さんもしゃべっていた。
外は小雨が降っていた。時間がどこかで止まったまま
歌の世界が、どこまでも「ぐるぐる」の中で
立ち昇ってうずまいていた。心地よいライヴだった。

また寄らせてもらいます!

今朝は小樽運河あたりを散策。
アンド「じゃがポックル」が買えてうれしかった。

札幌駅で河村さんを見送り(河村さんは一足先に
東京へ)私は再び札幌の街に帰ってきた。
20071112155237.jpg
この街も路面電車が走っている。
今回のツアーは路面電車と縁がある。
(広島、熊本、長崎、松山、京都、札幌)

今日はゆっくり休んで明日、宮城へ。
仙台・石巻のみなさん、会場で会いましょう〜!
posted by ハシケン at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

札幌へ

羽田空港へ向かう首都高で事故渋滞に4回はまり
乗るはずだった13時半発の飛行機には乗れず
14時半発にふりかえ札幌へ。

熟睡して起きたらそこは北の大地。
空港の外へ出たらひんやり身が引き締まった。

会場の「小春南」から札幌テレビ塔は意外と近い。

20071110194323.jpg

ここは前々からお世話になっているBAR琉吉の姉妹店だ。

ライヴは最初に地元のシンガー「KAZUYA」さんから
スタート。熱い歌で会場をしっかり温めてもらった。

今日は「凛」からスタート。「扉」につなげた。
どの曲へも客席からの1曲1曲へ反応がバシバシあって
心地良い。客席と一緒に呼吸してるようだった。

ツアー後半戦も岩盤浴のような「じわじわホット」な
ライヴはより極めていけそうだ。

河村さんとのコンビネーションもこのツアーで
ゆるがないものへと進化できてる。

後半戦も良いスタートきれました。
ホント気持ちよく歌えた。

ありがとう!
また帰ってきます、札幌〜。
posted by ハシケン at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

変な夢

「キャラメル」という言葉が名前に入っている
劇団の主宰者がなぜか、SAKEROCKの星野源くんの
お父さんらしく、その劇団の人たちと私は
新宿コマ劇場にいた。これからリハーサルらしい。
私も芝居をすることになっているらしく、これから
何か即興で何かを演じることになっている。
私の前には阿部サダヲさんがニワトリのかぶりもので
おどけている。

新宿コマってこんなにせまいのか〜。と
私は「コマ」を眺めまわす。

どうやら本番はここでやるのではなく
「FNS歌謡祭」の中でらしい。
リハが終わったら移動みたい。
いそがしい。いったいどんなことやるんだ?

********************************************

何がどう合わさってこんな夢になるのか
わからないが「FNS歌謡祭」は朝倉くんと電話で
話しているときに出てきたので、なんかわかる。
源くんとサダヲさんは「大人計画」つながりか。

ツアー前半中にもいくつか、面白い設定の夢を
見たが、もう思い出せない。
夢は見てすぐにメモをとるとずっと憶えていられる。
以前、半年くらい夢日記をつけていたときにそうだった。

さて明日10日からツアー後半戦が始まります。
体調も万全です!
まずは北海道の皆さん、会場でお会いしましょ〜。
posted by ハシケン at 12:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

あ〜よく眠った

昨日、一昨日はほんとによく眠った。

ツアーから家に帰ってきて起きる時間を決めずに
むさぼり眠る至福感。

ここで休んでおいて再び北海道から始まるツアーに
備える。

今日はスタジオに入り2時間ほど歌う。
土曜日の札幌ライヴからまたツアーが
始まることを考えると、ここで体を
なまらすわけにはいかない。
良い調整ができた。

ツアーで進化してきた『Hug』の曲たちを
改めて1人で歌ってみる。

もちろん「凛」や「感謝」のように10年近く
歌っている曲には勝てないが、かなりこの
ツアーで新曲たちも体になじみ、熟しているのが
歌っててわかる。

「旅は帰る場所があるからできる」ということを
誰かが言っていたが、ほんとうにそう思う。
そして「旅」自体も帰る場所だとまた思う。

北海道のライヴがツアーのちょうど折り返し地点。

またツアーにすぐに出たくなってる自分がいる。

追伸・「奄美観光大使ハシケンと行く、奄美観光ツアー!」
正式に行うことになりました!と、奄美側から報告がきました。

参加させる方、一緒に奄美に楽しみましょう〜!
まだ参加するかどうか迷ってる方、こういった感じの
奄美観光ツアーは他にないと思うし、みんなの
一生の思い出に(これはちと大げさか?いや、そのくらいの
意気込みがある)なるような奄美観光ツアーにしたいと
思ってるのでぜひぜひ。

ツアー参加はギリギリまで受け付けるそうですよ。

詳しくは特設ページでね。
http://hasiken-amami-tour.seesaa.net/

posted by ハシケン at 18:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

名古屋!

20071104150502.jpg

ここは、やはり「ひつまぶし」ということで。

アポロシアター前にある、うなぎ屋さんに入る。
ここは初めてだ。奥に入るとなぜか雰囲気は
アメリカにありそうな日本料理店のよう。

なぜかパンダの剥製がある。有線とテレビ映像が
同時に流れてるミクスチャー。

テーブルの色が派手なので、うまくひつまぶしが
撮れなかった。

久々のKDハポンは、内装の雰囲気が変わり
おしゃれになっていた。

20071104164958.jpg
写真は2階部分。

電車の高架下にあるため、電車が通るときに
音と振動が伝わる。
今回のツアーは何かと電車に縁がある。

なので1曲目は「列車に揺られながら」。
そして「赤い実」を続けた。

ハポン全体に広がる音は、私と河村さんを包み
さらに客席も包み込んでいた。気持いい相互作用が
連続して起こっていたように思えた。
『Hug』の曲にとてもぴったりなサウンドになっていたと思う。

私と河村さんのコンビも絶好調〜!

熊本から始まった地方ライヴ2弾目の最終日ということもあり、
ライヴ後はゆっくり朝5時近くまで打ち上げ。

ほんと気持よく歌えた。
名古屋のみんなありがとう〜!
また会いましょう。
posted by ハシケン at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

京都SOLECAFE

リハ前にぐっすり昼寝をしてから
SOLECAFEに向かう。

着いてから近くの佛教大学まで散歩してみた。
今日まで文化祭だったらしく、そのなごりがあった。
街路樹がもう少したてば、この辺はきれいに紅葉するだろう。

SOLECAFEは、白い。
solecafe1.jpg

だからかわからないが「赤い実」が
歌いたくなってリハで歌った。

2部構成で行ったライヴは、歌もMCもじっくりと。
今日も河村さん、ギター弾きまくってたね。
でも繊細なところは、より繊細に。
『Hug』に収録されてる曲はもちろん
前からやってる曲もここにきてまたステップアップしてる。
ツアーも中盤戦。演奏も自ずと熟してきてる。

またここでぜひライヴやりたいね。
solecafe2.jpg
SOLECAFEオーナー村田夫妻。
posted by ハシケン at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

松山観光

ブエナビスタの坂本さんに松山を案内していただく。

まずは、「踊るうどん」でうどんを食す。
飽きのこないうまさ。2杯たいらげました。

ここはやはりはずせない、ということで
道後温泉へ。
すっかり体もあったまり、ゆるゆる。
外へ出るとタイミングよく「坊ちゃん」と「マドンナ」が!
bochan.jpg

さすが、道後温泉近くには「坊ちゃん」キャラのお店が。
aka_syatsu.jpg

市内のレコード屋さんやカフェで落ち着いたり
名物「じゃこ天」を食べたり、まったりと松山を堪能。
松山に、より愛着がわいた。
また近いうちに、帰ってきたいなぁ。
坂本さん、ほんとにありがとうございました!

夜、大阪行きのフェリーに乗り込んで熟睡。
河村さんは、夜明けの海の写真を撮ってたらしいが
私は、大阪までほとんど起きなかった。

さて、関西に戻ってきました。
今日は京都SOLECAFEで会いましょう〜。
posted by ハシケン at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

初の松山。

長崎を後にして特急で博多に出て
福岡空港から松山へ飛んだ。

今回、松山に来れるようになったきっかけは
NUUちゃんだ。今年NUUちゃんが松山ブエナビスタで
ライヴをやった日に「ハシケンさんにぴったりだと
思うので、連絡をとりあってみて下さい」との
連絡をもらい、実際に来てみたら、なんて素敵な場所!
20071101171922.jpg

すっかり気にいってしまった。ありがとうNUUちゃん。

愛媛には2回目だが、1回目は板橋さんと太田さんとの
トリオで今治の高校でコンサートをした以来。
松山には初上陸となった。

ブエナビスタに入る前にエフエム愛媛に行き
河村さんと生出演と収録を1本ずつ。
収録ではスタジオライヴもやった。
面白かった〜。

ところで、愛媛の車のナンバーの愛媛の字が
あまりにも「愛媛」という漢字と違うのでパシャリ。
20071101144707.jpg

ライヴは、まず沖縄民謡を歌う、しまちゃんが登場。
最後に「満月の夕」を急きょ河村さんがギターで参加。
良い感じだった。

初の松山ライヴだったが、どの曲も初めてとは
思えない反応の良さだった。

ライヴ後訊いたら、アルバムの「感謝」を聴いてくれていた人が
かなりいたらしく私の曲をけっこうみんな知っていた。

『Hug』に参加してくれたSaigenjiもブエナビスタで
ライヴをやったことがあるらしくSaigenjiファンの人も
来てくれていた。

長崎といい、松山といい、初めてライヴをやる土地で
あたたかく受け入れてもらえるのは、ほんとうれしい。

ありがとう〜!
今日もまた1つ今度来るときに「ただいま!」と
言える土地が増えた。

明日(2日)は休暇&移動。昼間は松山でゆったりして
夜、出航するフェリーで大阪南港へ向かい京都へ。

20071101172355.jpg

もう1枚。ブエナビスタの下はすぐ砂浜で
そこから撮った夕暮れ時。心地いい〜
posted by ハシケン at 03:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ツアー通り道、長崎にて

熊本から長崎に入り、すぐにFM長崎へ。
今回、長崎に来れたのは通称「RIKI」さんの強力な
アプローチのおかげだ。そしてRIKIさんとともに
会社をやっている梶原さん、松浦さんのおかげ。

RIKIさんは、そうとうなソウル・フラワー・ユニオンのファン。
そこから河村さんとつながり、今回『Hug』発売記念ツアーの中で
長崎に初めて寄ることができた。

人と人のつながり、縁。
今回もそこがすべての始まり。
これからまたいろんなことが始まっていく予感がした。

初めての長崎は、すべて見るもの聞くもの感じるものが
新鮮だったが、どこか懐かしくもあった。

それは長崎の「一千万ドルの夜景」のせいか、
思案橋のオレンジ色の灯りのせいかはわからない。

丸2日の長崎の滞在だったが、ハシケンの音楽をたくさんの人たちに
知ってもらおう、というRIKIさん達の積極的な動きのおかげで、
かなり濃く充実した時間をすごさせていただいた。
もう5日くらいは滞在している気分になった。

FM長崎の番組へ生出演2つ、長崎シティFMにも生出演1つと
1時間番組を私と河村さんの2人だけで進行する番組も収録。
情報誌の取材。そして長崎での初ライヴ。
いろんな人たちとの出会い。私と河村さんが気持よく
長崎に滞在できるようにと細かい心配りと、もてなしを
していただいて感謝してもしきれない。

次に来たときに「ただいま!」と言える街が
また1つ増えた。

ほんとうにありがとう〜!!
また帰ってきます。

20071031134329.jpg

長崎で食べる本場のチャンポンは格別。

20071031121858.jpg

FM長崎の昼の番組「ヒラミンゴ」にて。パーソナリティの
平川純子さん。
posted by ハシケン at 02:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 『Hug』ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする