2010年01月05日

2010年もすでに

1月5日ですね。

喪中につき新年の挨拶は
控えさせていただきますが
皆さん、今年も
よろしくお願いいたします!

昨年後半からいろいろと企画していたことが
つぎつぎ具体的になりつつ、それを横目に
もう少し先のことをまた企画する。

私とあの人とあの人が
合わさるとどんな相乗効果が生まれて
どんな熱を発するのか・・。
考えただけでテンションが上がり眠気も
ふっとぶ。

デビュー日の12/16まで
良いテンションを持続させたい。

ハシケン×江藤有希の
ミニアルバムが完成間近。
ジャケットのデザインも
ほぼ固まり、音の方も最終段階です。
あと、もう少し。

浜野くんから「在日ファンク」
「Newday」のアルバムが届いた。
まだ聴いていないがジャケットを
見るだけでも良い刺激になる。
油断して聴きたい。

2月のSaigenjiとのライヴ用に
Saigenjiと一緒に作り上げようと
思っている共作曲用の「種」ができてきた。
もうすこし私の中で育ててから
Saigenjiに聴いてもらおう。

昨年ピアノを弾く機会が多く
ピアノの演奏というものに
ある意味「目覚めた」1年だったけど
今年はまた更に上を目指したい。

正直、誰か先生につきたい、とも
思っている。

今年は海外でも歌いたい。

また行こう行こうと思いつつ
時間が経ってしまったパリには
行きたいなぁ。

あと私にとってとても縁の深い2つの土地
「北海道・常呂」と「奄美」の人たちが
どうにか良い感じで交流できないかと考えている。


今年も皆さんにとって
素晴らしい年になりますように!


posted by ハシケン at 04:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう今年も5日目ですね。
ハシケンさん、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
サイゲンジさんとライブされるんですね。
ちょうど名古屋ライブ(×江藤さん)で聴いた「風の轍」が心に残っていて、
サイゲンジさんのアルバムを買いたいなあと、思っていたところでした。
江藤さんとのアルバムも楽しみだし、サイゲンジさん本人のも聞いてみたいです。
名古屋でも、ぜひ一緒にライブをやってほしいです。
Posted by きみえ@岐阜 at 2010年01月05日 10:38
今年もよろしく
お願いいます。

有希さんとのアルバム
楽しみです。

そしてあこがれの奄美で
ハシケンさんの
歌を聴いてみたいですね〜。

どこか
地元ではない場所で
ハシケンライブを
経験してみたいわ。

Posted by しーやん at 2010年01月05日 12:26
ハシケンとSaigenji。
この日が来ることを予感しておりましたとも。

なんたって、この人には国籍がない。
(もちろん本当はあると思いますけども)
ヴォーカリスト、ギタリスト、パーカッショニスト、
どのワクでも収まりきらない。
つまり、私の大好きな表現者の一人であるわけです。

そして、ハシケン、ピアノ上手になりましたよね。
(あ、自分はネコフンジャッタが弾けませんけども)
男前でグッときてしまいます。
勝手な妄想ですが、端正な音を目指してくれたらいいなぁ。

今年もどんどん進化してくださいね。
(言われなくても、するだろうけども・笑)

楽しみにしています。
Posted by ハケン at 2010年01月05日 20:14
有希さんとのアルバムがもうすぐ聴けるのは楽しみです。

ボクが暮らす北海道・常呂は、太古の昔から人の営みのあった流氷南限のパラダイス。
今夜から7日まで暴風雪の予報。陸の孤島になるのだろうか。ちょっと、心配。

新聞屋のおっちゃんは、2010年元旦の夜明け前のオホーツクの海を照らすお月さんを見上げていました。

この月が照らす海の光は流氷を生む北の海とつながり、そして奄美の海にもつながっている。そんなことを考えていました。

奄美の人たちと、どんな出会いを作ろうか。
まずは瑞希ちゃんに来てもらおうか。

ハシケンさん、今年も楽しみに待っています。


よ。
Posted by ウラニシ at 2010年01月05日 20:48
手を繋いでいこう♪なんだか歩きたい・・
朝になるまでは、かなり時間がある♪

この歌がいま、口からこぼれました。
常呂は今
外を歩くにはかなり寒いけれど
ハシケンさんの歌を思い
写真でしか見たことのない奄美の海をおもい
寒さで縮まった身体がふと緩んでいくようです。

今年も素敵な時間を・・

お待ちしています。
Posted by shinya at 2010年01月06日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック