2018年10月04日

ハシケントリオ3rdCD全国発売スタート!!!

hasikentrio kimitoitara jacket.jpg
いえーーーい!ハシケントリオ3rdCD「きみといたら/渇れない華」全国発売スタートしました!
☆Amazon https://goo.gl/ffcx9M ☆タワレコオンライン https://goo.gl/AgdQ7P


【ぜひ!】
ハシケントリオfeaturingハマケンでのタイトル曲「きみといたら」は今までハシケンやハシケントリオを聴いたことがない人たちにも届けたいので皆さんが普段よく聴いているラジオ番組やその番組コーナーなどにぜひぜひ「きみといたら」をリクエストしてください。

販売元レーベルから「きみといたら」のCDを送ってある局は・・・ニッポン放送、富山エフエム、K-MIX 、α-STATION、FM802、広島エフエム、crossfm、南日本放送、あまみエフエム、エフエム愛媛、J-WAVE(順不同)。局にCDがない場合はレーベルからあらためて送ってもらうのでここにコメントしてもらうか、info@hasiken.com に件名「きみといたらを送って欲しいラジオ局」と書いて本文にラジオ局名を書いてくださいね。

☆今回ジャケ写に使った刺繍作品とジャケットのデザインは私が担当。名古屋在住アーティスト、タナ・カミオさんがやっていた服の刺繍に感動し、そのあとたまたま見た近鉄電車の中吊り広告で知った奈良での「糸のみほとけ」展覧会の写真に魅せられ、やったことないのに刺繍基本セットを購入、Youtubeの刺繍基本ステッチを見ながらほんとに簡単なステッチだけを覚え8月のツアー中いきなり刺繍開始(笑)。この作品は私にとって刺繍2作品目。

IMG_7203 2.jpg
9月のリリースツアーの物販コーナーに元の刺繍作品飾りました。大好評でうれしかった!

IMG_7351.jpg
恥ずかしながら公開(笑)これが記念すべき私の刺繍第1作目!練習した基本ステッチと試しパンダ。


☆収録曲について


01 きみといたら
今、特に俳優業がとってもいそがしくて(CMやドラマ、映画始め、ここ最近だとNHK大河ドラマ「西郷どん!」、10月1日から始まった朝の連ドラ「まんぷく」にも)かなり大変なスケジュールの中、浜野謙太くん(ハマケン)がトロンボーンで参加してくれました。

この曲が形になったのは昨年の暮れ。今年に入ってからデモ作りが始まりアレンジがだんだん決まっていく中でメインのメロディを奏でるのは浜野くんのトロンボーンしかない!と思うようになっていき、2月の奄美での「ハシケンたんじょうび五十祭!」の直前には沖縄で『ハシケントリオ』でスタジオ入り。大ちゃん(伊藤大地)のドラム・口笛、ガチャピン(上地gacha一也)さんのウッドベースと私でベーシック録音。そこからが長かった・・・(笑)。でも浜野くんのスケジュールを待った甲斐があった!!浜野くんのトロンボーンの録音は8月10日。ついこの間のこと!浜野くんのトロンボーンはSAKEROCKでの演奏を観てたり聴いたり、一緒にやってる「ハシケンハマケン」での共同作業の経験からあの音色でしか表現できない世界観があるなぁってかなり前から思ってて。独特の温かみ、ちょっととぼけた軽さ。今回「きみといたら」で作りたかった雰囲気に予想通りいやそれ以上の音を入れてもらいました。このCDの共同プロデューサーの盟友・河村博司さんの自然でしかも粋なエレキギターワークも必聴です。9月のツアーでは河村さんを加えた4人でのハシケントリオで「きみといたら」を演奏したけど、いつか浜野くんをゲストに呼んでライヴやりたいなぁ。

☆「きみといたら」試聴とエピソード



02 渇れない華(かれないはな)
この曲も「きみといたら」と同じように形になったのは昨年暮れ。編成はハシケントリオ+河村博司。タイトで「間」が大きくあるビートに私が聴いてる人のすぐ近くにいるような歌を入れたらどうなるんだろうと色々探求。「きみといたら」とはまるっきり違うラブソングだけどこの曲も紛れなくハシケントリオの世界。大ちゃんのドラム・ガチャピンさんのウッドベースが今までトリオで出してきてものとはまるで違う「熱」のあるクール。間奏から突然姿を表すエレキギターは私がリクエストしたことを全部受け取ってくれた上でしっかり自分を出してくれる河村さん。さすがです。「きみといたら」とはギターアプローチがまるで違ってて素敵。私がミックスを担当。いろんな仕掛けしてます。イヤホンやヘッドホンで聴くとまた世界が広がると思いますよ!ぜひー。


03 サラババラライカ(ライヴ)
2月の奄美での「ハシケンたんじょうび五十祭!」のライヴから。編成はハシケントリオ+河村博司。曲はじめの大ちゃんのドラムが鳴った瞬間テンションがMaxになる!ハシケンmeets伊藤大地の1stCD「ミチル」の1曲目を飾る曲は今やハシケントリオのライヴの定番曲。ハシケン大地のバージョンにはベースが入ってないけどハシケントリオになってガチャピンさんの浮遊するようなベースが加わることによってこの曲は新しい命を吹き込んでもらった気がする。この時のライヴ映像を使って私が編集したMVをアップしてますよ↓ぜひぜひ。



原曲収録CD
http://www.hasiken.com/disc/michiru/


04 ケモノミチ(ライヴ)
2月の奄美での「ハシケンたんじょうび五十祭!」のライヴから。編成はハシケントリオ+河村博司。この曲もハシケンmeets伊藤大地の1stCD「ミチル」収録。ハシケントリオでのライヴでもよく演奏する曲の1つ。河村さんのギターが入ることでより原曲よりも甘くポップな感じになってる気がする。長い時間かけて作り上げることができたハシケントリオならではのダイナミクス(音の強弱のコントロール)がよく表れてる曲の1つ。

原曲収録CD
http://www.hasiken.com/disc/michiru/

05 風をくらえ(ライヴ)
2月の奄美での「ハシケンたんじょうび五十祭!」のライヴから。編成はハシケントリオ+河村博司。この曲私のデビュー20周年記念CD「レラマカニ」に初収録した曲だけど、ハシケンフルバンドスタイル時代からすでに演奏してるのでDVDでそれを観ることができますよ。原曲はホーンセクションが入る大編成でのスカバージョンだけど、ハシケントリオのバージョンはロックよりのテイスト。それは河村さんが入ってるからという説あり(笑)。

原曲収録CD
http://www.hasiken.com/disc/reramakani/
ハシケンフルバンドスタイルDVD
http://www.hasiken.com/disc/hasiken_fullband_style20101124/


06 冬の死を悼む日(ライヴ)
2月の奄美での「ハシケンたんじょうび五十祭!」のライヴから編成はハシケントリオ+河村博司・磯部舞子・中村佳穂。ハシケントリオとして初めてリリースした「ランドスケイプ」に収録した曲。「春が生まれるということは、冬がなくなっていく」ということだと思い、春の喜びを祝う歌だけど冬の死の方にスポットをあてた曲。原曲とライヴバージョンはラストの長さが違ってます。原曲にも参加してくれた河村さんとバイオリンのベチコちゃん、そして今年正式デビュー京都在住のSSW中村佳穂ちゃんが独特で即興性の高いコーラスで参加。

原曲収録CD
http://www.hasiken.com/disc/landscape/

新曲2つと、「ハシケンたんじょうび五十祭!」の時にしか表現できなかったライヴ感満載の4曲。ハシケントリオとしての新しい面を聴いてもらえるCDになりました。ぜひ手にとって楽しんでもらえたらうれしいです!!ほんとたくさんの人たちに聴いてもらいたいんです!!!よろしくお願いします。

ハシケン


【ハシケントリオ3rdCD「きみといたら/渇れない華」】

⭐️特設ページ  http://www.hasiken.com/kimitoitara_special


posted by ハシケン at 14:11| Comment(0) | ハシケントリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

ハシケントリオ「きみといたら」ツアーを振り返る〜のおまけ。

ハシケントリオ「きみといたら」
リリースツアーの
セットリスト!
いえい!

ハシケン


IMG_7350.JPG

**********************

<ツアーセットリスト>
カッコ内は初音源化のCD名

1.この世界で
(ハシケンmeets伊藤大地「ファンタジー」)
2.風をくらえ
(ハシケン「レラマカニ」)
☆場所によっては、
存在しない
(ハシケン「hasiken presents “WAIDO”」)
3.くっついてたい
(ハシケン「Hug」)
4.ケモノミチ
(ハシケンmeets伊藤大地「ミチル」)
5.レラマカニ
(ハシケン「レラマカニ」)
6.サラババラライカ
(ハシケンmeets伊藤大地「ミチル」)
7.CHINBORAA
(ハシケントリオ「ランドスケイプ」)
8.蜜と難破船
(ハシケンmeets伊藤大地「ファンタジー」)
9.ワダツミの木
(ハシケントリオ「ランドスケイプ」)
10.ランドスケイプ
(ハシケントリオ「ランドスケイプ」)
11.渇れない華
(ハシケントリオ「きみといたら/渇れない華」)
12.乳飲みほせ
(ハシケン「Hasiken」)
13.バトン
(ハシケンmeets伊藤大地「ファンタジー」)
14.冬の死を悼む日
(ハシケントリオ「ランドスケイプ」)
15.きみといたら
(ハシケントリオ「きみといたら/渇れない華」)

アンコール
・珈琲
(ハシケントリオ「ライジング」)
・ライジング1
(ハシケントリオ「ライジング」)
・てっぺん
(ハシケンmeets伊藤大地「ミチル」)


ダブルアンコール
・.風をくらえ
(ハシケン「レラマカニ」)
☆場所によっては、
ワイド節(ハシケン「感謝」)


**********************************

hasikentrio kimitoitara jacket.jpg

ハシケントリオ 3rdCD
『きみといたら/渇れない華』
10/3(水)一般発売。
☆音楽情報サイト
「ナタリー」に
ハシケントリオ新譜情報を
取り上げていただきました。
https://natalie.mu/music/news/299300

タイトル曲
「きみといたら」は
ここで試聴できます。


今年2月奄美ASIVIでの
「ハシケンたんじょうび五十祭!」を
奄美の「ヱビス製作室」に撮影していただいた
映像を元にハシケン自らがイラストや手書き文字を
加えて編集した「サラババラライカ」PV。


CDの詳細や
ハシケン、ハシケントリオとも
共演している
近藤康平さん(絵描き/
ライヴペインティング)の
新譜への熱いコメントもあります。
ぜひ↓

特設ページ
http://www.hasiken.com/kimitoitara_special


posted by ハシケン at 11:48| Comment(0) | ハシケントリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

ハシケントリオ「きみといたら」ツアーを振り返る〜の後編。

前編
http://hasiken.seesaa.net/article/461587672.html
からのつづき。


広島オーティスでの
ライヴが終わってから
朝方にかけて
関西圏を中心とした
地域での
台風の被害の
あまりの甚大さを
知って言葉を失った。


9/5水曜日、
関西圏での台風の被害の
ことを調べたり
想いながら
広島からこだまに乗り
三原で乗り換え
在来線で岡山へ。


岡山に着いてから
大ちゃんオススメの
城下公会堂
近くにある
「天神そば」にて
4人でラーメン。

ツアー中
麺類多し。
うまかった。

毎回、会場の音響機材が
変わるし、特に
ドラムセットが毎回
変わるということもあり
サウンドチェックで
色々試した
岡山・城下公会堂。


この日も最初から
素晴らしい反応!


博多、広島で
2曲目だった
「風をくらえ」を
「存在しない」に
変更。

久々にやった
「存在しない」
よかったね!!

ダブルアンコールも
いただき
「風をくらえ」で
客席総立ちで
サイコーな
終わり方。

いえい。
スバラ!!!
41268476_1666753923434568_3171806508845367296_n.jpg

IMG_1124.jpg
photo by Kanako KItamura


9/6木曜日、
早朝起こった
北海道での地震のことで
また言葉を失う。


関西圏も北海道も
知り合いや
友人が多いので
なんとか被害が
少ないようにと
強く想いながら岡山から
新幹線で新大阪へ。


新大阪には
いつも関西でのライヴを
手伝ってくれる
伊藤くんの車に乗って
まずは宿泊先へ。

会場入り前に
「揚子江ラーメン」

またメーン。
あっさりした
スープ
やっぱりうまい。

大阪会場のムジカ
ジャポニカでの
サウンドチェック。
広島に続いて
河村さんの提案で
新曲「渇れない華」の
アレンジ変え。

少しずつ
またライヴならではの
アレンジを極めていく。
楽しい。

ムジカ
良い感じで
開演前から
むわっと熱気。

そのまま
ライヴ。
熱狂の客席!
駆け抜けた。

IMG_1285 2.JPG



9/7金曜日、
あっという間に
ツアーファイナル。

名古屋には
なんどもライヴで
来ているが
ブラジルコーヒーは
初めてのお店。


金山には何回か
来ていて
ブラジルコーヒーの
前も通ってるはずなのに
全く知らなかった。
金山駅から
徒歩30秒の立地。

まだランチタイム中の
お店に入って
みんなでご飯。

色々な話が
飛び出て
こういう時の
「バンド感」も
好きだ。

サウンドチェックも
遊びの延長のような
ところから始まって
どうしても
確認したいことだけを
やって終了。
https://twitter.com/lionmaru74/status/1038690201911013376

IMG_7314.JPG

ライヴが
始まったら
ダブルアンコールまで
一気だった。

お客さんも
たくさん
入ってもらえて
めっちゃ
盛り上がって
素晴らしい
ファイナルを
迎える事ができた。

各会場
ご来場いただいたみなさん
早速、新譜を
手にとっていただいた
みなさん、
ほんとうに
ありがとうーー!!!
IMG_7316.jpg

ハシケントリオに
河村さんを加えた
4人でずっと一緒に
移動して
ご飯食べたり
様々な話を
しながら
駆け抜けた
今回のツアーの
5日間は
今まで以上に
バンド感を感じた。

そして
どの会場も
盛り上がる曲だけじゃなく
バラードでも
客席が良い熱を
帯びてることを
感じる事ができて
その熱を感じながら
丁寧に歌っていきたいって
いつも以上に
思えてとても
気持ちよかった。


反面、
被災地のことを
想うと
複雑な気持ちを
抱えたまま続けていた
ツアーになった。


関西圏や
北海道の災害のことや
そこに住む人のことを
想いながら
見ていた
移動中の車窓の
何気ない風景が
いつも以上に
愛おしく、
そしていつもと
変わらず
ライヴをやらせて
もらえてる事が
いつも以上に
幸せに感じた。

7月の豪雨災害から
まだ復旧できていない
中国四国地方の地域、
そして台風21号の被害で
まだ復旧できていない
関西圏を中心とした地域、
北海道胆振東部地震の被害で
まだ復旧していない地域や
余震が続いていて不安が
まだ残っている地域のみなさんが
少しでも早く
日常の生活に戻れますように
強く祈っています。


ハシケン



**********************************

hasikentrio kimitoitara jacket.jpg

ハシケントリオ 3rdCD
『きみといたら/渇れない華』
10/3(水)一般発売。

タイトル曲
「きみといたら」は
ここで試聴できます。


CDの詳細や
ハシケン、ハシケントリオとも
共演している
近藤康平さん(絵描き/
ライヴペインティング)の
新譜への熱いコメントもあります。
ぜひ↓

特設ページ
http://www.hasiken.com/kimitoitara_special


posted by ハシケン at 20:38| Comment(0) | ハシケントリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ハシケントリオ「きみといたら」ツアーを振り返る〜の前編。

まだまだツアーの
余韻が強く残っている・・。

少しずつ
「きみといたら」
リリースツアーの
ことを思い出しながら
綴ってみますね。



9/2日曜日。私とガチャピンさん、
河村さん、博多に集合。

IMG_7193.jpg

大ちゃんは尾道でグッドラックヘイワ
のライヴがあり参加できなかったけど
3人でドラムなしリハ。
この時点でかなりテンション
が上がった。
新譜に収録した新曲を集中的に
リハ。
そしてツアー前祝い的に3人で
焼き鳥。
私は翌日ライヴがあると飲まないので
2人が軽く飲むのを見ながら
ジンジャーエール(笑)。
今回のツアーは5日連続なので
まぁ要するに名古屋ファイナルが
終わるまでアルコール摂取
しないってこと。

その理由を時々
訊かれるんですが、
単純にアルコールに
弱いってことと
アルコールを摂取すると
喉に負担が経験上(私の場合。
他の方はボーカリストでも
大量摂取する方いますね)
かかる気がするので
やめてます。はい。


そしてついに!
つい先日まで刺繍やデザイン、
そしてミックスをやっていたものが
形になって、博多に到着していて初対面。
うれしさ爆発。
IMG_7345.jpg


そしてそして、この日
今年2月に奄美ASIVIでの
「ハシケンたんじょうび五十祭!」を
奄美の「ヱビス製作室」が撮影してくれた
映像を元に私がイラストや手書き文字を
加えて編集した「サラババラライカ」PVも大公開。




9/3月曜日、
大ちゃんも無事博多ちゃく。
みんな会場のリブラボ到着して
サウンドチェック。

トリオ(河村さんも含め)として
音を出すのは奄美以来約半年ぶり。

でも音を出した瞬間に
確かな独特の感覚を
思い出す。
この感覚を表現するのは
難しいけど
懐かしい感じや
安心感みたいなものが
含まれてるもの。

サウンドチェック後
私だけcrossfmの番組出演のため
タクシーに乗り込む。

IMG_7215.jpg


以前から知り合いのくりぜん(栗田善太郎)さん
DJの「アーバンダスク」という番組に
生出演。

色々新譜のことやツアーのことを
引き出していただき盛り上がった。

とても短い間だったけど
楽しい時間だった。



またタクシーでリブラボへ。
で、ツアー初日。

河村さんを加えた4人のハシケントリオの
音が解き放たれた瞬間の心地良さったら
なかった。

あっという間にライヴが
終わってた。
ツアー初日が無事終わって
ほんとホッとできた。
IMG_7220.JPG

バンバンバザールの
リーダーであり、
リブラボのオーナーでも
ある福島くん(↑写真右)も
今回の新譜&ライヴをとても
褒めてくれて
うれしかったなぁ。


物販コーナーには
ジャケ写に使った
私の刺繍作品も展示。
IMG_7203.jpg


9/4火曜日、台風の影響で
博多からの上り新幹線は
全て「広島止まり」。

なんとか広島まで行けそうで
ホッとした。

IMG_7244.jpg

博多を出るときも広島についてからも
一瞬小雨が降ったもののあとは
晴れ間も出て
不思議と台風の影響は
うちらはなかった。

広島の会場オーティスは
もう20年のおつきあいを
させてもらってる開店から
31年を迎えた老舗。

オーナーの佐伯さんと
奥さんのミキさんと
会うと心がやんわりとなる。

前日博多でのライヴの
余韻や良い感触が
残っていたので
あまりサウンドチェックに
時間をかけるつもりは
なかったけど、新曲
「渇れない華」の
途中のアレンジをCDとは
違う感じにしたい!と提案して
いくつか試しつつ
曲自体のサイズも
博多ライヴともCDとも
違うものに決定。

こうやってまた
ライヴならではの、
ライヴでしかやらない表現を
見つけては試していく時の
高ぶりがたまらない。

ライヴはのっけから
良いテンション。
盛り上がったね!!

広島も、あっという間に
ライヴが終わってた。


IMG_7250.jpg

ライヴ後に
食べた
オーティスの
チリコンカン
おいしかったなぁ。


ハシケン



『後編』をお楽しみに。


**********************************

hasikentrio kimitoitara jacket.jpg

ハシケントリオ 3rdCD
『きみといたら/渇れない華』
10/3(水)一般発売。

タイトル曲
「きみといたら」は
ここで試聴できます。


CDの詳細や
ハシケン、ハシケントリオとも
共演している
近藤康平さん(絵描き/
ライヴペインティング)の
新譜への熱いコメントもあります。
ぜひ↓

特設ページ
http://www.hasiken.com/kimitoitara_special






posted by ハシケン at 12:00| Comment(0) | ハシケントリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

【明後日からトリオツアー】

今日は節分。豆まきしましょうか、恵方巻食べましょうか?ちょうど季節の変わり目。明日は立春。浜松に前乗りして3人でリハをしてトリオツアー『ライジング』がいよいよ明後日2/5からスタートします。

昨年9月のハシケントリオツアー『ランドスケイプ』の時に2017年のトリオの活動をどうしていくのかということを大ちゃんとガチャ氏と話し、できるだけトリオとしての活動を広げていきたい!という気持ちを伝えて2人もそれに応えてくれて2人ともほんといそがしい中スケジュールを空けてくれて今回のツアーにつながりました。

『ライジング』というツアータイトル。そこには皆さんにリクエストをお願いしてきた(ひきつづきぜひぜひお願いします!http://rsr.wess.co.jp/2017/artists/request)北海道の夏フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」にトリオで出演したいという強い希望があることは間違いないですが、ライジングという言葉の中に「上昇する」という意味合いプラス「伸び盛り」という意味があることを知ってこのタイトルで行こうという気持ちが固まりました。

私とガチャ氏は来年で50歳。ちなみに大ちゃんは一回り下(同じ申年)で今や超売れっ子ドラマーの1人です。50歳にリーチかけてる、えぇおっさん2人と、かなり知名度も実力もあるドラマーがまだまだ「伸び盛り」で「伸びしろ」があるって言えるのもいいかなぁと思ったわけです。

先月から奄美、広島、福岡、鹿児島、京都でラジオ・テレビ出演や新聞の取材を受けてるうちに自然と自分の口から発していた言葉の中に「ターニングポイント」というのがありました。この3人でのライヴは今の自分にとってかけがえのないもので、3人という最小限のバンド編成でものすごく小さい音からバカでかい音まで強力なダイナミクスを表現できる、せめぎあい、遊ぶことのできるバンド。ほんと他にはないものです。絶大な信頼を寄せてる大ちゃんのドラム、ガチャ氏のベースに乗っていられるしあわせ。

今まで以上に心地よい力が入ってます。そしてツアー初日浜松からツアーファイナルの奄美までどの会場でもお客さんと一緒に楽しめるように構成をぎりぎりまで考えています。

このトリオツアーがいろいろな意味でターニングポイントだったんだなぁとあとで振り返ることになるだろうという予感があります。
このツアー見逃してほしくないです。「ライジングツアーからハシケントリオがほんとうにスタートしたんだなぁ」って新しい時代の証人になれるからです(ちょっとおげさw?)。20日間で全15会場(ツアーとして14会場+沖縄のイベント1つ)どの会場もあまり広くはなくステージとお客さんがものすごく一体感を感じれる場所が多いです。3人それぞれがどんな表情でどんな動きをしながら演奏しているのかじっくり観ることができます。

今回のツアー用に新曲も書き下ろしました。早く3人でライヴで演奏したい!めちゃ楽しみです。では会場で会いましょう!

ハシケン

-----------------------------

ハシケントリオツアー2017『ライジング』

2/5(日)浜松・エスケリータ68
2/6(月)名古屋・KDハポン
2/7(火)京都・アバンギルド
2/8(水)福山・ポレポレ
2/9(木)高松・Bar Django
2/10(金)松山・jukejointつる
2/11(土)広島・OTIS!
2/13(月)札幌・SOUND CRUE
2/16(木)大阪・ムジカジャポニカ
2/17(金)岡山・城下公会堂
2/20(月)沖縄・groove
2/22(水)福岡・LivLABO
2/23(木)鹿児島・LiveHEAVEN
2/25(土)奄美・ASIVI

☆2/19(日)沖縄・桜坂アサイラムに出演。

詳しくは
www.hasiken.com/live

hasikentrio2017newflyermini.jpeg
posted by ハシケン at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ハシケントリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする