2008年10月31日

SPECIAL『Hug』in TOKYO!!

いやぁ〜楽しかった!!


ステージに立った瞬間、満席のお客さんを
目にして素直にうれしかった!


11日の京都ライヴとはまた違う
こみ上げ方があった。

hasiken1.jpg


歌っていて楽しいのと同時に
2回という少ないライヴだが
ツアーがこのライヴで終わってしまうという
さびしさがあった。
1曲1曲かみしめて歌った。


スペシャルゲストの曽我部さんには
「ジュークボックス・ブルース」「恋人たちのロック」
そしてサニーデイ時代の「baby blue」を歌ってもらった。

sokabe.jpg

リハのときに河村さんに言われて
初めて気がついたが京都の時は
二階堂さんの「LOVERS ROCK」をやって今回は
曽我部さんの「恋人たちのロック」。
英語と日本語の違いはあるものの同じ感じのタイトルを持つ曲だ。

今回、お2人にお願いした曲は私が大好きな曲を
単純に選んだものだが、偶然にも同じタイトルが
並んだ。

曽我部さんの歌・声とステージ上で
一緒に奏でることができて幸せだった。
曽我部さんが「恋人たちのロック」を
歌い終えたとき、私の心は、はちきれそうだった。



曽我部さんのことはミュージシャンとして、そして
子供を持つ父親としても尊敬している。


昨日、東京のライヴでは初めてうちの息子を
ライヴに連れてきた。
まだゆっくりライヴを観ることはできないが
どこかにその記憶が残っていてくれてたら
うれしい。

私自身、一番小さいときの記憶が
3歳くらいのある日、近所のおじさんが
小学校の講堂でアマチュアコンサートを
やっていたのを抱っこされながら
観ていたものだ。


そして京都の二階堂さんに続き念願の
「君は不思議」に曽我部さんに入ってもらう。
sokabe_hasiken.jpg

アルバム『Hug』のバージョンのように
いつか二階堂さんと曽我部さんと2人一緒に
この曲をライヴでやれたらいいなぁ。
強く願っておこう。いつか叶うだろう。


ダブルアンコールまで含めた約3時間のライヴは
ほんとあっという間だった。



今回のツアーで強力なサポートしてくれた
河村さん、ミトモくん、トマルくん、
ヒトミさん、浜野くん、東京のみ参加してくれた
バイオリンのミオさん。そして今回のツアーで
私の音響を初めてじっくり担当してくれた多和さん、
いつも色んな面でナイスサポート、スタッフ伊藤くん(社長)。
ほんとうにお疲れさま〜!
大好きな人たち。またぜひ一緒に!


そしてスターパインズカフェに駆けつけてくれた
たんさんの皆さん、ほんとうにありがとう!!!
1人1人とハグしたい気持ちでいっぱいだった。



ほっとしたのと気持ち良かったのとで
打ち上げでけっこう深くまで飲んでいた。
メンバーと曽我部さんともゆっくりいろいろ
話ができた。

あ〜早くもまたバンドでツアーやりたいと思ってる
自分が打ち上げにいた。酔っていろんな芸人さんのお笑いの
ネタを披露しながら、浜野くんに「ハシケンさんは
そのネタを言いたいためだけに会話している」と
何度もつっこまれている自分がいた。
浜野くんありがとう。つっこまれるの好きです。



追伸・ライヴ終了後、教えてもらって
びっくりしたが、ミトモくんの知り合いの
某有名芸能人(女性)の方がライヴを観にきてくれて
いたらしく、その方から差し入れでお酒をいただいた。
ゆっくり飲むとするか。
posted by ハシケン at 18:10| Comment(3) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行ってよかったよー!!とってもとってもパワーあふれるステージでした!ハシケンさんの思いも伝わってきました。いろいろな曲も聴けてうれしかったです!ハシケンさんをはじめ皆々様お疲れ様でしたー!
Posted by 若駒 at 2008年10月31日 23:43
スケジュールが合わず…
ど〜してもパインズのLive行けませんでしたぁ(T_T) 今年一番の心残り…。
また楽しみにしています。
Posted by maya at 2008年11月01日 13:39
歌を通してハシケンさんのいろんな「気」が伝わってきました。
「今日もよろしくね」では思わず涙がこみあげて…。
みなさんの気持ちの入った演奏で、すっかり魂(マブイ)がゆさぶられました。
本当にその場にいられてよかった…と思う時間でした。
たくさんのお客さんで、すごい熱気でしたね。

で。
最近は誰がお気に入りなんですか?
やはり「ヤホーで調べました」かな?
Posted by スノウ at 2008年11月01日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック