2010年02月17日

『ハシケンとSaigenji』@スタパ

☆2/15
雨の中、吉祥寺に向かった。

前日のリハの気持ち良さが
残っていて、あとは喉の調子が
良ければ、集中できそうな予感があった。

リハはセッション曲を中心に
1曲1曲確かめながら。

ライヴはまず私のソロから
スタート。

・晴れたら海へファーファーファー
・ねころんで空、見てる
・月光の道
・凛
・ワイド節
・グランドライフ-7L3EPT-

デビューアルバム「Hasiken」と
セカンドアルバム「感謝」の中の曲たち。

久々に三線を弾き歌った「月光の道」も
40歳を過ぎたからこその
フィット感が歌っていてあった。

東京でグランドライフを歌うのも
久々の気がする。

私のソロセットの後、
Saigenjiを呼び込み
しばしSaigenjiソロコーナー。

舞台裏や客席の後ろで聴く。

リスペクトできるアーティストだ。


でも・・・(笑)。

ライヴの段取りについては
Saigenjiは、まるで頭に入ってなかったらしく
ちぐはぐで面白いやりとりをしながら
セッション曲を6曲。

・列車に揺られながら
・セッション
・アカラント(Saigenji曲)
・リズム(Saigenji曲)
・乳のみほせ

そして初共作曲「日々の庭」。

私の歌詞を歌うSaigenjiは、
すっかり自分の曲のように
歌っていて、それがうれしかった。
私はただピアノを弾いていた。

アンコールは
美しい島(くに)。

そしてハシケン×江藤有希で
カバーしている「風の轍」を
作曲者とともに歌った。

私はピアノを弾き
Saigenjiは楽器を一切持たずに
マイクの前に立った。

Saigenjiが歌う原曲と
カバーしてるバージョンは
構成が違うが、今回は
こちらのバージョンに
合わせてもらった。

私とSaigenjiが歌う場所を分け
最後のサビで重なるようにした。

ラストに1人でリクオさんの
「ソウル」を歌い、しめた。

あっという間に2時間半が
過ぎていた。

2151.JPG

私はギター、ウクレレ、三線、ピアノ、
ジャンベを使い、Saigenjiはギター、
ケーナ、フルートを使った。

2152.jpg

デビュー15周年記念ライヴ・2月編も
とても気持ち良く歌えた。
すごく楽くて、ライヴが終わったあと
しばし舞台裏で、気が抜け呆然としていた。

Saigenji、そして来てくれた
たくさんの皆さん、ほんとうに
ありがとう!!!

3月編は3/24(水)に
「代官山・晴れたら空に豆まいて」にて
『ハシケンmeets高田漣』。

レンくんとの共演も今から楽しみだ。




posted by ハシケン at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする