2021年12月26日

リクオさん『ひとつ』へのコメント。#02

ハシケンの新譜を聴いた。

歌に身をゆだねるうちに、心が鎮まってゆく。
生者のための鎮魂歌のよう。

潮の香りや風のにおいがした。
何か大きな存在、天と地に
抱かれているような懐かしい心地よさ。
空の向こう、あの世とこの世、
過去現在未来、すべてに繋がってゆく感覚。

心と体が一つになって
大切な何かを思い出してゆく。
ハシケンは歌の媒介者だと思った。

我を超えて、ただただ歌と音楽に
身を捧げた素晴らしいアルバムです。

リクオ(ミュージシャン)
posted by ハシケン at 00:00| Comment(0) | 『ひとつ』への素敵なコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: