2009年07月31日

撮影と皆既日食

☆7/21
午後から写真撮影。

「中村瑞希&ハシケン」のときにも
素晴らしい写真を撮ってくれた、
カメラマン・ゆうきとヘアメイク・真琴(まこと)のコンビで
「ハシケン×江藤有希」のアーティスト写真を
カフェ「burroughs(バロウズ)」とゆうきの
スタジオ「MY LIFE PHOTO STUDIO」にて撮影。

そうとうな枚数を撮ってもらう。

瑞希ちゃんとの撮影の時も
思ったが、2人の仕事は、とても早く的確。

私が考えていたイメージをしっかりと
受け取ってもらい、ゆうき&まことがそれぞれの
アシスタントのオリエさん、西川さんとともに
それぞれの感覚で独自に具体化してゆく。

私は、小さなイメージを提示しただけ。
あとは撮影の現場にいたみんなによって
ライヴ感覚で、イメージがふくらんでゆく。

この感覚、大好きだ。

自分では全く考えられなかった
その場で生まれたアイデアや空気感を
試してみて、ありかなしかを選んでいく。

おかげさまで
ほんとうに素敵な写真がたくさん撮れました!

いつもながら
ほんとうにありがとう。

感謝。



☆7/22

つい3日前、演奏していた
奄美パークのステージには
奄美FMの特設ブースが設けられていた。

「危うく」生出演を誘われそうになったが
丁重にお断りして、皆既日食の時間が
近づく前に、浜辺側に移動した。


だんだんと太陽が欠けてゆく。


晴天ではなく雲が多いため
日食グラスを使っていても
スッキリと欠けてゆく太陽は
観測するのが、時折難しかった。

その時間がきた。

昨年、ロシアでの皆既日食の映像を
観たときは、ほんとうに真っ暗になって
それを期待していたが、そんな風には
ならず、遠くの空は夕焼けのようだった。

期待していたのとは
違ったが、まだ午前中とは思えない暗さ。

そして、皆既日食が始まる前に
急に風がなくなったり。

神秘的な時間だった。

このタイミングでしか
出会えない時間。

どこかなつかしさもあった。


皆既日食は終わり、まだ部分日食は続いていたが
自分も含め周りの人たちのこの部分日食に対する態度は
どこか優勝が決まったプロ野球の消化試合を観てる感じだなぁ
とも思った。

奄美パークからは人や車が移動し始めていた。

奄美パークよりも北に位置する
あやまる岬方面からも車が
たくさん下ってきた。

奄美で初めてみる、とてつもない渋滞。



渋滞を横目にあやまる岬に向かった。


posted by ハシケン at 10:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!

7月16日(木)
朝8時発の鹿児島行きの飛行機に乗込み
鹿児島経由で、有希さんとトマルくん3人で奄美に入った。

空港から奄美市に向かう途中で
いつものように、鶏飯を「ひさ倉」で食す。

いつ食べても旨い。

ほんの1か月ちょい前に浜野くんと食べたばかりだが
やはり旨い。


ホテルにチェックインしてから
ASIVI2階にあるスタジオ入り。

7/7付の、ここで
「おそらく、このイベント中演奏してる時間が一番長いのは、
私になるはずです。」と書いたのは、実は
自分のライヴ以外に、奄美の女性唄者(ボーカリスト)4組の
サポートすることになっていたからだ。

具体的にそのことを書けなかったのは
イベント公式HPで、タイムスケジュールが出ていない状態だったため。


そのリハーサルをまず東京で1組、
そして奄美入りして3組することになった。

東京ではANNAちゃん。
奄美入りしてからは
RIKKIちゃん、我那覇美奈ちゃん、中村瑞希ちゃん。


瑞希ちゃんは「中村瑞希&ハシケン」としても活動していて
曲も私の曲が3曲あり、あまり問題を感じなかったが
他の3組に関しては、面識はあるものの
いわゆる「サポート」するのは全くの初めて。



6月後半から奄美入りするまでは
送られてきた楽譜と音源とにらめっこしながら
ピアノとギターで弾いてみて、バイオリンの有希さんと
パーカッションのトマルくんにどういった形で
参加してもらうかを考える毎日だった。


4組、特に奄美に入ってからの3組のリハが
終わった時点でいろいろと見えたが
疲労とプレッシャーもピークを迎えた。


このプレッシャーは独特のもので
初体験。


いろいろと人のサポートをすることで
「勉強」になる部分はあるが、
私はいわゆる楽器のプレイヤーではないため
ほんとうに良い形でサポートできるのか不安が大きかった。

そして私自身がメインボーカルの人間のため
自分が気持ちよく歌える環境というのは
どういう状態なのかを、まがりなりにも知ってるため
私がサポートにまわった場合、「歌いにくい」とか
「サポートしてもらうのが不安」・・みたいなことだけは
みんなが感じないような、しっかりとした演奏・サポートをしたいと
強く思うために出てくるプレッシャー。


この独特の感覚は、19日の本番まで続いた。



翌17日(金)は、ゆっくりとできるだけ過し
18日(土)、いよいよ「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!」開催。

この日は、どちらかというとシマ唄メインのラインナップ。

私は19時40分過ぎにライヴスタート。
「くっついてたい」、「美しい島(くに)」、「ワイド節」を
有希さん、トマルくんの強力サポートのもと、気持ちよく歌えた。

夜ネヤ.JPG

どのくらいお客さんがいただろう。

ざっと見回して軽く1000人は越えていたと思う。


ここで、できた演奏は
とても納得できるものだった。

そして大勢いたお客さんの反応がとてもダイレクトに
伝わってきて、めちゃくちゃうれしかった。


と同時に、この素晴らしい時間が終わってしまうことの
さびしさもとてつもないものだった。


いつかこんな歌や演奏ができたらいいな、と
若い頃から思っていたパフォーマンスに
近づけた気がした。



ラストに「感謝」を1人で。


歌の途中で、空をふいにながめた。

ライヴ前はまだ少し明るかった空が
すっかり暗くなっていた。



無心で「感謝」を歌っていようと思ったが
それはできなかった。

全く同じ会場、奄美パークで行われた
6年前の「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!」の
ステージに立っていた私自身を
どこかで常に越えたいと思って、そこに立っていた。

ちょっとだけ、越えられたと思えた。



そして奄美との縁。

1つも無駄なことなどなく
つながっている。

感謝。

歌い終えるのがほんとうに惜しかった。



イベント1日目のしめは「六調」。
大御所から若い人たちまでの唄者たちと
一緒に私も踊った。

気持ち良い夜だった。




7月19日(日)
「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!」2日目。

昼前に会場入りして、軽く音出し。

まだ中学生の唄者
住姫乃ちゃんと平田まりなちゃんの後、
まずはANNAちゃんのサポートでステージに上がる。


ANNAちゃんの曲は全4曲。
ピアノ2曲でギターで2曲。
まずは私のピアノのみで
「月の足跡」という曲。
2曲目から有希さん、トマルくんも加わった。


次は、我那覇美奈ちゃん。
1曲目は私作詞作曲の「波の音」。
全5曲。ピアノとギターを行き来した。
美奈ちゃんとも出会ってから9年。
感慨深いステージになった。


そしてその次はRIKKIちゃん。
「御月様」という曲から「俊良主節」のメドレーで
スタート。
RIKKIちゃんも全5曲。私はまず最初にピアノで
3曲、後半ギターで2曲。


ラストは、中村瑞希ちゃん。
1曲目は私作詞作曲の「恋」。
ミニアルバム「TSUMUGI」収録曲4曲を
すべて演奏した。



時折、直射日光を浴び
気温と湿度も高い中の約2時間ステージ上にいた。

その時間、集中力を欠く事なく
すばらしい演奏でサポートした
有希さんとトマルくんに
ほんとうに感謝!!!


私自身はいくつかの反省点もありつつ
何とかサポートをやりとげた感じ。



やっと気持ちも落ち着いたのは
シャワーも浴びて
陽も落ち、空が暗くなり元ちとせちゃんの
ライヴがステージ上で繰り広げられてる頃。



ラストのサーモン&ガーリックのライヴの後
前日につづき「六調」が始まりまた踊った。

前日とは
全く違う心持ちだった。


独特の解放感。


参加したアーティストとお客さんのたくさんの笑顔が
とても素晴らしかった。


いろんなことや
いろんな想いはあるけど
ここにいることが、ただただ幸せだと
感じた瞬間だった。


2日間とも
うちら3人をホテルから会場まで
送り届けてくれたゆーきゃん
ほんとうにありがとう!!ナイスサポート。



9年前、私を初めて奄美に呼んだ人間の1人
ASIVIオーナー麓憲吾をはじめ、イベントを支えていた
すべてのスタッフの皆さん、ほんとうに
お疲れさまでした!!!


この9年間の出来事が
一気に頭の中をかけ巡っていった。




ありがとう、奄美。


posted by ハシケン at 05:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

分け入っても分け入っても・・・

昨日今日は、今週末奄美で行われる
皆既日食イベント「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!」の
ための長時間リハーサル。


バイオリンの有希さんとパーカッションの
トマルくんと共に、3人で音を作り上げていく。



なぜかここ数日思い出していたのは
種田山頭火の


分け入っても分け入っても青い山



という句。



20代の頃、よく持ち歩いていた本が
3冊ある。


1つは、山頭火の句集。
1つは、国語辞典。
もう1つは、藤原新也さんの
「藤原新也の動物記」。


国語辞典は、わからない言葉が
あった場合、すぐに調べるため。



「藤原新也の動物記」は
話自体も面白いが、藤原さんが描く
挿絵が素敵で、よくながめていた。






山頭火のシンプルで
そして「歌ってる」感じ(私にはそう思える)
スタイルが好きだ。


文字数が少ないからこそ
イメージをふくらますことができ
いわゆる定型でないところから
「親近感」を増幅させる。


私が今、歌詞を書いている上で
あきらかに影響を受けている人のうちの1人。



自分も含めた人間のずるかしいことや
愚かなことも、みんなひっくるめて
わかった上で、ぽろっとこぼれ落ちた言葉。


弱っちぃし、情けない。



でも旅を続けることで
心が解放されていく姿が
少ない言葉の中から伝わってくる。



ふと句集のページをめくってみた。


そこに今の私の頭の中を
言い当てた句を発見!




何が何やらみんな咲いてる(種田山頭火)




明日(日付的には今日!)16日
鹿児島経由の飛行機で奄美入り。



奄美からも
このブログ「シェフ・テゲ」(略してみた)を
更新しようと思ってます。


お楽しみに〜!!



posted by ハシケン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

これからどこへ行くのやら@代官山・晴れ豆

☆7/10(金)代官山・晴れたら空へ豆まいて


リクオさんと私とツンちゃんとの
ライヴを代官山・晴れ豆の角野さんが
企画し始めたのは、けっこう前だったと思う。



3人のスケジュールがうまく合わず
おそらく2年越しくらいに実現したんじゃないのかなぁ。


3人が揃って顔を合わせるのも久しぶり。
事前にリハや顔合わせはやらず
セッション部分は当日リハとなった。



音を出せば思い出せる感覚というものが
たしかにある。


リクオさんのグルーヴはこうだったような〜とか
ツンちゃんの歌の癖ってこうだったような〜とか・・


セッションリハの後は
各ソロのリハ。

リハを重ねてきた「ハシケン×江藤有希」が
初めてステージ上で音を出した。


モニタースピーカーから返ってくる音を
こちらの好みにかなり忠実に調節してもらい
最終的に気持ち良い音の空間が作れた。




ライヴはツンちゃんからスタート。

ツンちゃんの歌を久々に聴いた。

変わらないところもあるし、
随分変わったなあと思えるところも
かなりあった。

「ジプシーパイロット」に
参加したかった。




そして、ついに!

「ハシケン×江藤有希」初ライヴ!!


いよいよ、
この日がやってきました。

「くっついてたい」からスタート。


途中、
大好きなサイゲンジの「風の轍」を
ピアノを弾いて歌った。

有希さんのバイオリンが
気持ちよく絡んでくる。

そしてまた歌わされる。

もっと
もっと歌いたくなる。


歌っていて、楽器を弾いていて
こんな至福感を味わったことは今までなかったと思う。


一音、一音に対する集中力も
ハンパなく高いものだった。

だからと言って
かたくはならず、
有希さんのバイオリンに支えてもらいながら
最後まで集中力が途切れず
めちゃくちゃ楽しく歌うことができた。




MCでも言ったが
気持ち良くて温泉に
浸かってるようだった。



有希さんが作ったメロディに
私が歌詞を載せた初共作曲
「ただの僕」も初披露できた。


ハシケン×江藤有希晴れ豆.JPG



どの曲もお客さんがとても集中して
聴いてくれているのがわかり
曲が終わるたびに、温かくて大きな拍手が
わき起こった。



この日のために
有希さんとリハーサルを積み上げてきて
ほんとうに良かった、と心の底から
思えた。

こみ上げてくるものがいっぱいあった。



今までとは違う一歩を踏み出せた気がする。


「扉」でしめた全部で7曲。

あっと言う間だった。



演奏を終え、楽屋に戻って
リクオさんのライヴが始まってからも
しばらくの間、安堵感からか
体が動かなかった。


リクオさんは
相変わらず、そしてパワーアップした
エンターテナーぶりを発揮してた。

さすが!


リクオさんソロの後
私とツンちゃんが呼び込まれ
アンコールを含めて3人で5曲をセッション。

めちゃくちゃ楽しく
そしてこの場所、この時間でしか
この音楽は生まれないんだなぁと強く
感じれる空間だった。

晴れ豆3兄弟.JPG
長男リクオ、次男ハシケン、三男TSUNTAの3兄弟!


観に来てくれた皆さん、
ほんとうにありがとう!!!!!



ライヴ後
「ハシケン×江藤有希」に対して
うれしい感想をたくさん聞くことができた。

正直
ホッとした。



まだまだいきますよ〜。



素晴らしいスタートがきれた
「ハシケン×江藤有希」の
ワンマンライヴが8月21日(金)に
下北沢のラ・カーニャであります。


ライヴタイトルは「真夏のドルチェ」。


一昨日、晴れ豆では観せることができなかった他の曲、
そしてまた「ハシケン×江藤有希」の
新曲が間に合えばぜひこのワンマンライヴで
披露したいなぁ。


ぜひ、このワンマン
お見逃しなく!


また素敵なライヴにします!

皆さんと一緒に
楽しみたいです。


前売メール予約は
すでにスタートしてますので
ぜひお早めに〜。


詳しくはこちら。
http://hasiken.com/live/2009/08/-live.html



ラ・カーニャでのライヴの後
8月後半は「ハシケン×江藤有希」で
北海道ツアーに出かけます。


詳しくはまた追って!!




お楽しみに〜。
posted by ハシケン at 00:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

最近のこと。

まずは!

ハシケンハマケンとして、9月にバンバンバザールが
主催するイベント「勝手にウッドストック2009」に出演が
正式に決まりました。


詳細はここで!
http://www.ban-ban-bazar.com/woodstock/index_WS.html



6/19付のここで
「ハシケンハマケンに来てほしい!というリクエストが
ありましたら、スケジュールが合えば検討しますんで
info@hasiken.comにメールください。」と書いたところ、
「うちの近くでもハシケンハマケンでライヴをやってほしい」
というリクエストをたくさんいただきました。


ありがとうございます!!


会場のスケジュールと人気者・浜野隊長のスケジュールを
照らし合わせて、可能な限り、実現したいなぁと思ってます。



お楽しみに。



ここ2、3日は奄美市皆既日食記念イベント
「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!」に
向けての準備。




まだはっきりしたことは言えませんが・・・


おそらく、このイベント中
演奏してる時間が一番長いのは、私になるはずです。


この、ちょいと意味深な感じ
このイベントを2日とも観た人と出演者、
スタッフの皆さんにしかわかってもらえないかも。



ほんとうにここ毎日、奄美漬け(私がパパイヤ鈴木さんなら
話は別だが)。この状態はイベントが終わるまで続きそう。
夢の中にまで、イベントのステージの様子が
出てきてしまってる・・。


http://amamieclipse.skr.jp/index.html



久しぶりに
以前パリでお世話になった人にメールを送ったら、
すぐに返信がありお互いの近況がわかり、うれしかったことが
あったり、やたら涙もろくなったなぁと感じるときがあったり・・



約4年ぶりに尊敬する或るアーティスト(私と同じ歳)と
会い、また何か一緒にやっていきたいなぁと確認したり、
メンテに出していたギターがとっても良い状態に調整されて
手元に戻り、今週10日(金)のライヴに気持ちよく臨めそうで、
うれしかったり。

http://hasiken.com/live/2009/07/post-5.html

睡眠不足が続いてるので
こまめに昼寝(ほんとうはしっかり長時間眠った方がいいけど)と
栄養補給を心がけていきます!



蒸し暑い日が多いですが
皆さんも体調気をつけてください〜!



それでは、また奄美の世界へ
戻ります。




奄美のパパイヤ漬.jpg
奄美のパパイヤ漬。おいしいよ。
posted by ハシケン at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

最終リハ。

おっと、気づくと7月になっていた・・。



6/29(月)は、いよいよ
来週10日(金)に迫った
代官山・晴れたら空へ豆まいて、での
「ハシケン×江藤有希」初ライヴの
最終リハだった。


有希さんが、10日までの間、
EPOさん、aminさん、そしてご自身が参加する
「コーコーヤ」のリハにライヴに、大いそがし
ということもあり少し早めの「仕上げ」になった。


この最終リハで着ていた私のTシャツには
「NO TAKARA NO LIFE」(ハシケンハマケンのグッズT)
有希さんのTシャツにはドーナツの画像入で「NO Doughnut NO LIFE」と
書かれていた。

何の申し合わせもなくモノは違えど
何やら同じような形のメッセージ・・・。



リハの休憩中、
2人で話してることは、音楽にまつわる様々なこと、
ゴハンのことやコーヒーやお茶(和洋各種)や
ドルチェ(デザートではなく、あえてのイタリア語で。
これレッキとした「音楽用語」。私もつい最近知りました・・・。
優しく、甘美に、ような意)の「食」にまつわることも、
ほんと多い。


私は、実家が和菓子屋ということもあるが
洋菓子も好きだし、ツアー先で食べる各地の名物等
話し出すといろいろとキリがない。
有希さんもいろいろ「食」について、探究心が旺盛。
そして造詣も深い。


お〜と
リハのことを書いていたことを一瞬
忘れそうになった〜。

あぶないあぶない。



何回かリハを重ねてきたが
この最終リハで初めて
晴れ豆ライヴでの
演奏予定曲を、曲順通りに
通してみた。(ゲネどすな)


1回目は、まだ一種、堅さが残っていたものの
休憩を挟んで臨んだ2回目の通しリハは
良い具合に力も抜け、お互いにかなり
納得のいく仕上がりになった。


この2回目の通しリハは
そのまま、お客さんに
観てもらいたかったくらい。


有希さんのバイオリンのおかげで
今まで様々な形態でやってきた曲たちが
まわりまわって原点に戻って来た感じ。

そして、新鮮でふくよか。


初めてライヴでやる2人の共作・カバー曲も含めて
通すことによって初めて見えてきたこともあり
「発見」も多い。


いやぁ〜
これは自分が思い描いていた以上に
気持ちよく歌が歌えそう。


共演のリクオさん、 ツンちゃん(TSUNTA)が
ピアノを弾いて歌うということもあり
私もいつもよりピアノ率高め。


期待して良いですぞっ!!



ぜひ
「ハシケン×江藤有希」
初ライヴを目撃してください!



詳しくは、
http://hasiken.com/live/2009/07/post-5.html

江藤有希公式HP http://www.yukivn.com




蒸し暑いこともあり
髪の毛をそろそろ
切ろうかなぁ・・・。(脱ロンゲ?)





追伸・
ハシケン、江藤有希、そしてパーカッションの浅見トマルのトリオで
7/18、19日の土日に奄美での奄美市皆既日食イベント「夜ネヤ、
島ンチュ、リスペクチュ!!」にも出演が決まりました。

「中村瑞希&ハシケン」としても出演予定。

詳しくは
http://hasiken.com/live/2009/07/post-6.html
http://amamieclipse.skr.jp/index.html

そして、
9月6日(日)江の島で行われる
『海さくらミュージックフェスティバル』にも
「ハシケン×江藤有希」として出演決定!!

詳しくは
http://hasiken.com/live/2009/09/post-7.html
http://www.umisakura.com/fes/main.html


この他にも、
「ハシケン×江藤有希」としての
ライヴが決ってきてますんで追って発表していきます〜。
カミングス〜ン。
posted by ハシケン at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする