2009年10月19日

大阪→岡山。

☆10/17
大阪城音楽堂に着くと楽屋に中村瑞希ちゃん、
吉原まりかちゃん、奄美ASIVIのフモケンさん、
みっちゃんが待っていた。

久しぶりに会えた人たちがたくさんいた。
大島保克さん、ジョニー宜野湾さん、
我如古より子さん、そして大城クラウディアさん
などなど・・。

司会で来てたガレッジセールのゴリさんとは
初対面だったが、私の沖縄民謡の師匠・照屋政雄先生が
ゴリさん初監督の映画「南の島のフリムン」に出演してる
こともあり、政雄先生のことでひととき盛り上がって
話すことができてうれしかった。

南の島のフリムンHP
http://www.furimun.jp

予定より25分おして、まずはまりかちゃん、瑞希ちゃんが
「マリカミズキ」としてシマ唄を2曲演奏。
琉球フェスティバルという「沖縄」のイベントの中、
奄美のシマ唄が独特の輝きを会場に放っていた。
そして満杯の客席を魅了していた。拍手が大きい。
2人の唄は、ほんとうに素敵だった。

まりかちゃんと交代する形で私がステージへ。
「中村瑞希&ハシケン」として「TSUMUGI」を演奏。

後奏が終わり、音がなくなった後のとてつもなく大きな
拍手は忘れない。震えた。

私は楽屋口に待っててもらったスタッフの車で
新大阪駅へ。奇跡的に何とか乗りたい新幹線に乗れて
岡山に約45分で着いた。

そこから会場の城下公会堂へ急行。

名古屋から直接岡山に先に入ってた
有希さんとすぐにリハ。ホッとする。

リハ後「美寶(びほう)」というお店でぞうすいを食す。
うまい。とろとろ〜。

「ショーロクラブ “トリロジア” 西日本ツアー」@岡山。
ハシケン×江藤有希は、6曲で約30分
オープニングアクトとして演奏。

ハシケン×江藤有希を初めて聴く人たちばかり
だったが、皆さんじっくり聴いてくれていて
曲が終わるたびに温かな大きな拍手やかけ声。
うれしい。
特に後半の「美しい島(くに)」と
「扉」が客席と共鳴できた気がした。

そして結成20年を迎えたショーロクラブの演奏が
見せる映像は様々。
緩急が気持ち良い選曲とふくよかな音色。
3人のそれぞれのグルーヴが見事に集結していた。
MCは無政府状態(笑)。素敵です。

アンコールラストに私の「赤い実」を
「ショーロクラブ+ハシケン×江藤有希」で演奏。

ステージそして会場が何とも言えない至福感に
包まれてた気がした。素晴らしいミュージシャンの
人たちと演奏できるのは、ほんとうに幸せ。

打ち上げでショーロクラブの3人のキャラの立ち方に
あらためて感動。かなり笑わせてもらいました。

会場の城下公会堂、良き空間。
またぜひ来たい。

ショーロクラブHP
http://www.players.ne.jp/~choro/
ハシケン×江藤有希・公式ブログ『ドルチェ・ベツばら』
http://blog.excite.co.jp/dolcebetsu


posted by ハシケン at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
短いライブ時間でしたけど
いやー濃厚ないい内容でした。

もう
江藤さんお気に入り(笑)ですよ。
Posted by べっち at 2009年10月19日 19:01
とても素敵なライブでした!
ショーロクラブ目当てで、行ったのですが、はじめて聴く、ハシケンさんの歌声と歌詞に魅了されました。同年代なので、かなりしみましたよ〜。おまけに、琉球も大好きですし。。。
最近の車の中のBGMは『青い月』です。かっこいい!しまいこんでいた感情が呼び起こされる感じ。
ライブ最高でした。また、聴きたい・・・。
Posted by ,ナポレオンフィッシュ at 2009年10月23日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック