2007年06月30日

『Hug』with ケイソン

440に着いたとたん雨がぽつりとやってきた。

ケイソンは私より先に着いていた。
人なつっこい顔は相変わらず。良い笑顔。

ライヴは友部さんとの共作「風の吹く日には」から
スタート。リクオさんの「ソウル」を続けた。
「空へ」を歌いケイソンにバトンタッチ。

うたはその人の経験を映す鏡だ。
ケイソンのうたの心地よさはこの男の心地よさ。

ケイソンが1人でギターをかき鳴らし歌っている
アルバム「アコースティック・サーカス」の中の
曲を中心にセッションして遊んだ。
私の曲では「くっついてたい」と最近の新曲2つに
ケイソンに参加してもらった。

3曲とも楽器を変えて入ってくれた。
トランペットも持ってきてくれたけど
今回は出てくるチャンスがなかったようだ。
ペットはまたの機会に。

私はギターとピアノでけっこう絡めたので
気持ちよかった。Hugではメインであるのと
同時にバイプレイヤーに徹することができるので
うれしい。

またどこかでいつか遊ぼう、ケイソン!

さて、8月の『Hug』のゲストは
今年4月末に広島・横川シネマ!!で初共演を
果たした二階堂和美さんの登場です。
お楽しみに!




posted by ハシケン at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜☆
ハシケンさんの新曲もケイソンさんのみどりのパンツでしたっけ?もとっても良かった〜♪
とってもゆったりとした心地良いライブありがとうございました。

Posted by しーちゃん at 2007年07月01日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック