2019年02月14日

ユタ神さま。その1

先日の「つむぐうた」の翌日、Hello!New新居浜FMに生出演した際メロディ替えのビートルズカバー「Yesterday」をウクレレで弾き語りした。うれしいことにその時のパーソナリティの方から「低音の歌声が素敵ですね。」と言われた。低い声を自分でしっかり意識して歌うようになったのは奄美のユタ神さま・栄さんにお会いしてからだ。

奄美や沖縄にはユタ神さまと呼ばれる方たちがいる。「ユタ」は民間の霊能者(霊媒師とも言えるかなぁ。そこの線引きは難しい・・)。霊能者といっても決しておどろおどろしいものだったり眉唾なものではなく、進路に悩んでいたり人付き合いや恋愛のことや家を建てるならいつ頃?など相談したいことがあればそれを「どうしたらいいのか、いつがベストタイミングなのか」等アドバイスをもらいにいく感じ(とても重い内容の相談をしにユタ神さまに会う人もいると思うけど)。

私がお会いしたことがあるユタ神さまは奄美のお2人。阿世知さんという男性と栄さんという女性。どちらの方のところにも、奄美に初めて私を呼んでくれて以来お世話になっている麓憲吾(アーマイナープロジェクト代表・あまみエフエム理事長)が連れて行ってくれた。阿世知さんにお会いしたのは初めて奄美に行った時だった。ちょうど私のおじいちゃん側のルーツがどこから来ているか興味があった時でそのことを阿世知さんに訊いてみた。沖縄民謡を習ったり奄美に「ワイド節」が縁で来ることができるのは、もしかしたらルーツがはっきりしていないおじいちゃんの先祖が南方から来た可能性がありそのことが遠因になり沖縄や奄美との縁が繋がっているのかも、と思ったからだ。おじいちゃんの元々の苗字は婿入りのため「橋本」ではなく「三木(みつぎ)」。その苗字のことを阿世知さんに話すと「その苗字は奄美にもありますね」と答えた。その時はまだユタ神さまの「力」をまだよくわかっていなかった。(明日につづく)

sea sky.JPG
posted by ハシケン at 23:12| Comment(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: