2009年08月25日

真夏のドルチェ@ラ・カーニャ

☆8/21(金)

いよいよ、この日がっ!

「今日もよろしくね」からスタートした第1部。

ピアノを弾いて歌った「ミソラ」は
アルバム「赤い実」に収録したバージョンとは
コードも変え、構成も変えた。
今の自分が歌いたいもの、そして
『ハシケン×江藤有希』でしか出せない音に
しようと思ったら、自然と変化していった。

アルゼンチンタンゴも演奏する有希さんの
バイオリンは、「ミソラ」の曲の情景を
より深く、色濃いものに仕上げてくれた。

有希さんのバイオリンを聴いて
また、よりいっそう自分のピアノを
磨こうと強く思った。


ボーカリストとしての自分。
そして楽器を演奏する自分。

どちらも良いバランスで
ステージに立っていたい。

このユニットは強くそう思わせる。


「赤い実」に収録したバージョンとは
明らかに別物だが、曲を作ったときに
感じていて表現しようと思ってた初期衝動の「熱」を、
今回の『ハシケン×江藤有希』バージョンの「ミソラ」は
再現できた気がする。
また、この形で歌っていきたい。


ラカーニャ090821.jpg


第2部は「走る人」からスタート。

「走る人」のバイオリンは、けっこう細かく早い
フレーズが出てくるが、他の曲同様
有希さんは、楽譜は見ず、体に入れて今回のライヴに臨んだ。
最後まで良い緊張感を保ったまま走りきっていた。
凄い。素敵です。


途中、有希さんが参加する「コーコーヤ」の曲、
「炭酸水」(有希さん作曲)で私はピアノを弾いて
スキャットもした。

バイオリンメインのインスト曲のピアノを
ライヴで弾いたのは、生まれて初めて。

「炭酸水」は、すごく好きな曲で
ピアノを弾いていて、とっても楽しくなった。
またやりますよ。有希さん、よろしくね。

コーコーヤの他の曲にも
挑戦したくなってる自分がおります。

2部ラストに、有希さんとの共作「ただの僕」。
前回の初ライヴより、またしっくりなじんできた気がする。
これからまた場数を踏むことで、もっと『ハシケン×江藤有希』の
音になっていくはず。楽しみ〜。


そして
アンコールで歌った「下北沢」。
下北沢でこの曲を歌うのは、やはり感慨深い。
ラストは「ワンナイトサンバ」。

アンコールを含めて全16曲。

お客さんの1曲1曲に対しての拍手が
前回の晴れ豆よりも、また温かく大きく感じられた。
ご来場いただいた皆さん、ほんとうにありがとう!!!


『ハシケン×江藤有希』は、初ワンマンライヴの
良い風を持ったまま、北海道ツアーに明日26日(水)から
出かけます。

北海道の皆さん、各会場で
お会いしましょう〜!!
http://hasiken.com/live/2009/08/in-1.html


北海道から帰ってきたら
9/6(日)に江の島での
「UMISAKURA MUSIC FESTIVAL」に出演。
http://www.umisakura.com/fes/main.html


そして急きょ!
9/20(日)に、代官山・晴れたら空へ豆まいて
で行われる、梅津和時さん率いる「こまっちゃクレズマー」が
中心となって行うライヴ「こまっちゃクレズマー・秋の収穫
〜大豊作〜」に出演が決まりました!
http://hasiken.com/live/2009/09/post-10.html

北海道からも更新予定のハシケン×江藤有希公式ブログ
『ドルチェ・ベツばら』もこまめにチェックしてみてね!

http://blog.excite.co.jp/dolcebetsu


またいろんなところで
『ハシケン×江藤有希』を観ていただけると思うので、
どうぞよろしくお願いします〜。



追伸・
高円寺の沖縄居酒屋「抱瓶(だちびん)怒涛のライヴ」が
9/16(水)に決定!
(ハシケン・河村博司(G)・朝倉真司(perc)のトリオ編成)
詳しくは、
http://hasiken.com/live/2009/09/post-9.html
posted by ハシケン at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする