2009年04月28日

『TAKARA』発売記念ツアー開始!!

☆4/24(金)

東京駅にて新幹線に乗込む。
少しして浜野くん登場。


1600円する弁当を買って乗込んできた。

大物は違う。



また、くっだらない話からまじめな話まで
いろいろと。


途中、少し眠って気づいたら新大阪。


新大阪には、いつものように
ツアーマネージャー伊藤社長、登場。

くくるのセット.jpg
お腹が急に減り、新大阪にあった「くくる」の
たこめし&たこ焼きセットを買う。こういうの地元の人って
あんまり買わないんだろな。うまいよ、けっこう。





社長の車で、神戸にある
「ラジオ関西」へ収録に向かう。


西村愛ちゃんがパーソナリティを
務める「メリケン☆解放区!」の収録。
愛ちゃん、久しぶり。
(この番組は4/24の夜中にすでに放送済み)

愛ちゃんと.JPG
愛ちゃんと。



「TAKARA」の曲たちをかなり
気にいっているみたい。


ここでも「氷河期」は名曲だと言われ
私も浜野くんも喜ぶ。


愛ちゃん、「アニョハセヨ」も好きらしい。




そして
記念すべきツアースタートの地、マーサへ。
マーサの黒板(外).JPG
かわいい黒板に迎えてもらう。
いつもこうしてライヴの時に
書いてもらうが、今回は特に気持ちが高ぶる。

マーサの黒板.JPG
そして中に入ったら、ちょうどステージ背中になる
柱にこの黒板が!めちゃくちゃうれしい。
テンション上がる。




綿密なリハも終わり
マーサの向かいにある姉妹店ロージーにて食事。
マーサで作ってもらったパスタ類などを出前。
これがうまい。



浜野くんとライヴの流れを確認して
「TAKARA」発売記念ツアー、いよいよスタートでございます!




満席のマーサ。

「TAKARA」収録曲と浜野くんがレコーディング参加してる
「旧作」を中心に、ある意味私と浜野くんの出会いから
今日までの歴史をたどり網羅する(大げさ)選曲。

マーサライヴ中.JPG


つい楽しくなりすぎて、トークが長くなった。
だってめちゃくちゃ楽しんだもん。


「TAKARA」を作ってほんとうに良かった〜!


ライヴ終了後、たくさんの人たちに「TAKARA」を
手に取ってもらい、サイン会は、長い列になった。
気持ちよく納得のライヴができて
アルバムを買ってもらえるなんて、こんな素敵なことはない。


ツアーグッズのトートバックは、何と売り切れ!
福山、松山の皆さん、ごめんなさい。
tote.JPG
売り切れて増刷決定!



缶バッヂも予想以上に売れ、残りはわずか。
バッヂ.jpg
なので、こちらも増産要請。




マーサでの打ち上げ、きづいたら
けっこうな時間までになっていた。




☆4/25(土)


11時に大阪を出発、社長の車で西へ向かう。
途中、サービスエリアにて食事。


福山に着いてすぐに、夜中、浜野くんが
「押し語り」で出演し、私もちょこっと歌うことになった
クラブイベントの会場「MONDO CAFE」に行き
打ち合わせ&リハ。


そしてツアー2日目の会場、ポレポレに向かい
まずは、広島の情報誌「WINK」の取材。


結成のいきさつからアルバムについて
かなり細かく話して、オーバーオールに着替えて
写真撮影。



多分、来月号の「WINK」に載ると思うので
広島のみんな、チェック!

ポレポレ取材.JPG
Yo!Yo!




そしてリハ。ポレポレにはアップライトピアノが
あるので、ポロンと弾いて「氷河期」を歌ってみる。




ポレポレ黒板.JPG
僕らはリハ中。



浜野ポレポレリハ.JPG
浜野くん、ボーンの音慣らし中。



私のいつものポレポレライヴでは、男率がきわめて高い
(全国1位)客層だが、浜野くんファンの人たちも
多く駆けつけてくれて、今回は女性率がきわめて高かった。







ポレポレライヴは盛り上がり方がまた違う。

トークにうまい具合にやじを入れてくれるので
ライヴの「共有感」が一段と高くなる。

トークなげーなぁ.JPG
「話、なげーなぁ」



ポレポレライヴハシケン.JPG
「エヘへへ」



私も浜野くんもツアー2日目にして
早くも一皮むけて次の次元に踏み出せたんじゃないか、と
お互い同じようなことを思ったことをライヴ終了後、話した。




ポレポレライヴが終わってから、食事をして
「MONDO CAFE」へ。

浜野くんはこの間、日比谷野音の
「ザンジバルナイト」で着てたスーツに着替え、
私も柄シャツに着替え、準備OK。


浜野隊長
「押し語り」で盛り上げる。


やはり
アホだ。



アホはクラブにも(こそ)似合う。


ステキ。


途中で私が呼び込まれ
サンプリングマシーンのリズムトラックに
合わせてクラブ仕様で歌おうと思ったらトラブル発生。


結局、機械に頼らず、歌う。
でもこれが良かった。


満杯の「MONDO CAFE」のお客さんが
しっかり聴いてくれて歌い終わったら
叫声と大拍手。

うれしいじゃないの。


ありがとう福山、ダブルヘッダー!!



☆4/26(日)

ホテルチェックアウト後
昨日のクラブイベントの主催者・吉田さんと
一緒に「阿も珍」(あもちん)にて食事。

ちーいか天ぷら.jpg
これは「ちーいか天ぷら」
小さいいかの天ぷらです。
うますぎる。


わお〜わお〜

あもちん.jpg
昼の宴会。



そして「崖の上のポニョ」のモデルのなった街
鞆の浦へ吉田さんの案内で行く。

鞆の浦1.jpg


どこか時間が止まってしまっている。


危険な男.JPG
たしかに。


「保命酒」という看板が多い街。


今度また
ゆっくり来てみたいなぁ
鞆の浦散策.JPG



そしてしまなみ海道を渡って愛媛へ。
しまなみ入場.JPG


隊長バク睡.JPG
隊長!景色きれいですよ。



社長の車の中で聴いた「SIGHTS(サイツ)」。
大原裕さんのトロンボーン、船戸さんのベース、
芳垣さんのドラム。


凄まじい。
音楽を注射器で直接、体にぶちこまれる感じ。
シリアスであっけらかん。


ライヴ前に異様にテンションが上がった。

大原さんのトロンボーンが大好きな
浜野くんもそうとうやられていた。


ブエナビスタに到着。

ブエナビスタからの景色.jpg
ブエナビスタは海のそば。




考えてみたら
マーサもポレポレもブエナビスタも
「木造り」のお店。

あったかい。
音の鳴りもやわらか。

ブエナビスタでのライヴは私は4回目だが、
まだ外が明るく、海がはっきりと見え
時折フェリーが行き来し、店のすぐ横を
電車が走る空間での浜野くんとのライヴは
格別だった。


「ハシケンハマケン」としての
お互いのポジションもはっきりしてきた感じ。

ブエナビスタライヴ中.JPG


3日間とも、
それぞれ違う楽しさがあった。


充実、満喫。


歌、ギター(ピアノ)、トロンボーン。

シンプル。




浜野くん
「こんな楽しくってこれ以上
どうするんですかね?」



「まだまだ右肩上がりです」






ありがと!松山。



「TAKARA」第1ブロック終了。


2日間、お酒を我慢したかいあって
打ち上げのビールは最高にうまかった!

結局、朝4時くらいまで飲む。



☆4/27(月)


フロントからの電話で起こされた。

浜野くんは朝早い飛行機に乗るために
すでにチェックアウト。


そしてFM愛媛に直行。

昨日、うちらの打ち上げのためだけに
店を開けてくれたポン川村さんの番組
「Meets The World from OKINAWA」の収録。



ポンちゃん.jpg
さわやかポンちゃん。


昨日のライヴのこと、そして「TAKARA」
アーンド「中村瑞希&ハシケン」からも曲を
かけていただく。

この番組の放送は4/29(祝)21時から。
愛媛の皆さん、ぜひ!


ツアーはスタートからしてめちゃ濃い。





次に浜野くんに会うのは来月7日(木)。
この日、京都のFM局、アルファステーションの番組出演に
始まり、夜19時から、大阪のチェルシーマーケット
「AFTER HOURS vol.7」に「ハシケンハマケン」で出演。

無料イベントなのでみんな来てね。

詳しくは、http://fish-for-music.com/event/200905/



そして翌日8日(金)から、名古屋・京都・金沢の
「TAKARA」ツアー、第2ブロック!!


posted by ハシケン at 03:38| Comment(4) | TrackBack(0) | TAKARAツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

バンバンバザール「★ GOO GOO RADIO ★」

大宮駅にて浜野くんと待ち合わせ。


私は出発が遅れてしまい、
待ち合わせ時間を大幅に過ぎての
到着。



大宮駅からNACK5のあるビルへ。



すでにバンバンバザールの3人と
番組の紅一点、西川佳江さんが
揃っていた。


打ち合わせという名の近況雑談を
すませ、マイクチェックしながら
収録スタート!



バンバンラジオ.jpg



『TAKARA』から3曲かけていただき
ハシケンハマケンの結成のいきさつや
ツアーの告知などなど。



良い意味でテキトー。
(テキトーなのは私だけか?)



だけど、しめるところしめて
めちゃくちゃ楽しい時間だった。
ラジオ良いなぁ。


バンバンとハシハマ.jpg
新ユニット『バンバン&ハシハマ』

放送は、5月に入ってからの予定。
詳細はまた追って。




収録後、少し歩いて
しぶ〜い、コーヒー屋さん(喫茶店っていうより
しっくりくる)にて浜野くんと
ツアー前の打ち合わせ。



軽い話からシビアな
話まで振り幅の広い会話。



明日(今日)昼から、最終リハ。





さぁいよいよですゾ!!


posted by ハシケン at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プロモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

あたりまえのように

時間がすぎてゆく。



あ〜明後日からツアーだツアーだ。




バタバタとしながらも
その時間にくらいついてる。(何とかね)





今回の『TAKARA』ツアーのどこかで披露できるか
わからないが、浜野くんと一緒に
やるためにインストのバラードを作っている。



正確に言うと、骨組みは随分前から
あったが、ここ最近急に形になってきた。




今日は夕方めざして、さいたま市(大宮)の
FM局NACK5に向かう。




『TAKARA』を流通してくれてる
ホームワークのTOPアーティスト、
バンバンバザールがやってる番組「★ GOO GOO RADIO ★」
(放送は毎週火曜夜24:00〜25:00)の収録に
浜野くんと出かける。
http://snowbird.jp/googoo/



どんな会話が飛び出すか
楽しみ〜。




おっと、今回のツアー、GOODSありますよん。

何じゃこりゃ感、満載のジャケ・イラストを
散りばめた『TAKARA』缶バッチ(TAKARA缶チューハイ
かと思った)。

これめちゃくちゃかわいいよ。
ぜひ。



あとそのイラストを手がけた小川悟史(ruisseau)さん
制作のトートバック。


これまたぜひ!



売り切れ、ごめんね、ごめんね〜
posted by ハシケン at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ザンジバルナイトin野音

昨日は午前中に、息子をベビーカーに乗せて
電車を乗り継ぎ、日比谷野音へ。
息子は元気いっぱい。子供は回復がめちゃ早い!



ザンジバルナイトというイベントに
浜野くんが「押し語り」で出演するので
「TAKARA」を即売用に持っていった。



野音について浜野くんに先導されて
楽屋で落ち着いてるとイベントの首謀者
リリー・フランキーさんや浅野忠信さんが
いて、変なテンションが上がった。



最近ではうちの息子もすっかり浜野くんに
慣れていて「はばけ」と呼び
一緒にトマトを食べたり。

サケロックがCDを出している
カクバリズムのカクバリ社長とも
初対面なのに、すっかり慣れて
抱っこしてもらったり。


息子がいろいろ動きまわるので
ほとんど物販ブースにいることは
できず、カクバリ社長にすっかり
おまかせになってしまった。
すんません。助かりました〜。



そうこうしてるうちに浜野くん登場。

ジェームス・ブラウンばりのスーツに
赤いネクタイ。

この男はいろいろ持ってるなぁ。


日比谷野音に「段ボール肉まん!」の
叫びが響きわたる。
暑いくらいまでになってる気温を更に
高めていた。


アホだ。



強引に見えるが、しっかりお客さんを
つかんでいた。
さすが!


「押し語り」って観た事ないと
わからないと思いますが、
リズムやサンプリングした音源が
入った機械でビートを出しながら
浜野くんが歌ったり叫んだり踊ったり。

浜野くんが愛するファンクが
そこにぶっとく注入されている。


「TAKARA」の中から
「たったひとつ」「さくらのうた」も
軽く披露。しっかり宣伝。


「さくらのうた」なんて
歌の冒頭だけサンプリングして
ループさせ、違うビートを組み合わせ、
すっかり「REMIX」。


その仕込み方に感涙。



多分、正味10分くらいだったと思うが
かなり詰め込んだパフォーマンスだった。


隊長やるね〜。



その後、すぐに物販ブースに浜野くんが
やってきて、サケロックの缶バッチsetなど
一緒に「TAKARA」をアピール。


2、30分で、持っていったCDは完売!


勢いが違う。



ほんと、お疲れさまでした!




ツアー初日の大阪マーサでのライヴ、
あと若干数で予約受付終了という情報が
入ってきたので、まだ予約してない方は
お早めに!

詳しくは、
http://hasiken.com/live/2009/04/takarain.html
当日券は出ないかも。




追伸・
体調のこと、ご心配いただき
ありがとうございます!
昨日の浜野くんからもパワーをもらって
復活してきました。
ツアー初日、万全で臨めるように
調節していきますね。

カレーのこともありがとうございます。
そう書いてもらえると何だかホッとします。



「タカラスカ」の歌詞やタイトルについては
ツアー中にMCで言えたらいいかなぁと思ってます。
(そんなもったいぶることでもないか・・ハハハ)
お楽しみに。

ただ「タカラスカ」という曲があったから
「TAKARA」というアルバムタイトルになったのは
たしかです。



アルバムタイトルの命名者は
プロデューサー浜野謙太です。



さてさて、これから電話でFM愛媛「RADIO Commune EX 」の
収録。

いつも松山に行く度にお世話になってる
ポン川村さんの番組。


ばっちり26日(日)松山ブエナビスタでの
ライヴ告知やらせてもらいます。



放送は明後日22日(水)午後9:00〜9:55 の
時間内の模様。


愛媛の皆さん、ぜひ!






posted by ハシケン at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

夢と笑点

今朝は、色んな夢を観てた気がする。


最近、特にピアノが改めて習いたい、と
思ってるせいか、ピアノを前にして
初めて見る楽譜を見ながら緊張してる
夢を観た。

ゾォー(冷や汗)




じゃがいもが多めにあったから
カレーを作る。

息子も食べれるように牛乳を多めにして
マイルドな味。


あっという間にラジオ電話出演の時間。


ハシケンハマケンの「TAKARA」のことを
中心に話す。


「HONEY」と「風待ち路面電車」を
かけていただく。


電話越しに聴こえてくるオンエアー中の「HONEY」は
かなり歌が接近していて、耳元で(電話だから
当たり前か!)自分に歌われていて面白かった。



他人の耳元で歌うことはできるが
自分で自分の耳元に歌うことは
できないので、なかなか面白い体験。


自分で言うのも何だが
ほんとうに良いアルバムだなぁ。


ここ最近ずっと
私のMacでも車の中でも「TAKARA」と
瑞希ちゃんとの「TSUMUGI」がパワープレイ。



嫁も体調があまり良くなく
私のラジオ出演が終わってから
病院へ。息子も咳が夜出る事が多く
よく夜中に起きるので小児科に連れていって
薬をもらいうちに帰ってきて朝仕込んだカレーを
一緒に食べる。


マイルドにしたが、まだ2歳児には
辛さが少し強かったらしく、「みず〜」と
訴えつつゴハン多めで完食してた。

よく考えたらカレーは
咳が出る喉には良くなさそうだが
自分が食べたくて作ってしまった。
まだまだ甘いね〜。



この間渋谷AXで、春風亭昇太さんと
私は2ショット写真を撮ったが
私よりも息子の方が今は
昇太さんのファンだろう。


笑点の本と電車の本を
同じ割合くらいで
見ている。

そして昇太さんの写真を見ると
「しょーた!」と呼ぶ。
「しょーた」と「しょーてん」と
叫ぶのが、話す言葉の大半を占めている。


なので保育園に行っても
「しょーた」と「しょーてん」と
叫んでるらしい。


笑点のテーマ曲を歌ってあげると
大喜利のコーナーのオープニングで
皆さんが出てくるとき、1人ずつ
軽く会釈するのを真似している。

随分マニアックな物真似。
細かいとこ観てんなぁ。



うちの掃除も時間をかけて
一気にやってみた。
やり始める前は面倒くさいと思ったが
途中から気分もすっきりしてきた



うちのことを終えて
連絡作業を折り込みつつ
ちょこっと空いた時間で
うちにあるデジタルピアノを弾く。
浜野くん作曲の「氷河期」。
ついついこの曲を弾いてしまう。


いよいよ来週に迫った
ツアーでは、この曲を歌うことが
多いと思うので、ちょっとした時間でも
体にしっかり入れておきたい。


私は薬が効いてきたおかげか
だいぶ体調が戻ってきた。



あ〜早くツアーに出たい。


ライヴがやりたくて
ムズムズモヤモヤしてる。






音楽を渇望してる。






追伸・「TAKARA」の感想&コメント
ありがとうございます〜!







posted by ハシケン at 18:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

メラミカマラミカ

明日18日(土)横浜のコミュニティFM「FMサルース」に
電話インタビューの形で生出演します。
http://www.fm-salus.jp/index.html


時間は午前10時10分頃から予定。


横浜近辺の方はぜひ
聴いてね。



タワレコ渋谷のインストアライヴが
終わってホッとしたのか、
少し体調を崩して、ゆっくりめの
日常にシフト。


こんなとき、
やはり「あんこ切れ」が起こり
あんぱんをコンビニで衝動買い。


食べると落ち着いた。




ハシケンハマケン「TAKARA」の
感想もいろんなところから
きけてうれしい。
内容のことはもちろん
ジャケットのことまで
ほめてもらえてうれしい。

「何じゃこれ?」感満載だもんね、
あのジャケ。



もっともっとたくさんの人に
聴いてもらいたい。




ひきつづき、精力的に
そして口笛ふきながら軽やかに
行きますよ〜。



♪メラミカマラミカ
メラミカソカタカラスカ〜






posted by ハシケン at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

WORLD HAPPINESS 2009〜大前夜祭 その1〜

渋谷AXにて行われた『WORLD HAPPINESS 2009〜大前夜祭 その1〜』へ。


サケロックが出演するということで
ハシケンハマケンの「TAKARA」の
即売をやらせていただくために
行ったのだが、すっかりイベントを
満喫した。



出演は、春風亭昇太、サケロック、寒空はだか
などなどの面々。


昇太さんは「笑点」でしか観たことが
なかったが、実際生で落語が観れて
本当にうれしかった。



何か発するたびに客席が
どかんどかんと受け気持ちよかった。


面白かった〜。


落語良いねぇ。またゆっくり観たい。






途中、登場してきた清水宏さんの
圧倒的(強引?)なステージも見事だった。



代々木のザーザズーでご一緒させて
もらった時以来の再会だったが
あのテンションはよりパワーアップし
すべてをもっていってしまう。




今年も日比谷野音で8/7に
1人ライヴをするとのこと。

皆さん、行きましょう〜。

清水さん.jpg
清水さん。
http://www.d9.dion.ne.jp/~shimi-h/



そして久々に観る事ができたサケロック。


今回はアコースティックセットということで
源くんはアコギを全編弾いていた。




1曲目から、こみあげてくるものがあった。


最近、浜野くんと一緒にいることが
多いせいか、どこか「父親」のような
気持ちで最初観ていたが、何とも言えない
至福感をサケの演奏で感じていた。



4人の誰かが変に特別突出することなく
ほんとうにバランス良く、自分の領域を
守ったり相互乗り入れしたりして
「サケロック」として音を放っていた。



観ていないうちに、すごいところに
行ってたんだね。



いやみのない「貫禄」。




普段、素晴らしい演奏を観ると、同業者として
「ジェラシー」を感じることが多いが
今回のサケロックには、それをはるかに越えた
もので、満たされた。



それぞれの楽器が良く鳴っていた。


特に大ちゃんのドラム&シンバル類。



シンバルの音が良過ぎてびっくりした。




サケの音楽を聴きながらずっと考えていたことがあった。



「どこかで感じたことがある感覚だなぁ」



途中でわかった。



私が中学生のときから今の今まで
大好きなビートルズをサケロックの
ライヴの中に観た気がした。



オリジナリティがありPOPで、
心にしみて、だけど飄々としている。




演奏自体とてもうまくなっているが
「初期衝動」を忘れていない。



こんなに褒めてどうするんだ、と思うが
ほんとうに感動した。




良い夜だった。


ありがとう!



しょうたさんと.jpg
帰り際、昇太さんと。(撮影:浜野くん)




追伸・『TAKARA』をAXで買ってくれたたくさんの皆さん
ありがとう!



追伸2・おかげさまで、タワーレコード渋谷店の
J-INDIESの売上ランキングでハシケンハマケンの『TAKARA』が
何と「4位」にランクインしました。
全アルバム総合売上ランキングでも初登場「16位」!!
(4/6から4/12)
http://webdacapo.magazineworld.jp/entertainments/music/6062/#total

おお〜。

Amazonでも再び一時在庫切れになっているらしく・・。
(早めに補充してもらえるよう依頼してます)






皆さん、ほんとうにありがとうございます!! 



感謝。



posted by ハシケン at 03:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

インストアライヴ@タワレコ渋谷

とうとう、この日を迎えた。



リリース後初の生ライヴ。


しかも日曜日の昼間。


たくさんの人たちが集まってくれた。




「TAKARA」収録曲の中から
5曲を演奏。


観てくれた人たちの
拍手が温かく、濃かった!


ミニライヴ終了後、たくさんの人が
並んでくれて、サイン&握手会。

久々に私の歌を生で
聴けた人もいたみたい。


発売記念ツアー、
素晴らしいスタートが
きれました〜。



ありがとう!!!



↓これはダイジェスト版の動画。
観た人も観れなかった人もぜひ!


posted by ハシケン at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

@ドルフィー

予定より早めにドルフィーについて
すぐに音出しを始めた。

板橋さんはまだ来ていなかったので
1人で何曲か歌って調子を整える。



今回の板橋さんとのライヴは
このデュオでの「定番」を
やろうと決めていた。



リハは、大枠の流れのチェックのみで
本番に後は委ねた。





「凛」からスタート。


板橋さんのピアノが入った瞬間、
「歌っていてよかった」と
全身で感じられる。



板橋さんのピアノは
私をいろんなところへ
導く。



このデュオは、独特の緊張感がある。



何かをリセットし
何かのスタートラインに立つ。



そんなライヴ。



「何か」は毎回変わる。




どの曲でも
板橋さんのピアノは
私と並走しながら
また離れてまた近づく。



音楽の中での会話が
とても濃密な瞬間が続く。


自分が「空(から)」であれば
あるほど素直に歌を紡げる。




2部の「月の河」
「月光の道」〜「かいされヨー」


この3曲は今や
このデュオでしか歌っていない。


このデュオでやるバージョンが
一番好きだ。



アンコールに「夕映え」。
そして「渡良瀬」。



今回は「For You」は無し。


また次の機会に!




はちきれるばかりに
高まっていき音量も
バカでかく2人の演奏は
なっていても、
心の中は、ずっと平静だった。


気持ちが高まれば高まるほど
いろいろと冷静に見えた。




板橋さんは先月、還暦を迎えた。
「赤ちゃんに戻った」と言って
笑っていた。
ますますパワフル。




またぜひご一緒したいです!





いつもありがとうございます、板橋さん!!




追伸・いよいよ明日12日(日)13時から
タワーレコード渋谷店にて、ハシケンハマケンの
インストアライヴですよ。



全員集合!!
posted by ハシケン at 09:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

リハとご挨拶。

ハシケンハマケンのリハを
吉祥寺にて。


リハの後、発売日だしせっかくなので
近くにあったタワーレコード吉祥寺店に
2人でご挨拶。

tawareco1.JPG

しっかり試聴機に入っていて
ジャケットのイラストも踊って
ナイスプッシュ!

うれしいね〜。


浜野くんと一緒にコメントも書き
試聴機近くに貼っていただく。

tawareco2.JPG


アポなしだったが
担当者の方がいて記念撮影。

かなり「TAKARA」を気に入っていただいてる様子。


「TAKARA」をよろしくお願いします〜!



その後、タワレコ渋谷店、新宿店にも
ご挨拶と思ったら、「息子が熱が出た」という
連絡が保育園から入り、後は浜野隊長に任せて帰宅した。




吉祥寺店以外にも渋谷、新宿、広島、名古屋パルコ、
大阪・梅田NU茶屋の各店でも試聴機に入ったり
かなり展開していただいているようなので
チェックしてみてください〜。



さて明日4/10(金)は横浜ドルフィーにて
板橋さんとのデュオです。


不定期ながら続けているこのデュオは
いつも楽しいです。


爆発的で繊細な板橋さんのピアノは
美しい。

私も他のライヴでは観られない歌を
歌えてる気がします。
(三線も使うしね)



ぜひぜひお見逃しなく!
詳しくは、
http://hasiken.com/live/2009/04/post-3.html





追伸・Amazonで「TAKARA」を注文していただいた方が
多くて、在庫切れになったようです。
ありがたいことです。
(早めに補充してもらえるそうです)


いや〜うれしいっす!


浜野隊長からタワレコ新宿、渋谷店の写真が
送られてきたのでアップ。


tawareco5.JPG


tawareco6.JPG
posted by ハシケン at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

いよいよ「TAKARA」発売!

やっと、
待っていた発売日が
明日に迫りました。
(CD店によっては、今日から入荷して
買えるところもあるみたい)


うれしい!



ぜひぜひ手にとってください。



あなたの<生活のサントラ>に
なりえる1枚でございます。



アーンド、
ハシケンハマケン『TAKARA』のPVです。








追伸・この間ここに書いたイルリメさんのラジオ番組は、
北日本放送で、4月13日(月)21:00〜のようです。
ハシケンハマケンは約20分出演してます。

詳しくは
http://www.kakubarhythm.com/newinfo



追伸2・広島FMで毎週金曜日13:30〜15:55
放送されている番組「山口雅美のGOGO la GOO★」にて
中村瑞希&ハシケンの「今夜、シマに生まれたことを
誇りに思う」がパワープレイ中だそうです。
(番組中に2、3回流れるというかなりの強力パワープレイ)

そこで、広島でも中村瑞希&ハシケンの
「TSUMUGI」が買えるようになりました。

私も何回もライヴをやっていていつもお世話に
なっている映画館、横川シネマ!!です。

広島で「TSUMUGI」が買えるのは今のところ
横シネだけです。

ぜひ!

山口雅美のGOGO la GOO★のHP
http://hfmweb.jp/goo/
posted by ハシケン at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ハシケンハマケン初RADIO

昨日は、浜野くんにとっては
サケロックがCDを出している
カクバリズムのレーベルメイトでもある
イルリメさんのラジオ番組収録に
浜野くんと出かけた。



「ハシケンハマケン」として初RADIO。




私はイルリメさんに会うのは初めて。


偶然、駅で一緒になり、
3人でテキトーな感じで話し
スタジオに向かった。



打ち合わせのノリのまま
収録突入。



「TAKARA」収録曲の
「たったひとつ」と「氷河期」を
かけてもらう。



スタジオのスピーカーから
流れた2曲を聴きながら
私も浜野くんも「いいね〜」。
と自画自賛。


いや〜、ホント
良いんです!



イルリメさんは
進行がうまい。



私にとっては
名盤「二階堂和美のアルバム」の
プロデューサーとしての
イルリメさんしかしらない。




ご本人のライヴは、実は
未体験。




観てみたい、と思った。



イルリメMySpace
http://www.myspace.com/illreme




このラジオ番組、
富山のAMラジオで
4/13(月)の夜流れる予定。



ツアーで行く、金沢でも
聴けるとのこと。




そしてのちのち
ポッドキャストでも
聴けるようになるとのこと。



詳しいことが
わかったら、またここに
書きます。



発売まで一週間切ったね!!





待ってておくれ。






追伸・ハシケンハマケンのMySpace
作成日からあまり時間がたってないですが
アクセス数が毎日どんどん増えていて
うれしいっす。


ハシケンハマケンMySpace
http://www.myspace.com/hasikenhamaken



今回できることは何でも私と浜野くんとで
作ってますが、プロモ用短編PV(映画の予告編くらいの
時間のもの)もうちらで撮影したりしてます。




それも何とか2、3日中に
アップできたらと思い
急いでます〜。



しょうしょうお待ちを!
(by もう中学生)



追伸2・何と!アルバム「TAKARA」を
早速聴いてくれた曽我部恵一さんより
レコメンドコメントいただきました!


***********************


未来のJAZZ。

曽我部恵一


***********************


いろいろ考えた結果、
この言葉にたどり着いた、とのこと。



うぅ〜、かっちょいい。





あと、サケロックの火付け役ともいえるライター
松永良平氏さんがブログにて「TAKARA」をいち早く聴いた
感想などなどを書いてます。うれしいね〜


http://d.hatena.ne.jp/mrbq/20090329





posted by ハシケン at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プロモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

沖縄追記。

今回の沖縄滞在は約48時間。


リハーサル〜ライヴで会場にいる
以外はホテルにいる時間が長かったので、
いわゆる「沖縄」を感じる時間はあまりなかった。



それでもちょっと歩いた
桜坂劇場の近辺をはじめ
国際通りは、随分と変化している気がした。



土地代が上がり、元々店を構えていた
地元の人たちが店をたたんでいる、という話も
聞いた。




モッズのある北谷は、基地に近いこともあり
米軍の戦闘機がかなり近い上空を飛んでいた。





モッズのライヴに来てくれた
我が師匠・照屋政雄先生と
ライヴ開始前に楽屋でお互いの近況を
話した。




先生が東京にライヴで来ても
なかなか、会えるタイミングが
ないので、逆にライヴに来てもらうのは
いつも申し訳ないと思いつつ
会えるのはうれしい。



先生が出演した映画が今年2本上映される。
1つはガレッジセール・ゴリさん監督の映画
「南の島のフリムン」。
http://www.oimf.jp/jp/program/artist/longpiece04.html


そして「ナビィの恋」「ホテルハイビスカス」の監督
中江裕司さんの最新作「真夏の夜の夢 」
http://www.natsu-yume.com/index.html


戦前に生まれ、戦争体験し、青春時代をアメリカ統治下で過し、
民謡・古典・漫談・俳優・ラジオパーソナリティを
こなし、沖縄空手で鍛え、三線を造ることを
本業にしてきた先生は、ほんとうに「生き字引」だ。


沖縄のことをいろんな角度からよく知っていて
人を楽しませることが大好きな先生が
ここにきて、またいろいろと取り上げられるのは
当然のことに思う。







先生は70歳を越えたが元気。

一時期、体調を崩していたが
本人の言う「肉体改造」で
日々、節制しているらしく
体調も良いらしい。


私の携帯にあった息子の写真を
見て「かわいいなぁ」と目を細めてた
先生を見てると、血はつながっていないが
私にとって、もう1人の父親のような気がする。



モッズでライヴは長丁場だったが
最後まで、ほんとうに楽しんでいた。
体をゆらしたり手拍子したり。



先生と私はいわゆる「芸風」が違うが
根底にあるプロ意識のようなものは
かなり似ているんだなぁと思う。



ライヴ終了後、楽屋に来て
「三線あったら、いつでもセッションできたのになぁ。
今度そういう機会を作ってくれ」と満面の笑顔で
私とコテヤンに言って帰っていった。



今回は短い滞在だったが
忘れていたことを思い出させてくれた。



初めて出会った1992年の沖縄も
私に忘れていたことを
たくさん思い出させてくれた。



また行きます。

akubichang.jpg
posted by ハシケン at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする