2019年05月02日

誰が住んでるかわからない家。

小学生の頃、実家から歩いていけるところに樹々が鬱蒼と茂りそのまま歩き続けたらどこまで行けるかよくわからない不思議なエリアがあった。そこに同級生と一緒に行きカブト虫とか取ったりした。その森のような場所に一軒の誰が住んでるかわからない家があった。

誰かが住んでるようで、でも住んでる人を見たことがない。。古い家だけど手入れをしてるようで「しゃんと」していた。今から思うと周りは椎茸を作ってると思われるような短い木がいくつも立てかけてあり、誰かが出入りしているのは確かだった。

何度もカブト虫とかをそこに取りに行ったが結局その家から人が出てきたり、そこの人と思われる人と出会わないまま私もいつしかそこに行かなくなった。

家は人が住まなくなると周りを蔦が覆いつくしたり、雑草がどこまでも高く生え「自然」の中に取り込まれたり、勝手に朽ちてボロボロになったり。あの「しゃんと」していた家にはきっと誰かが住んでいた。まだあるのかなぁ、あの家。

この方は、家を背負いかぶりながら生きている。
shell home.JPG




ラベル:カブト虫
posted by ハシケン at 23:17| Comment(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: