2010年03月30日

コントレイル、山形。

☆3/27
山形は雪の予報。
でも途中まで晴れ間もあり、
予報ははずれたかと思いきや・・。

山形駅には今回のライヴの主催者、
山形ブラジル音楽普及協会(通称・山ブラ)の
会長夫妻に迎えていただく。

お2人に会うのは数年ぶり。
以前、山形での私のライヴを観ていただいたことがあり
会長の名刺をいただいていた。
そして昨年、有希さんがコーコーヤでやはり山ブラが
主催したライヴで山形を訪れた際、ハシケン×江藤有希の話が
出て、今回の"コントレイル"ツアーでの山形行きが決まった。

と簡単にさらっと書いてしまったが、有希さんと会長夫妻とが
綿密な打ち合わせをしたおかげで今回のライヴが実現した。
感謝。

山形に着くと雪が舞い降りて来た。
予報はあたっていた。
会場入りまで時間があり、まずは蕎麦!
「竹ふく」というお店。
TS3R00220001.jpg
しょっぱなから、うまい。
やられてしまう(笑)。

その後ホテルに一旦入りリハ。
会場の瑳蔵(さくら)は、蔵を改造したカフェ。
天井が高く気持ち良い。
リハが進むに連れ、音が整っていく。

ライヴは「さぁ始めよう」からスタート。
途中軽く休憩をはさんだ2部構成の約2時間。
アンコールの「ソウル」まで
集中力が全く途切れることがなく
私も有希さんも演奏できたように思う。
お客さんの「聴く」集中力も最後まで
途切れなかった。

ライヴが終わったあと、心地よい疲労感が
やってきた。

ライヴの後は台湾料理「ニーハオ(本当は漢字だが誤変換する
可能性があるのでカタカナ表記にした」にて打ち上げ。
TS3R0028.jpg
「ニーハオ」がある一角。
いやぁ〜ここでもやられる。うまい。

翌日も会長夫妻に天童市にある「吉里吉里」という
お蕎麦処に連れていっていただく。
TS3R00230001.jpg
蕎麦のフルコース。写真を撮るのを忘れてた。
蕎麦だけではなく、寄せ豆腐や天ぷらなどなど絶品揃い。
ここまで来ると言葉も出ない。素晴らしい。

そして、しめに「Cafe Espresso」
TS3R0031.jpg
「Cafe Espresso」へ通じる道。右側がカフェスペース。

「Espresso」でエスプレッソを飲む。
国鉄時代の貨車を改装したカフェスペース内には
どこかどきっとする置物などなどがあり、観ていて飽きない。
気持ち良い時間。

山形に到着してから24時間以内に、おいしいものばかりを
堪能させていただいた。

充実の山形。
会長夫妻に連れていっていただいたお店はどこも素敵だった。

いろんな出会いが、新しいつながりを生むことを
改めて感じることができた山形ライヴだった。

山ブラ会長夫妻を始め、スタッフの皆さん
今回のライヴの告知を精力的に毎日行っていただいた
山形VigoFMの皆さんほんとうにありがとうございました!

そして会場に足を運んでくれた、たくさんの
皆さん、ほんとうにありがとうございました!



posted by ハシケン at 11:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次はいよいよ石垣島なんですね こちらに住んでからずっとハシケンが来るのを待ってました  ほんとーにうれしいです ああ 待ちきれないですよー
Posted by いしがきのさく at 2010年03月30日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック