2013年12月27日

映画「千年の愉楽」奄美初上映会。

12/20(金)

あまみエフエムの夕方の番組に
中村瑞希ちゃんと一緒に生出演。

「千年の愉楽」上映会の告知をしました。

image.jpg

その後
瑞希ちゃんとリハーサル&打ち合わせ。


12/22(日)
奄美大島の龍郷町にあるりゅうゆう館に
入り、打ち合わせした後、奄美空港に
俳優、井浦新(いうら・あらた)さんをお迎えに。

新さんとは、6月の沖縄・桜坂劇場での
「千年の愉楽」上映会+舞台挨拶の際、
(詳しくは6/27のブログ http://hasiken.seesaa.net/article/367548273.html
お会いして、奄美での上映会をぜひ実現しましょう!ということになり
何回も連絡を取り合い、今回の上映会に来ていただくことが
現実のものになり、新さんが空港に現れたときは、
この日を無事迎えられたことを心からうれしく思いました。

そして、
会場のりゅうゆう館に戻り、瑞希ちゃんと
サウンドチェック。

広いステージ・客席に、瑞希ちゃんの声が
響き渡り気持ちよかったです。

開場30分前に新さんは最後の呼びかけのため
あまみエフエムのサテライトスタジオがある
末廣市場へ向かい、ゲリラゲスト出演!
素晴らしい行動力。


無事、開場。
開演に先立ち、まずはあまみエフエムの私の番組の
相方でもある丸田泰史(まるた・たいし)から
開演のご挨拶。

そして映画「千年の愉楽」の奄美初上映がスタート。

私もステージの袖で、6月の沖縄以来半年ぶりに
鑑賞しました。

沖縄で観たときとまた違った感覚があり、
寺島しのぶさん演じるオリュウノオバの雰囲気も
少し違って観えました。不思議なもんですね〜。

変わらなかったのは、高岡蒼佑(現在は、奏輔)さん演じる
「三好」が、とても気持ちいいこと。
高岡さんと三好には全く隔たりがなく、三好って
こんな茶目っ気がある感じなんだろうなぁと
すぅーと引き込まれる感じ。

映画上映の後、中村瑞希&ハシケンのライヴ。

まずは瑞希ちゃん1人で、映画のために書き下ろした
「うたかたのうつしよに」をアカペラ。そのまま
シマ唄の「糸繰り節」。

糸繰り節も映画に使われています。

そしてその後、私が加わり「青い月」。
実は「青い月」がこの映画の中で流れてもいいんじゃないか、という
話になり「候補曲」の1つになっていた時があった、という
エピソードを話してから、ピアノのイントロを
弾き始めました。

大島紬を着て歌う瑞希ちゃんを斜め後ろから
時折観ながらピアノを弾きました。

ライトに照らされながら、歌う瑞希ちゃんの立姿、
会場にしみ込んでいく声。

何とも言えない至福感がありました。

ラストに劇中、エンディングで流れる「バンバイ」。
映画の中では三味線バージョンが流れますが、
元々、若松監督に初めて聴いていただいた
ギターバージョンを演奏しました。

ライヴ後、
司会の丸田泰史が加わり、新さんを呼び込み
トークショー開始。

新さんがステージに入ってきた時、
客席の雰囲気が一気に変わりました。
ものすごいオーラでしたね。
さすがです。

新さんを中心にトークショーは進み
最後に質疑応答コーナー。

以前から新さんが出演されている作品を
たくさん観ていると思われる男性から
「是枝監督と若松監督の演出の違いはどこですか?」という
質問にも、しっかりと新さんが答えていました。

トークショーの後、ロビーで
パンフレット、サウンドトラックCD等を買っていただいた方に
サイン&握手会。
たくさんの方にご購入いただき、長い列になりました。

ご来場いただいた皆さん、
ほんとうにありがとうございました!!!

image.jpg


いよいよ、2013年も残りあと少しですね。

今年は、3ヶ月ごとにツアー行い、
「千年の愉楽」の公開、音楽を担当する河瀬直美監督の新作
「2つ目の窓」の撮影に立ち会い(これからが製作の本番ですが)、
台湾のミュージシャンの人たち、念願だったフランスのシンガーソングライター
「テテ」に会えたり、おすぎさんのラジオ番組に出演できたり・・・。

色々と濃い1年でした。

各ライヴ会場に足を運んでいただいた皆さん、
ほんとうにありがとうございました!

来年もまたどうぞ、よろしくお願いいたします。

来年一発目のライヴは、
2/1(土)奄美大島にて
「ハシケン+太田惠資スペシャルDUOライヴatASIVI」です。

ぜひ!全国からいらして下さい。

お待ちしております。


皆さん、良いお年を!








【関連する記事】
posted by ハシケン at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 千年の愉楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック