2009年07月16日

分け入っても分け入っても・・・

昨日今日は、今週末奄美で行われる
皆既日食イベント「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ!!」の
ための長時間リハーサル。


バイオリンの有希さんとパーカッションの
トマルくんと共に、3人で音を作り上げていく。



なぜかここ数日思い出していたのは
種田山頭火の


分け入っても分け入っても青い山



という句。



20代の頃、よく持ち歩いていた本が
3冊ある。


1つは、山頭火の句集。
1つは、国語辞典。
もう1つは、藤原新也さんの
「藤原新也の動物記」。


国語辞典は、わからない言葉が
あった場合、すぐに調べるため。



「藤原新也の動物記」は
話自体も面白いが、藤原さんが描く
挿絵が素敵で、よくながめていた。






山頭火のシンプルで
そして「歌ってる」感じ(私にはそう思える)
スタイルが好きだ。


文字数が少ないからこそ
イメージをふくらますことができ
いわゆる定型でないところから
「親近感」を増幅させる。


私が今、歌詞を書いている上で
あきらかに影響を受けている人のうちの1人。



自分も含めた人間のずるかしいことや
愚かなことも、みんなひっくるめて
わかった上で、ぽろっとこぼれ落ちた言葉。


弱っちぃし、情けない。



でも旅を続けることで
心が解放されていく姿が
少ない言葉の中から伝わってくる。



ふと句集のページをめくってみた。


そこに今の私の頭の中を
言い当てた句を発見!




何が何やらみんな咲いてる(種田山頭火)




明日(日付的には今日!)16日
鹿児島経由の飛行機で奄美入り。



奄美からも
このブログ「シェフ・テゲ」(略してみた)を
更新しようと思ってます。


お楽しみに〜!!



posted by ハシケン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック