2010年05月02日

アリスとのだめ

映画「アリス・イン・ワンダーランド」と
「のだめカンタービレ最終楽章後編」を観た。

ティム・バートン監督とジョニー・デップというコンビ。
映画「アリス・・」もいろいろと楽しめたが、個人的な好みでは
同じコンビの「チャーリーとチョコレート工場」の方が
好きだ。

「のだめ・・」は原作マンガを全部読んでいるので
原作との違いも楽しめたし、実際にフランス等で
撮影したオーケストラのシーンもしっかりマンガ的
豪華さがあり面白かった。

私のようなクラシックの素人から観ても
クラシックの各曲の成り立ちや作曲者の作曲当時の状況と
キャラクターの心情をうまく絡ませていてわかりやすかった。
クラシックの原曲も聴きたくなるしキャラにも感情移入
しやすくなっていたと思う。

アフロヘアーのパーカッショニスト・ますみちゃんの
出番が少ないのが、ちょっと残念(笑)。


posted by ハシケン at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック