2009年10月30日

旅の思い出・北海道釧路編

☆8/30
「イコロの森」での目覚めは良く
おいしい朝食をいただき、南千歳駅まで
送っていただいた。
たった1泊だったが、充実した時間を
過させていただいた。空気が澄んでいる
場所は、やはり気持ちが良い。

特急「スーパーおおぞら」に乗り、
約3時間半で釧路へ。
喫茶ラルゴへ向かうと店主・豊川さんは
店先で待っていた。

すでに音響のセッティングが出来上がっていて
リハをするのみ。喫茶ラルゴは2階にあるが
1階からの階段部分が吹き抜けになってる関係からか
音が良い感じに広がり心地良い。

『ハシケン×江藤有希』として北海道ツアーの
3日目。回数を重ねるごとに、しっくりと
くる曲が増えてきた。

私がピアノで弾き語る「ミソラ」や「風の轍」での
有希さんのヴァイオリンの響きが特に素晴らしかった。
ここでも有希さん作曲のコーコーヤのレパートリー
「炭酸水」を演奏。ちょっとずつだが「炭酸水」での
ピアノがスムーズに弾けるようになってきた。

人のサポートをしてるという感覚が体に残ってるときは、
実は「まだまだ」な状態。

人がメインの曲でも、自分が作曲やアレンジを
手がけてるくらいの気分で演奏できなければ。
(実際、自分がライヴで演奏に関わってる以上、
ライヴの最中にアレンジしてることと同じ、とも思う)

「炭酸水」でのピアノは、自分のタイム感を
把握しながらも有希さんのヴァイオリンの
メロディの呼吸が、少しずつわかってきた感じ。
(有希さんが私のどこかまだまどろっこしい
ピアノに合わせてくれてるという話もある)
まだまだ、ほんとうの意味で自分が納得する
演奏ができるのは先の気がするが、1歩ずつですな。

前回、河村さんと訪れたときに
観に来てくれた人たちも
たくさん顔を見せてくれて
ラルゴは満席。うれしい。

とても良い反応を皆さん
してくれる。

ありがとう。

ライヴ後、豊川さんのお母様の
手料理でもてなしていただく。
ごちそうさまでした!

また来年、ぜひ。

◆ハシケン×江藤有希・公式ブログ
『ドルチェ・ベツばら』に
喫茶ラルゴも載ってます!
http://blog.excite.co.jp/dolcebetsu

追伸・
こちらも『ドルチェ・ベツばら』に
載せてますが、東京は白金高輪の
クーリーズ・クリークにて11/8(日)に
『ハシケン×江藤有希』のライヴが
あります。

中華を中心とした美味しい料理が
絶品です。そしてお店の雰囲気も
バッチリです。
ライヴスケジュールを見ると
知ってる方のお名前もあり。
http://cooliescreek.jugem.jp/?cid=3

2ステージ(入れ替えなし)で
ゆっくり食事をしながら
楽しんでもらえると思います。
ぜひ!!

詳しくは
http://hasiken.com/live/2009/11/post-12.html





posted by ハシケン at 03:18| Comment(1) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

明日から

奄美です。

全九州の商工会議所の方々がたくさん集まる
『第29回九州ブロック大会 奄美大島大会 大懇親会』
というイベントが明後日31日(土)に奄美の大浜海浜公園で
あり、その中で「中村瑞希&ハシケン」として
ライヴをやる予定です。

噂によると、この大懇親会には、1000名ほど
集まるもよう。

今回は前回の皆既日食のときとは違い
ゆっくりできたらいいなぁ。

posted by ハシケン at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

『TSUMUGI』in東京

先週金曜日のライヴが終わってから
体調を崩していて、やっと少し
持ち直してきました。

ひさしぶりの大風邪。
熱は上がらないので
インフルエンザではなさそうなので
良かったが・・。

考えてみたら8月の後半からライヴが
続いていて法要とかもあったり・・。

疲れが出てあたりまえか。

皆さんも気をつけてくださいね。


☆10/23(金)
ピアノの調律をチェックするため
スターパインズカフェに一番乗り。
以前は重く感じたスターパインズのピアノの
タッチが前より軽く感じれてうれしい。

瑞希ちゃん始め奄美チームにつづいて
有希さん、トマルくんも登場してリハ開始。

京都でのライヴがあったので
とても気分が楽。
それでも、京都とは違うアレンジに
したところもあり。
毎度、進化しています。

ライヴは瑞希ちゃんのシマ唄から
スタート。関西で先にライヴをやって
東京でライヴをやると感じることが
多いことだが、関西の方がどうも
お客さんの反応がダイレクトのような気がする。
東京のお客さんの方が、どちらかというと
反応がひかえめな気がする。
「怒涛のライヴ」高円寺の沖縄居酒屋・抱瓶では、
そんなことはないのになぁ〜。
おかしいなぁ。みんなアルコールが足らないのかな(笑)。

瑞希ちゃんに呼び込まれ
『ハシケン×江藤有希』のライヴスタート。
京都とは曲を替えて「今日もよろしくね」から。

有希さんとのライヴはここにきて
とくに安定感を感じる。
歌と歌の間(ま)を有希さんの
ヴァイオリンに気持ちよく託せる。

「扉」まで4曲、『ハシケン×江藤有希』として
演奏してトマルくんを呼び込んで「セッション」。
ピアノで遊べて楽しかった。
「くっついてたい」「美しい島(くに)」。
そして1人で感謝。

休憩をはさんで
「中村瑞希&ハシケン」。

「ワイド節」で瑞希ちゃんの
はじけっぷりが京都より増していて
気持ち良かった。

本編ラストの「TSUMUGI」は
瑞希ちゃんの歌と私、有希さん
トマルくんの気持ちが今まで以上に
1つの方向に向かっていて文字通り
音を紡ぐことができた気がした。

そしてアンコールの「青い月」。
心地よいラストの曲だった。

この歌を瑞希ちゃんが40代、50代それ以上に
なったときにも歌っていってほしいなぁと
強く感じた。(私もピアノをもっと
自由に肩の力を抜いて弾けるようにがんばろう)
そのときには、今とはまた違う風景を
見せてくれるだろう。
いつかこの曲はオーケストラバージョンで
演奏してみたい。夢はふくらむ。
あと外国で演奏したいなぁ。

曲が素晴らしい唄者の力を借りて
ゆっくり育っていく姿を間近で
見れるのは作者冥利に尽きる。
posted by ハシケン at 22:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

旅の思い出・北海道イコロ編

『ハシケン×江藤有希』の真夏の北海道ツアーは
小樽を起点に東へ向かった。

初北海道の有希さんと同じように
私も初めて見る北海道の姿に感動することが
多かった。

ツアー2日目(8/29)はイコロの森。
南千歳の駅に迎えに来ていただき
イコロの森に入ったとたん、空気が
変わったことがわかった。澄んでいる。

昼間、リハーサルをやったときには
晴れていてまだ温かかったが、陽が
暮れるのと同時にだんだんと冷えてきた。

うちらの前に「山北紀彦×皆吉恵理子」の
ライヴ。2人の掛け合いはほほえましく、
そして山北さんのパーカッションは力強く、
皆吉さんの奄美のシマ唄は澄んでいた。

北海道の森の中で聴くシマ唄も良い。

そして『ハシケン×江藤有希』のライヴ。
ステージ後ろには月が見えた。

幻想的な世界。冷えが増してきたが
お客さんはしっかり楽しんでくれていた。

このライヴの様子をかいま見ることが
できる映像がイコロの森発信として
YouTubeに載ってるのでぜひ!
『ハシケン×江藤有希』のライヴシーンも
出てきますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=yfMSWqL4lHY

山北紀彦HP
http://www.k5.dion.ne.jp/~yamakita/
皆吉恵理子HP
http://www.tegetegeyoriyori.com/

明日23日は、いよいよ
中村瑞希&ハシケン『TSUMUGI』in東京。

イベントには、出演したことがあるけど
ワンマンとして初東京ライヴ。

瑞希ちゃんのシマ唄、そして私も歌い
もちろんミニアルバム収録曲を演奏します。

明日、会場の吉祥寺スターパインズカフェで
お会いしましょう!

追伸・コメントたくさんありがとう!
新潟にも行きたい、行きたいと思いつつ
行けてないので、来年にはぜひ足を伸ばしたいなぁ。
(来年はデビュー15周年ということもあり・・)

おっと近々詳細を発表しますが、デビュー15周年記念の
プレ(事前)ツアーとして今年の暮れ12月15日に東京、
23日に京都でライヴをやりますんで、もう少々
お待ちください。

私のロン毛卒業についてもありがとう!
有希さんのHP内のNoteに名古屋モノコトでの
ライヴ写真が出てるので、ぜひ脱・帽子(笑)の
ハシケンを見てやって下さい。

江藤有希HP
http://www.yukivn.com
posted by ハシケン at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

秋晴れの法要。

昨日20日は、秩父に帰り
父の四十九日法要。

良く晴れた。

隣組、親戚、取引先、父の友人
合わせて約40名の皆さんに来ていただいた。

皆さんのご挨拶やお話が
一通り終わった後、持ってきた
ギターを出した。

まず1人で「美しい島(くに)」。

私がミュージシャンをやってることは
知ってても、生で聴くのは初めての方が
多かったはず。私が歌ってる方向に
皆さんの気持ちがしっかり向いていたのが
わかった。

マイクを使わず畳敷きの和室の宴会場に
生声が響いた。

途中、声がつまりそうになったが
不思議と何度も持ち直した。

冗談でいつも「けんちゃんのおしめ(おむつ)を
よく替えたよ」みたいなことを言う人たちが
集まった中、支えられながら歌いおえた。

美しい島(くに)は、レコーディング
ぎりぎりまで、歌詞ができずに
秩父に気分転換に帰ったとき、父から
「兼一が秩父を出ていったときの気持ちを
素直に書けばいいんじゃないのか」ということを
言われ、書き上げた曲。

こういう形で歌うことになるとは
思わなかったが、歌えて良かった。

もう1曲、姉と「グランドライフ」を
歌った。この曲のサブタイトル「7L3EPT
(セブンエルスリーイーピーティー)」は
父がやっていたアマチュア無線のコールナンバー。

どちらも父と縁のある曲。

私は江の島でのライヴがあったので
9/6の告別式には、歌うことができなかったが
四十九日という一つの節目の場所で
歌うことができて、ホッとできた。

初めて聞く「父の思い出」もたくさん
皆さんから聴くことができた。

父は、皆さんに愛されていたんだと
実感できて涙が出た。
posted by ハシケン at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

『TSUMUGI』in京都

☆10/18
岡山から京都へ。
会場の磔磔に入りすぐにリハ。

開演までの時間、京の町へ。
岡山で、おいしい「ドミグラスソースカツ丼」を
食べたのに、おなかがしっかり減り、軽くきつね
うどんを食べた。しみる。

今回初めて知ったが岡山でのオーソドックスな
カツ丼と言えばド(デ)ミグラスソースカツ丼らしい。

ここのドミグラスソースカツ丼食べました。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0005509190/
味の組み合わせに驚き!でも
よく考えられてる味の素敵な出会い。
うまかった。また食べたい。

おっと、話が岡山に戻ってしまった。

「中村瑞希&ハシケン」in京都。

まずは瑞希ちゃんがシマ唄を1人で唄う。
唄はもちろん素晴らしいが、MCも特に冴えていた。

こうやって確かな実力をもった若い唄者が
自分の言葉で奄美を飛び出した場所で伝え紡いでいく
ことは、ほんとうに凄いことだし素晴らしいこと。

中村瑞希という唄者の底力を見た気がした。

瑞希ちゃんに呼び込まれ
「ハシケン×江藤有希」で2人の初共作
「ただの僕」からスタート。

「ハシケン×江藤有希」として3日連続ライヴ。
ミニツアーの最終日は、集大成のような
最後まで高い集中力を維持させた納得の歌が歌えた。
有希さんのヴァイオリンの音色がホント心地よい。
このユニットはミニツアーを経てまた1つ
ステップアップできたと思う。

パーカッション、トマルくんを呼び込んで3人で
「セッション」「くっついてたい」「美しい島(くに)」を
演奏。私のセット最後は「感謝」。

そしてここ京都でも温かな会場を満たす拍手とかけ声。
ありがとう!!

休憩を挟んで「中村瑞希&ハシケン」。
有希さん、トマルくん合わせて4人でミニアルバム
「TSUMUGI」収録曲+私がメインボーカルの「ワイド節」。

アンコールは「青い月」。この曲を
瑞希ちゃんと共演しなかったら、こうやって
一緒に京都でライヴをやることはなかったかもしれない。

7月の奄美の皆既日食イベント以来だったが
中村瑞希&ハシケンin京都は、ツアーをまわって
きたかのような、しっかりと「アップデート」された
ライヴになった。

今週23日(金)は「TSUMUGI」in東京。
吉祥寺スターパインズカフェに皆さん
来てください。

想像してることなんて軽く越えてしまう
音楽に絶対に出会えるはずです。

瑞希ちゃんの唄、ほんとうに素晴らしいので
1人でも多くの人たちに観てもらいたい!!
お見逃しなく!
posted by ハシケン at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪→岡山。

☆10/17
大阪城音楽堂に着くと楽屋に中村瑞希ちゃん、
吉原まりかちゃん、奄美ASIVIのフモケンさん、
みっちゃんが待っていた。

久しぶりに会えた人たちがたくさんいた。
大島保克さん、ジョニー宜野湾さん、
我如古より子さん、そして大城クラウディアさん
などなど・・。

司会で来てたガレッジセールのゴリさんとは
初対面だったが、私の沖縄民謡の師匠・照屋政雄先生が
ゴリさん初監督の映画「南の島のフリムン」に出演してる
こともあり、政雄先生のことでひととき盛り上がって
話すことができてうれしかった。

南の島のフリムンHP
http://www.furimun.jp

予定より25分おして、まずはまりかちゃん、瑞希ちゃんが
「マリカミズキ」としてシマ唄を2曲演奏。
琉球フェスティバルという「沖縄」のイベントの中、
奄美のシマ唄が独特の輝きを会場に放っていた。
そして満杯の客席を魅了していた。拍手が大きい。
2人の唄は、ほんとうに素敵だった。

まりかちゃんと交代する形で私がステージへ。
「中村瑞希&ハシケン」として「TSUMUGI」を演奏。

後奏が終わり、音がなくなった後のとてつもなく大きな
拍手は忘れない。震えた。

私は楽屋口に待っててもらったスタッフの車で
新大阪駅へ。奇跡的に何とか乗りたい新幹線に乗れて
岡山に約45分で着いた。

そこから会場の城下公会堂へ急行。

名古屋から直接岡山に先に入ってた
有希さんとすぐにリハ。ホッとする。

リハ後「美寶(びほう)」というお店でぞうすいを食す。
うまい。とろとろ〜。

「ショーロクラブ “トリロジア” 西日本ツアー」@岡山。
ハシケン×江藤有希は、6曲で約30分
オープニングアクトとして演奏。

ハシケン×江藤有希を初めて聴く人たちばかり
だったが、皆さんじっくり聴いてくれていて
曲が終わるたびに温かな大きな拍手やかけ声。
うれしい。
特に後半の「美しい島(くに)」と
「扉」が客席と共鳴できた気がした。

そして結成20年を迎えたショーロクラブの演奏が
見せる映像は様々。
緩急が気持ち良い選曲とふくよかな音色。
3人のそれぞれのグルーヴが見事に集結していた。
MCは無政府状態(笑)。素敵です。

アンコールラストに私の「赤い実」を
「ショーロクラブ+ハシケン×江藤有希」で演奏。

ステージそして会場が何とも言えない至福感に
包まれてた気がした。素晴らしいミュージシャンの
人たちと演奏できるのは、ほんとうに幸せ。

打ち上げでショーロクラブの3人のキャラの立ち方に
あらためて感動。かなり笑わせてもらいました。

会場の城下公会堂、良き空間。
またぜひ来たい。

ショーロクラブHP
http://www.players.ne.jp/~choro/
ハシケン×江藤有希・公式ブログ『ドルチェ・ベツばら』
http://blog.excite.co.jp/dolcebetsu


posted by ハシケン at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

名古屋・モノコト

モノコトがある名古屋の大須に着き
まずは、『ハシケン×江藤有希』公式ブログ
「ドルチェ・ベツばら」の取材。

おいしい。

取材の成果はまた近々更新予定!
要チェック。

「ドルチェ・ベツばら」
http://blog.excite.co.jp/dolcebetsu

ハシケン×江藤有希としての初名古屋
ワンマンライヴは休憩をはさんで
たっぷり歌った2部構成。

私は、久々に帽子をかぶらず、歌った。
(髪の毛をカットしたことを見せるため・・笑)
ロン毛を卒業したハシケンはいかがでしたか?

モノコトという空間は
とても居心地が良かった。

私の長年のファンの人たちからも
初めて観る有希さんのバイオリンが
とても良く、私の歌とすごく合っていた、と
声をかけられとてもうれしかった。

最後まで良い緊張感を保ったまま
集中できて、気持ちよく歌えた
自分にとって最高のライヴだった。

ハシケン×江藤有希のライヴとしては
ある意味「定番」になってきたSaigenjiの
「風の轍」のカバーや、リアレンジした
「ミソラ」など、ピアノを弾いて歌う曲が
特にハコにマッチしていた気がする。

モノコトに足を運んでくれたたくさんの皆さん
ほんとうにありがとう!!

ホテルのモーニングセットもばっちり食べて、
これからまずは、琉球フェスティバル大阪へ。
そして岡山へ。今日も濃い1日になりそうだ。

では!


posted by ハシケン at 08:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

旅の思い出・渋谷〜秩父〜甲府。

10月4日(日)は、うちの姉「みっち。」との2マン
ライヴ。

公園通りクラシックス、というハコに初めて
入ってみた。元々、渋谷ジャンジャンだった場所は
喫茶店になり、ジャンジャンの控え室だった場所が
クラシックスになったみたい。

ジャンジャンだったころ、初代の高橋竹山さんの
津軽三味線を何回か聴いた。
その語りと三味線が心地よく、その後、青森に
一人旅に出かけたことがある。
まだ沖縄民謡を習う前の話。

姉は、ここ最近ピアノとギターを使って
弾き語りをしている。練習もたくさん
しているのだと思う。
素直に自分の心に向き合ってる気がする。
ステージ袖で、姉の歌を聴きながら
小さいときからいつもこの人の後を
追いかけて、いろんな音楽を吸収してきたんだなぁと
想っていた。

姉は子供のときのままなのかもしれない。

先月、うちの父が亡くなって姉といろんなことを
話す機会が増えた。

この時期に2人でライヴができて
ほんとうに良かった。

翌日秩父に寄りトンネルを抜けて山梨の甲府に姉と
2人で車で向かった。

共通の知人が急に亡くなり、告別式に
参列するためだ。

体調やスケジュールのことを考えると
後であらためて、ご挨拶に行くことも
できるのかも、と一瞬思ったがなぜか
行かなくてはいけない、と思い雨模様の中
甲府へ向かった。

告別式の後、初七日法要があり
そこで故人が愛用していたウクレレを
使って歌ってほしい、とご家族から
要望があり、急きょ「感謝」を歌った。

声がつまり、何とかやっと歌いきった。
歌いながら、父を想っていた。

今夜は名古屋。晴れたね。
絶対良いライヴ。
posted by ハシケン at 08:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

旅の思い出・6日連続ライヴ編

今から約1か月前の9/16(水)から
生まれて始めて6日連続ライヴを経験した。

同じ場所でしかも2、3曲歌う感じであれば
タップダンスとの共演やまだデビュー前に
演劇の中とかでは経験があったが、
メインボーカルで毎日会場を変えての
6日連続ライヴは初めてだった。

9/16の抱瓶は、相変わらずの怒涛のライヴ。
河村さん、朝倉くんの強力ナイスサポートに
支えられて良いライヴになった。

17〜19日は、浜野くんと『ハシケンハマケン』
秋のボーナスミニツアー。いろいろな意味で、
過酷(笑)な場面があったが、ハシケンハマケンとして
始めて訪れた福岡&米子でのライヴは、上出来。

19日は告知してなかったが米子ジャスコ内で
インストアライヴ(2回公演)も敢行。

ジャスコ内に響く「氷河期」。
さぁあなたもイマジンしてください。

20日は東京に戻り、代官山・晴れたら空へ豆まいて。
『ハシケン×江藤有希』のライヴ。有希さんも福岡から
の戻り。6日(日)の江の島でのUMISAKURA以来だったが、
北海道ツアーの成果が実った演奏になり、満足!
お客さんからも、すごく良かった、という言葉を
直接何人もにかけてもらった。

うちらの演奏が終わった後、楽屋に戻ると
次の出番の「太陽バンド」の皆さんが
控えていて「すごく良かったっすよ〜。
ヴァン・モリソンの<アストラル・ウィークス>の
雰囲気が感じられて素敵でした。」と言われた。

アストラル・ウィークスは、大好きなアルバムなので
そう言われて、かなりうれしかった。

その日のメイン、こまっちゃクレズマの皆さんからも、
『ハシケン×江藤有希』は、良いユニットだと言ってもらえ
テンション高し。

こまっちゃクレズマのライヴ内で「ピアニスト」として
3曲参加させていただき楽しかった。
私がピアノを弾きながらスキャットしてるときに
梅津さんが飛びはねたのが最高だった!

そして6日目21日は、相模湖にてバンバンバザール主催イベント
「勝手にウッドストック」に『ハシケンハマケン』で出演。
小舟に揺られ会場へ。

ハシケンハマケン.JPG
「おい!ちゃんと仕事してるのかっ?!」(牧場主・写真右)
「やってますよ(ちょい怒り)」(牧場バイト・写真左)

約30分のステージは、あっという間。
野外ライヴは良いね〜。声がどこまでも伸びる。
軽くビールで打ち上げ。
乾杯.JPG
「おちかれ〜、かんぱい!」

6日連続ライヴ、無事に終了でした。


さてさて
一昨日・昨日は『ハシケン×江藤有希』のリハ。
良い感じに仕上がってきましたよ。
明日16日の名古屋での初ワンマンライヴめちゃめちゃ
楽しみです!

17日は、大阪の琉球フェスティバルに寄ってから
岡山で、ショーロクラブのライヴでオープニングアクト。
18日は京都で『中村瑞希&ハシケン』の初関西ライヴ!

ではでは各会場で
お会いしましょう!!

追伸・来月『ハシケン×江藤有希』として
沖縄や熊本にも初めて行きます。
詳しくは、また。
posted by ハシケン at 07:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

旅の思い出・ごちそう編

先月のハシケンハマケン・ミニツアーでの
旅の思い出。


soba.jpg

9/26丹波篠山のcafeLDKに向かう
途中で食べた、そば。

「自然薯庵(じねんじょあん)」という
通りがかりに偶然見つけたお店の「そば膳」。
旨かった。

ここのお店、たたずまいからしてすごい。
からぶき屋根の民家です。

スタッフ伊藤くんが食べた
「とろろそば」のとろろは
ゴムのような弾力。

また行きたいなぁ。
丹波篠山。
名産の黒豆の畑がいっぱいに
広がる豊かな土地。
良かです。

会場のcafeLDKの食事&コーヒーも
めちゃくちゃ美味しかった。

帰りにおみやげまでいただき恐縮です。

ここのコーヒーは、大阪豊中にある
「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)」という
お店の「サラヴァ」という豆を使ってます。

このサラヴァがまた素晴らしい。
ぜひ飲んでみて。

cafeLDK HP
http://www.cafe-ldk.cc

チッポグラフィアHP
http://www.tipografia.sakura.ne.jp


ひつまぶし.jpg
これ、私の大好きなひつまぶし。
美味し。

9/27岐阜の高橋商店でのライヴ翌日
ホテルチェックアウトしてブランチひつま。

高橋商店での食事も
めちゃくちゃ旨かった。
旨すぎて写真撮るのを
忘れてた。

ライヴ会場の食事が美味しいのは
ほんとうに素晴らしい。

そりゃ良いライヴに自ずとなりますって。
posted by ハシケン at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

みんなのうた。とか

NHKみんなのうたで2005年2・3月度に流れていた
私が作詞を担当させていただいた曲「空へ」が、たくさんの
リクエストにお応えして再放送(10・11月度)されてます。

見逃していた人も、また観てみたいという人も
ぜひとも。

みんなのうたHP
http://www.nhk.or.jp/minna/schedule/schedule.html

近々では、明日13日(火)午後2時50分〜
教育テレビで流れるみたい。


昨日は、世田谷区民会館での「そら祭り」に
ハシケンハマケンとして(パーカッションの
Pちゃんも一緒)出演。

今年1月にレコーディングを開始して
4月にアルバム「TAKARA」をリリース。
そしてツアー敢行&イベント出演。
約半年の活動を経て昨日のイベント出演で、
ハシケンハマケンとしては一旦、一区切りでした。

レコーディングにも参加してもらったPちゃんとの
トリオでのライヴは正に集大成。

次は、いつになるのやら。

次回作も作りたいね〜、浜野くん。

「そら祭り」には、いろいろな出演者が出たが
特に素晴らしかったのは、由紀さおりさん。
歌もトークも素敵。

ライヴからの帰り道
パスタがどうしても食べたくなって
パパッと作って食す。うまっ。

食べたいものが食べれるっていうのは
ホント幸せ。


あ、これまだ観てない人もいると思うので。
http://www.youtube.com/watch?v=ScuehY0m2YM&feature=player_embedded

リハスタでのラフな演奏ながら
自分たちでもけっこう気にいってるテイク「太陽!」
(完全アンプラグド・バージョン)。

ビートルズ関連の本を1冊購入して読み始めました。

それとは別に関係ないけど、ロン毛を「卒業!」。
かなりスッキリ。
posted by ハシケン at 06:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

あっという間に10月。

皆さん、お久しぶりです!

気持ち的にも落ち着いてきたので
また少しずつこのテーゲー日誌を
書き始めようと思ってます。

今日(10/11)は、世田谷区民会館にて
ハシケンハマケンでのライヴがありますよ。

何と!入場無料。

パーカッションにPすけくんも加わっての
トリオ編成。

コンサート自体は13時からやってるみたいで、
うちらは16時55分スタート予定。

油断して来てちょうだい。

詳しくは
http://soramatsuri.com/tokyo/about


そして16日(金)からミニツアーです。

16日(金)は、『ハシケン×江藤有希』として
名古屋での初ライヴ。
会場は大須にあるモノコト。
ここはいろんなワークショップもやってて
面白いハコ。
今回初めて行くのでかなり楽しみ。

名古屋近辺に住んでるDM登録してる方たちには
今回こんな感じのハガキに一筆書きして
送りました。
初名古屋DM.jpg
届きましたか?

有希さんとのデュオは、8月末の北海道ツアー、
そして9/6(日)の江ノ島UMISAKURA、9/20(日)
代官山・晴れたら空へ豆まいてでのライヴを
経て、かなりすごいことになってます。

晴れ豆で共演した梅津さん始めこまっちゃクレズマの
方たちにもすごく良かったと言っていただき、正直、
気持ちが高ぶってます。

浜野くんとのハシケンハマケンもそうですが
ハシケン×江藤有希も、ほんとうに始めて
良かったなぁと心の底から思えるデュオです。

今回の名古屋初ワンマンでも
ハシケン×江藤有希ならではのリアレンジをして
久々に歌う曲も用意してますよ。

もちろん、このデュオでは名古屋初ライヴなので
名古屋で私のライヴを今まで観てきてる人も
名古屋でコーコーヤのライヴでの有希さんを
観てきた人たちにとってもかなり新鮮なライヴになると
思います。

ハシケン×江藤有希のライヴを観た人たちから
2人で演奏してるのに、もっとたくさんの人たちで
演奏してるみたい、とかギターやヴァイオリンとは別の
音が聴こえてきた、という感想をもらいました。

ステージ上も客席もとても良い感じで
「共鳴」してるのかなぁと思います。

ほんとうにお見逃しなく!!

ハシケン×江藤有希・公式ブログ
『ドルチェ・ベツばら』
http://blog.excite.co.jp/dolcebetsu

江藤有希HP
http://www.yukivn.com

モノコトHP
http://osu-monokoto.petit.cc


翌日17日(土)は、スケジュールには
出てなかったんですが、大阪での
琉球フェスティバルに元々出演が
決っていた中村瑞希ちゃんと1曲だけ
「中村瑞希&ハシケン」として演奏します。

1曲、何を演奏するかは、まだ実は
決まってません。
琉フェス来る人、お楽しみに。

琉球フェスティバル大阪09HP
http://www.hip-osaka.co.jp/ryukyu09.html

その演奏が終わったら、すぐに新大阪駅に向かって
新幹線で岡山へ。


ショーロクラブのライヴのオープニングアクトとして
『ハシケン×江藤有希』で出演。

会場は城下公会堂。

ここの名前は以前から気になっていて
こういう形でいけるのは、とってもうれしい。

ショーロクラブのライヴを聴けるのも
楽しみ(すっかりお客モード)。

オープニングアクトとして
しっかり盛り上げようと思います。
オープニングアクトと言っても
手加減しませんよ。きっちりきめます。
ヌハハ。

岡山の皆さん、ぜひ!

広島の福山あたりの人たちもぜひ
来て下さいな。

岡山でライヴをやるのは多分10年ぶりくらい。
そうそう、岡山も路面電車が走ってますな。
楽しみだなぁ。

ショーロクラブHP
http://www.players.ne.jp/~choro


そして、18日(日)は京都・磔磔(たくたく)で
『中村瑞希&ハシケン』のライヴ。

3月にリリースしたミニアルバム「TSUMUGI」の
発売記念ツアーとして行きます。

こんな感じのDMに一筆書きして
登録してる人には送りました〜。
中村瑞希&ハシケンDM1.jpg
届きましたか?


「中村瑞希&ハシケン」として初の関西でのライヴ。
(23日は初の東京でのライヴ。)
もちろんミニアルバム収録の曲は演奏しますが
最近では、ほとんど瑞希ちゃんしか歌っていない
「青い月」も演奏予定です。

一筆書きにも書きましたが、
ほんとうに瑞希ちゃんの声は素晴らしいので
ぜひ!観に来て下さい。

瑞希ちゃんが数々の全国民謡大会で栄誉に
輝いた奄美のシマ唄を1人で歌う時間もあり、
私が、有希さんのヴァイオリン、トマルくんの
パーカッションを交えて歌う時間もあり、
かなり盛りだくさんなライヴになると思います。

素敵な空間になると思うので、このライヴも
お見逃しなく!!

詳しくは
http://hasiken.com/live/index.html
posted by ハシケン at 02:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする