2010年08月01日

『ハシケンmeets伊藤大地』(ゲスト:ハマケン)

☆7/29

前日までかなりの猛暑だったが、雨が降り少し
涼しくなった。

ハシケンデビュー15周年記念ライヴシリーズは
雨の日が意外と多い。

渋滞に巻き込まれ予定より30分遅く代官山に到着。

浜野くんはすでに会場入りして音出しをしていた。
大ちゃんは私より少し前に到着。やはり渋滞に巻き込まれてた模様。

リハーサルは、チェックする曲と全くしないで本番に臨む曲を
はっきりわけて進めた。
新鮮味を失わないためだ。
リハ・スタートは遅れたが、開場前には無事終了。

晴れたら空に豆まいて近くのカフェで軽く食事。
開演直前に戻った。

1曲目は「乳のみほせ」。
前日のリハでこの曲を1曲目にすることを決めた。
私と大ちゃんの2人だけでこの曲が演奏すると決めただけで
テンションが上がった。

終わり方だけが決っていて、あとは全く決めずに曲が進んだ。
原曲の「乳のみほせ」にはないコード進行と
アプローチで私も大ちゃんも1曲目から飛ばした。
曲が終わった後の拍手で、このライヴが良いスタートを
切れたことを感じた。

2曲目は「テーゲー」。1曲目とは全く違うゆる〜いテンション!
大ちゃんは手ドラム。
「今日もよろしくね」「くっついてたい」と続けたがこの2曲も
いつもと感覚が全く違った。

そして「風の轍」。ハシケン×江藤有希として録音もしたし
ツアーで何回も演奏してきた曲だがドラマーとのデュオは、
新鮮なものになった。

その後、浜野くん登場。
ハシケンハマケンの曲を中心に進めていった。
「たったひとつ」からスタート。
浜野くんとステージに立つと、どうも話が長くなる(笑)。
浜野くんが「そろそろ曲に行きましょう」というサインを
出しているのにもかかわらず、つい話が長くなってしまう。
これは昨年のハシケンハマケンのツアーで培ったものだ。と思う・・。

途中、浜野くんのために書き下ろした新曲
「僕は俳優として生きていきます」も初披露できた。

浜野くんは、テレビ東京系で今放送中の「モテキ」という
マンガを原作にしたドラマに出演中。(浜野くんは7話からの
登場で現在3話放送済みなのでもう少し、浜野くん登場は
待たなくてはいけない)
このタイトルは仮だったが、浜野くんもこのタイトルで良いと
言ってくれたので、このままにした。

トロンボーンも吹けて俳優もできて、だんだんと彼は
谷啓さんの道を歩んでいくのだろうか?

私のフルバンドで以前演奏したことのある「風をくらえ」も
3人でやった。大ちゃんのタイトなドラム。浜野くんの
おおらかなトロンボーン。気持ち良かった。
今後のこの曲の方向性を決めた演奏になった。

浜野くんが入ってから3人でいろいろ話していろいろ演奏したが
あっという間にラストの曲「タカラスカ」になっていた。
この曲ってこんな曲だったっけ?ってやりながら思っていた。
「進化」というか「珍化」というか、大ちゃんと浜野くんに
はさまれ、私は吹き出しそうになっていた。

「タカラスカ」で歌も歌った浜野くんを送り出し
ほんとうはアンコールとして用意していた
「てっぺん」を大ちゃんと2人で。
1曲目の「乳のみほせ」と同じようなテンションが帰ってきた。
つづけて本編ラストは「セッション」。
このときには私も大ちゃんも頭で何も考えてなかったと思う。
体の動くままに演奏していた。

アンコール1曲目は、大ちゃんと2人で「窒息金魚」。
間奏のメロディーは大ちゃんの口笛でやってもらった。

そして浜野くんを呼び込んで3人で「十津川」。
この曲は映像作家・河瀬直美さんが撮り下ろした映像に
つけるために作曲した曲だが、大ちゃんのドラムと口笛が気持ちよく絡んだ。
浜野くんのトロンボーンにもよく合っていた。

大ちゃんは高校時代に私の1stアルバム収録曲を友達と一緒に
カバーしていたらしい。約15年経ちその中の曲をステージで
初めて一緒に演奏した。こういうこともあるんだなぁ。

大ちゃんは私より12歳下、浜野くんは14歳下。
2人はSAKEROCKを中心にグッドラックヘイワや
在日ファンク等もやりいろんな人たちとも共演してる。
その経験値が今回のライヴに集約されていた気がした。

私はライヴをやってる最中、無我夢中であまり実感がなく
一瞬一瞬にただ集中していた。
終わって時間が経ってみてやっといろいろと感じることができた。
今までに体験したことがない面白味があり、いっぱい勉強にもなった。
企画して良かった。

今回のライヴ、目撃してくれたたくさんの皆さん
ほんとうにありがとう!!


追伸・
9/11(土)に私が観光大使を務める奄美大島で
SAKEROCKとの対バンライヴ『ハシケンmeets SAKEROCK @AMAMI』が決定!
私は6人編成でドラムは伊藤大地、トロンボーン浜野謙太。
まだ奄美に行ったことがない人は特にぜひこの機会に!!

詳しくは、http://www.hasiken.com/live/


追伸2・
ハシケン・デビュー15周年記念ソロツアー、京都と岐阜が
決まりました。

10/15(金)京都・パーカーハウスロール
10/17(日)岐阜・高橋商店

詳しくは近々発表します!

posted by ハシケン at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック