2010年05月26日

コントレイル、秩父。

☆5/22

前日の「フルスイング・セッション」の
余韻と疲労(笑)を体につめこんだまま秩父へ。

有希さんを西武秩父駅に車で迎えに行き
ぐるりと秩父をまわりホンキートンクがある
皆野町へ向かう。

ホンキートンクに着くと
マスターの鈴木さん(私はまーちゃんと呼ぶ)、
音響をいつも担当してくれる近藤さん、
オープニングアクトを務めてくれる
ちえさんが笑顔で迎えてくれた。

早速、サウンドチェック。
声がすぅーと出た。安心。
私は声(喉)の調子が良ければ
気分も良い。単純だ。

マイクの相性やモニタースピーカーから
聴こえてくる自分の音、有希さんの
ヴァイオリンの音をじっくり確かめていく。
良い感じ。

まずはちえさん。
ちえさんは私の「凛」をカバーしてくれている。
以前、打ち上げの席で「凛」を歌ってもらったことがある。
ちえさんの「凛」になっていたのでいいなぁと思った。

オープニングアクトとして3曲。
「凛」は歌わなかったが、しっかり
場をあたためてくれた。客席の拍手も
大きかった。

そして、ハシケン×江藤有希。
「くっついてたい」から。
暗い客席の中に何人か小・中学校のときの
同級生の顔、中学校のときの担任の先生(今は校長を
務めている)の顔が見えた。
同級会や私の父の葬式で顔を合わせたものの
私のライヴを観るのは初めての人たち。
どんな気持ちで観ているんだろうと思うと
こみ上げるものがあった。

ステージ上でも自分の感情に素直にいたいと
常々思う。
でもあふれてきてしまう感情に身をまかせ
涙声になって歌うのはあまり好きではない。

前日の「フルスイング・セッション」とは
また別の「崖っぷち」にいた気がする。

「凛」や「美しい島(くに)」の中に
特別、故郷の秩父を感じたことは今までなかった。

でもホンキートンクに向かう途中に通った
父親との思い出の場所や山や川に恵まれた
この土地こそ、「凛」の中で書いた「生まれ遊んだ土地」
であり、「美しい島(くに)」の中で書いた「この景色を
忘れずにいたい」土地だと今回強く思った。

すべての曲で有希さんのヴァイオリンが
輝いていた。その音を感じて最後まで
気持ちよく歌いきった。

終演後、幼なじみが「初めて生で聴いた
ヴァイオリンの音に鳥肌が立った」と言っていた。
そんな感想を言ってもらえて、ハシケン×江藤有希として
秩父でライヴをやれて良かったと思った。

地元の人たちだけではなく、各地からも
足を運んでいただいたみたいでめちゃくちゃうれしかった。
ほんとうにありがとう!!!

またホンキートンクでライヴがやりたい。
感謝。


明日27日(木)からハシケン×江藤有希"コントレイル"ツアーの
ラストを飾る北海道ツアーが始まります。
北海道の皆さん、ぜひ会場でお会いしましょう。
詳しくは
http://www.myspace.com/hasikenxetohyuki













posted by ハシケン at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ハシケン×江藤有希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック