2009年03月22日

ディ!ウェイヴpresents「 あまん夕 」

会場のスペース・ゼロに着くと、
いつも奄美で会うスタッフが
ロビーで物販を並べる作業していた。

この人たちに会うと特別な安心感がある。



「中村瑞希&ハシケン」としては初ホールライヴ。


ステージが広いので、この間の奄美ASIVIライヴの時よりも
メンバー間の距離をより感じる。
でもしっかりモニターでき、身近に音を感じれた。


ライヴは1部はネリヤカナヤと我那覇美奈ちゃん。

休憩を挟んで、「中村瑞希&ハシケン」。


まず瑞希ちゃんが1人で「ヨイスラ節」。


そして、私、有希さん、トマルくんが加わり
「恋」から。


ミニアルバム収録バージョンはチェロのピチカートが
きめてなので、クラシックな雰囲気があるが
ライヴはボサノバ的。



有希さんのバイオリンが、しなやか。


ミニアルバムのバージョンでは
ヤマカミヒトミさんが吹くフルートが
担っている「歌とよりそう」パートを
ライヴではバイオリンでやってもらっている。


そして「記憶の海」。今回のこの曲は
<広い海>だった。



MCをはさみ、「青い月」。
瑞希ちゃんの歌、私のピアノ、有希さんのバイオリンの
3つの要素がうまく溶け合い、刺激を送受信しながら
その場でしか出せない物語を紡げた気がした。


この歌での瑞希ちゃんのパフォーマンスは
圧巻だ。


「今夜、シマに生まれたことを誇りに思う」は
ASIVIでのライヴバージョンとは少し変えて、トマルくんの
カホンからスタート。

お客さんにとても熱い手拍子をもらい
この曲がより熱くなった。




ラストは「TSUMUGI」。


あっという間だった。



うちらの後は中孝介くん。
各地(アジアでも)でコンサートで
まわってきた自信を感じさせるパフォーマンスだった。



イベント終了後、ロビーに出ると
たくさんの人たちが「TSUMUGI」を手にもって
びっくりするくらい長い列を作ってくれた。
ありがとう〜。

瑞希ちゃんと一緒にサインをさせていただいた。


観に来てくれた皆さん、ほんとうにありがとう!



amanyu.jpg
左から、瑞希ちゃん、トマルくん、私、有希さん。



4人とも血液型は「O型」ということが判明。


この4人でツアーをまわりたい。
日本だけじゃなく世界も。
posted by ハシケン at 12:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あまん夕後篇 ふるさと
Excerpt: 昨日に引き続き「あまん夕」のおはなしです。 「うたひめ」でご紹介した中村瑞希さんの「今夜、シマに生まれたことを誇りに思う」は、このイベントの主催であるディ!ウェイヴの代表の方の言葉をきっかけに生..
Weblog: ことの葉暦
Tracked: 2009-03-23 16:19