2012年04月02日

『ミチル』発売記念ツアーまで1週間をきって

いよいよ今週7日(土)の浜松公演からハシケンmeets伊藤大地
1stCD『ミチル』発売記念ツアーが始まる。

昨年11月にツアー5カ所(富山、京都、浜松、大阪、広島)を
まわった感触がとても良くて今回のCD制作&発売記念ツアーへとつながった。

ここまでの流れは「あっと言う間」だったとも言えるし
「やっとここまで来れた」とも言える。

『ミチル』収録曲の試聴版や最新情報は
公式サイトに載っているので、ぜひチェックして下さい。
http://hasiken-daichi.net


『ミチル』収録曲の選定と大ちゃん(伊藤大地)が今までレコーディングで
参加してきた作品(主にSAKEROCK)を聴き直すことから始まった2012年。

大ちゃんが主な活動拠点としているSAKEROCKでの「伊藤大地」の
ドラムを改めて知った上で、今までの「伊藤大地」に加えて今まで聴いたことがない
「伊藤大地」のドラムと今回のCDでコラボしたいと思っていたからだ。

今までと同じ地平線上にあるドラムも、別の次元を予感させるドラムも
大ちゃんには叩いてもらいたいし、その現場に携わりたいとも思った。

1月11日に奄美でのレコーディングが開始。
主に大ちゃんのドラムと口笛のレコーディングと写真撮影。
そしてライヴハウス「ASIVI」でのライヴ仕様の一発レコーディング。
あわただしかったが意外とスムーズに、ことが進んだ。

大ちゃんのレコーディングが終わってから、
私のある意味「孤独」(笑)な作業がスタート!

楽器を重ねては消し、重ねては消すことの繰り返し。
歌を録音し、少しずつ形にしていき
2月7日から大阪、富山、東京での
出張ゲストレコーディング。

大久保氏(マリンバ、ビブラフォン)、浦ちゃん(バリトンサックス)、
児嶋さん(テルミン)、朝倉くん(パーカッション)、
太田さん(バイオリン)、梅津さん(クラリネット)。
私の決してスムーズではないレコーディングエンジニアリングに
つきあっていただき、キラキラするそれぞれの音を収録させていただいた。

その後も私の作業は続き、ある程度、曲の仕上がりの目標値が
見えてきた段階で大ちゃんに音源を送り感想をもらいながら
また作業を続けた。

3月に入ってからも私の歌や楽器のレコーディングは続き、
マスタリング直前ぎりぎりまでミックス。
そして3月15日の深夜にマスタリングが終わり
丸々2か月を要した制作作業終了、自分たちの手を離れた。

マスタリングが終わり一息ついたところで
まっさきに感謝したくなった人が3人いる。

まず1人は、今回の相方の大ちゃんだ。

私はいろんなタイプのドラマーをたくさん知ってるわけではないが
昨年から一緒にライヴをやりレコーディングした感触から
「伊藤大地」というドラマーの進化の早さは、本人の日頃の努力に
裏付けされたもので並大抵のものではないし、これからもまだまだ
伸びる下地をもっている<可能性の固まり>だと感じた。

その可能性の固まりを目の当たりにできて
私がまだまだ出し切れてなかったものを
引き出してもらえた気がする。

大ちゃんが高校生の時にバンドでコピーしていた
「セッション」(私のデビューアルバム「Hasiken」収録)という曲を
今回ボーナストラックとして『ミチル』に入れた。
(奄美のライヴハウス「ASIVI」での一発録音)

約17年の時を経て、観られていた人間と観ていた人間が
同じステージ上で演奏し音源として盤に刻んだ。
しかも私にとっても次のステージをまだまだ目指すことができる!と
思わせてくれたパフォーマンスになった。
これ以上うれしいことはない。


あと2人は、
私のアルバム『赤い実』のプロデューサーてっちゃん(ヤマサキテツヤ)と
『青い月』『Hug』のプロデューサーの河村さん(河村博司)。

『ミチル』は、ハシケンmeets伊藤大地という新ユニットの
1stCDだが、「ハシケン」という1アーティストにとっては明らかに
『赤い実』『青い月』『Hug』の延長線上にあるCDだ。

てっちゃんと河村さんのレコーディング&ミックスの手法を思い出しながら、
2人が作品を仕上げていく<情熱>をいつも意識しながら『ミチル』を仕上げていった。

『ミチル』を実際手にとって聴いていただければわかると思うが
ミニアルバムながら、かなりバラエティに富んでると思う。
曲調も録音方法による「質感」も。(作ってる最中はあまり気にしていなかったが
仕上がった音を聴いて最初に思ったのは「すごくアナログレコードっぽい」ということだった。)
マスタリングのときに収録曲を続けて一緒に聴いた大ちゃんと
「ほんと同じような曲がないね〜」と話した気がする。

1枚のCDを最後まで飽きずに通して聴いてもらいたい、という共通の思いが
私も大ちゃんにもあるということが影響していると思うが
私が作った曲それぞれも、同じような曲調にならないようにしたし
歌い方に関しても1曲ずつアプローチを変えている。もちろん
大ちゃんのドラムも全曲違うアプローチをしている。
(今回収録した曲の中では「ケモノミチ」のドラム【グルーヴと音色】が特に新鮮だった)

他人のCDを聴いていて、同じような曲調や雰囲気が続くと
はっきり言って「つまらない」と思ってしまうから、
自分が関わったCDでは、そう(つまらないと)思ってほしくないと
常に感じていたことが制作に色濃く反映したのだと思う。

今回はレコーディングからミックスのエンジニアもほぼ私1人で行ったので
今自分が収録してる音をこの人たちならどう思うだろう(聴くだろう)と
上記3人の顔をいつも頭の隅っこで思い浮かべながら作業をしていた。
(良い意味での、プレッシャー・・笑)


全国に発送したCD発売とツアーの告知を兼ねたダイレクトメール約1500通の
ほとんどに「自信作です!!」と一筆書かせてもらったが、その言葉に嘘はなく
2012年の初めにやれることはすべてやらせてもらって出来上がった紛れもない自信作。

大ちゃんの知り合いで、今回最終的なミックスのサポートをしていただいた
エンジニアの池田さんが、タイトル曲「ミチル」を先入観なしに初めて聴いた時に
「良い曲ですね。映画を一本、観終わった気持ちになりました。」とふと言ってくれたことも
この自信につながっているのかもしれない。

あとは『ミチル』発売記念ツアーを思いっきり大ちゃんと楽しんで、
お客さんとその場を共有したい。

いつものことだが、ツアーの中で熟成していくライヴの音は
そのツアーでしか味わうことができない。

4月7日(土)浜松〜21日(土)東京ファイナルまでの2週間に渡る10公演ツアー。
今までのどんなツアーよりも本気度の次元が違う大ちゃんとの「ガチンコ」ツアーになるだろう。

4月9日(月)大阪にはレコーディングに参加してもらった浦ちゃん、
4月18日(水)名古屋にはレコーディングには参加していないが、
私と大ちゃんをつなげてくれた「恩人」福島ピートくんがゲスト出演する。
この化学反応も、かなり楽しみ!

そしてそして
ぜひ!『ミチル』をじっくり聴いていただきたいです!!

ライヴ会場とタワレコオンライン+主要店(詳しくは上記のハシケン大地公式サイト)で
買っていただければスペシャル映像(ライヴ仕様REC3曲ノーカット+レコーディング風景等)
収録の特典DVDも付きますからね!

無事、皆さんの手に『ミチル』が届くことを願いながら、
ツアーファイナルまで体調を整えながら、そして
いろいろな人たちに感謝しながら、このツアーを駆け抜けると思う。
各会場で会いましょう!



追伸・
ツアースタート直前4月5日(木)に、ハシケンmeets伊藤大地の公式グッズ
(数量限定のためライヴ会場のみの販売)の発表予定!お楽しみに〜。







posted by ハシケン at 12:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

朱花の月、ミラノで!

私が音楽を担当し昨年公開された河瀬直美監督の映画『朱花の月』が
イタリアのミラノで開催していた第19回Sguardi Altrove Film Festivalで
『朱花の月』が最優秀作品賞グランプリ を受賞しました!!

http://www.milanofestival.it/public/cinema/news/933-19-sguardi-altrove-and-the-winners-are.asp

素晴らしいです!!
うれしいです。

まだまだ各地で公開が予定されていますので
まだ観てない方はぜひ!

詳しくは公式サイトへ。

http://www.hanezu.com/
posted by ハシケン at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

ハシケンmeets伊藤大地・公式サイト!

4月に1stCDをリリース、そして
発売記念ツアーを行う
『ハシケンmeets伊藤大地』の
公式サイトがオープンしました!!


http://hasiken-daichi.net



新着情報をアップしていきますので
チェックしてみて下さいな。


posted by ハシケン at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

遅ればせながら!!

今年もよろしくお願いいたします!!!

今月は2つの制作に入っていて
新年早くもバタバタです(笑)

昨年ツアーして大好評だった
『ハシケンmeets伊藤大地』でCD制作を始めました。

そして発売日が決ってないのに
発売記念ツアー日程が発表!!
これは作らなくてはいけない。
追い込まれてます(笑)。

ツアー日程その他、『ハシケンmeets伊藤大地』の詳しい
情報はこちらでチェックして下さい。

『ハシケンmeets伊藤大地』準備ページ
http://hasiken-itodaichi.seesaa.net

そしてもう1つは、私と「中村瑞希&ハシケン」として
ユニットを組んでる奄美シマ唄の唄者・中村瑞希ちゃんと共に、
最近では映画「キャタピラー」が話題になった大御所・若松孝二監督の
最新作「千年の愉楽(中上健次・原作)」の音楽を担当することになり、
毎日作曲の日々です。


2つの制作、どう花開くか
お楽しみに!!!




posted by ハシケン at 15:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

来年のハシケンmeets伊藤大地。

11月に5カ所でライヴをやった『ハシケンmeets伊藤大地』、
大好評だったことに気を良くして(笑)、CDを制作して
発売記念ツアーをやることにしました。

新年早々にレコーディングスタート。

4月に、東京、浜松、名古屋、富山、京都、大阪、
福山、広島、奄美でライヴやります。

公式サイトができあがるまでの取り急ぎのブログも
開設しました〜。ぜひ!
http://hasiken-itodaichi.seesaa.net/


映画「千年の愉楽」の音楽担当、そして大ちゃんとの
CD制作&ツアーで、2012年もまたまた濃いスタートに
なりそうです。

posted by ハシケン at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

再び、映画音楽。

映画「キャタピラー」など、多くの問題作・話題作を
世に送り出してきた若松孝二監督の新作『千年の愉楽』
(原作・中上健次)の音楽を奄美の唄者・中村瑞希ちゃんと
私で担当することになりました。

本格的な音楽制作がこれから始まります。

この映画、キャストも豪華です。
寺島しのぶさん、ARATAさん、高良健吾さん、佐野史郎さん、他。

お楽しみに!!
posted by ハシケン at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ハシケンmeets伊藤大地2011ツアー告知映像。

早くも来週に近づいてきた
『ハシケンmeets伊藤大地』ツアーの
直前追い込みPVが完成してYoutubeに
アップされたのでぜひ!観ていただきたいです。
これは必見!

http://www.youtube.com/watch?v=Rfltc2EjrgY
昨年8月の熱いライヴ映像が観れますよ。


このツアー、11/16(水)の富山から京都、浜松と行きます。
そして元々はワンマンではなかったんですが
主催者のサックス奏者の浦朋恵さんの体調の大事を
とって11/27(日)に大阪で「ほぼ」ワンマンのライヴに
なりそう。そして28日(月)は広島。

詳しくは
http://www.hasiken.com/live/index.html

ぜひぜひ、観に来てね!!

posted by ハシケン at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

『ハシケン、みっち。姉弟まつり!』へのお誘い。

hasiken_mitch.jpg

今月の22日(土)に秩父ミューズパーク室内音楽堂で
うちの姉「みっち。」と姉弟まつりと題したライヴを行う。

秩父は私たちの故郷であり、ミューズパーク音楽堂で
いつかライヴをやれたらいいなぁと思ってきていた。

姉の発案から始まった今回のライヴは、<まつり>に
ふさわしいものになると思う。

天才。そして実はあまり知られていないが
素晴らしい<グルーヴメイカー>、元「たま」の石川浩司さん。

私の大親友であり、音楽制作の上での最良のパートナー
でもある河村博司さん。

そしてレコーディングに初参加していただいてから
早13年が経ち、デュオやフルバンドでもいつでも最高の
プレイをしていただいているヴァイオリンの太田惠資さん。

この3人が私と姉の歌や楽器にどう絡むのか、そして
各人がメインになりどんなステージを繰り広げるのか
想像しただけでめちゃくちゃ楽しみ。

実は会場のミューズパーク音楽堂は私がまだデビュー前に
自主制作CDを作る際にレコーディングで使った以来、
約18年ぶりにステージに立つということもあり、かなり感慨深い。

この音楽堂、客席が約600席あり姉が「ここでやりたい!」
と言ってきた時には、正直、無謀だと思った。
でもこのメンバーが揃ったのなら、せめてこのくらいの
規模でやらないと「まつり」にならないと思えてきた。

うちの姉と一緒にライヴを企画するのもそうそうないし
これくらいのことやらないとつまんないもんね。

秩父でやるからには、もちろん秩父在住の人たちに
たくさん来ていただき観てもらいたい。

そして都内をはじめとする関東在住の人たちや他の地域に住んでいる
人たちにも観てもらいたい。

秩父に日帰りで観光がてら来てもらいライヴを楽しんでもらうのもあり。
そして泊まりがけでライヴに来つつ、秩父をゆっくり観てもらうのもあり。
(日帰りの場合は、池袋行きの最終電車に間に合うように終演時間も
設定してありますよ。)

まぁ要するに、時間が許すならば、ぜひ様々な「秩父」に、
ふれていただきライヴも楽しんでいただけたらうれしい!!
ということなのです。

オープンニングアクトとして、秩父在住のうたと和太鼓のお2人
「茶飯楽団」に華を添えていただきます。

ワクワクする。


「まつり」という言葉から、皆さんは何を連想しますか?

私にとって「まつり」とは、神聖なものでありつつ、どこかいかがわしく、
端から見たら馬鹿なことに大人が本気で真っ正面からぶつかり合い
初めて異性と手をつないだ時のドキドキ&初々しさや、終わりの後にとてつもなく
訪れる<郷愁>たちが、ないまぜになったものです。

そう思わせてくれるのは、京都の祇園、岐阜の高山と並び、
日本三大曳山(ひきやま)祭りに数えられる「秩父夜祭り」
(400年以上続いていると言われている)が体に染み付いているからかもしれません。

そんな、ないまぜな感情を会場全体で共有して
泣いて笑ってもらいたいです。

ぜひ!!
観に来て下さい。



ライヴの詳細、各出演者の紹介、姉みっち。からの「まつり開催へのメッセージ」等は、
『ハシケン、みっち。姉弟まつりへのカウントダウン!』HP
http://ameblo.jp/aruturan/


*******************************************************

☆ミューズパーク音楽堂へ行く
<西武秩父駅より>
ミューズパーク循環バス(ぐるりん号)にご乗車ください。
「音楽堂・野外ステージ」で下車ください。
時刻表はこちら
http://www.city.chichibu.lg.jp/menu2027.html
お近い時間は16:05 , 17:05 発です。

<秩父鉄道秩父駅より>
上記のぐるりん号が循環しますので
時刻をご確認のうえ、ご乗車ください。

<お車でお越しの際は>
駐車場は音楽堂敷地内にございます。

☆ミューズパーク音楽堂より帰る
終演後は、最終バスが終了しておりますのでタクシーをご利用ください。

丸通タクシー 0120-023633 / 0494-22-3633
秩父観光タクシー  0120-245611 / 0494-22-5611


<西武秩父駅から東京方面へ>
21:15(各駅停車飯能行き・飯能から急行池袋行きへ接続)
21:25(特急ちちぶ54号池袋行き)


☆秩父に泊まるならぜひここにお問い合わせ下さい。
秩父旅館業協同組合
0494-24-7538 / 0494-25-3192






posted by ハシケン at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

『朱花の月』サントラCD発売記念!

☆9/23

お昼過ぎからリハーサル。
ビブラフォンの大久保氏は実家のある富山から
車で東京入り。途中の高速道路が台風の影響で
通行止めになっていて、かなり時間がかかったらしい。
東京についてすぐにリハーサルは大変だったと思う。
ほんとうにお疲れさまでした。

私、チェロの薄井くん、ヴァイオリンの有希さん、
そして大久保氏の4人で音を一緒に出すのは
今回が初めて。各人それぞれデュオを経験していて
自分なりに3人の音の特性を知っているつもりでいたが
4人の音が合わさった時に、想像していたよりも
もっと凄いことになっていたのには、驚いた。

usuiyukiokubo.jpg
素晴らしき3人。

☆9/24

午後1時半に渋谷ユーロスペース入り。
『朱花の月』の舞台挨拶。河瀬監督、主演こみずとうたくん
そして私の3人で2時過ぎにステージに昇った。
今月初め関西で3回舞台挨拶に参加させていただいたが、
今回はその3回とは違う「フリートーク」スタイル。
監督が中心になり話を進め、とうたくん、私が
監督の質問に答えるような形でフリートークしていく。

監督からのある質問が、とても良く(私の好み)で
ついいろいろ時間を考えずに話してしまいそうだった(笑)。
この質問は劇中のセリフに起因していることでもあるので
まだ映画を観ていない人のために、内緒にしておきます・・。

そして、とうたくんボーカルの「愛(かな)しるべ」。
私はギターをひたすら弾き、監督はコーラスで参加。
今となっては普通にこの3人で舞台挨拶内で「愛(かな)しるべ」を
演奏しているが、監督が自ら自分の映画の舞台挨拶で
コーラス参加している図ってあまり他にないような気がする。
(他の監督さんで舞台挨拶でコーラスやってる人、知ってる人います??)
そしてこの監督のコーラス、予想していないところに
入ってくるので、毎回楽しみです。というかドキドキ。

あっと言う間に舞台挨拶終了。映画のパンフレットやサントラCDを
買っていただいた方々にサインをしてからユーロスペースを後にして
下北沢へ。

下北沢440に到着後、少し落ち着いてからサウンドチェック。
サウンドチェックで音が定まるのに少し時間がかかったが
気持ちよい音になっていった。

1曲目は「美しき日本・奈良県」で河瀬監督と初コラボとなった
「五條」を私のピアノソロで。

サントラからの曲もやったが、4人でやってみたい曲を
リアレンジした曲を多数演奏した。4人用に作った新曲も。

途中、監督に登場していただき「神納川」で
私のギターと監督の語りでコラボ。
そして薄井くんと私のピアノでの「朱花の月のテーマ」でも
監督に劇中で使われてる万葉集の歌を詠んでいただく。
そして、とうたくんにもステージに昇ってもらい
今日2回目の「愛(かな)しるべ」。

薄井くん、有希さん、大久保氏との4人編成。
今までに体験したことのない音世界だった。

3人の中では有希さんとの「ハシケン×江藤有希」の
レコーディングからツアーまでの経験があるため
有希さんにいてもらったことで独特の安心感があった。

今回のこの編成、またやってみたい。
ほんとうにお疲れさまでした〜!


ご来場いただいた皆さん
ありがとう!!!


☆サントラCD
映画『朱花(はねづ)の月』オリジナル・サウンドトラック+『美しき日本・奈良県』の
Amazonの専用サイト http://amzn.to/otOcDL

映画『朱花(はねづ)の月』HP
http://www.hanezu.com/


posted by ハシケン at 13:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

『朱花の月』サントラCDが、Amazonで!

『朱花の月』サントラCDが、Amazonでも購入できるように
なりました〜!!

ぜひ!

詳しくは、http://amzn.to/otOcDL


収録曲の紹介を載せましたので
こちらもぜひ!!

http://hasiken.com/discography/2011/08/post-6.html







posted by ハシケン at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

『朱花の月』前夜祭ライヴin奈良

☆9/1

奈良に前乗り。
『朱花の月』サントラCDとご対面。
ついこの間(約2週間前)まで、影も形もなかったものが
目の前に!うれしい。

hanedu_cd.jpg

1人リハスタに入り、もくもくと練習・・。

☆9/2

急きょサントラに参加してくれたチェロの薄井くんが
東京から奈良に駆けつけてくれることになったが
台風12号の影響で、ちゃんと辿りついてくれるか
心配・・。

新幹線は通常運転みたいだが、京都からの近鉄線が
特に心配なので、今回のライヴでも手伝ってもらうことに
なってた京都の伊藤くんに京都駅で薄井くんをひろってもらい
車で奈良に来てもらうにした。一安心。

薄井くんは、レコーディングに参加してもらってるし
私のライヴを観に来てもらっているが、ステージに
一緒に乗ったことはないし、今回用のリハも一度も
やっていない(笑)。今日のライヴ前に何とか
音合わせはしておきたい・・・。懇願!

幸い順調に奈良に入ってもらえてリハも開場時間ギリギリまでできた。

ライヴは、最初に私がソロで数曲歌い、
薄井くんを呼び込んで「赤い実」などなど。

0902_1.JPG
初共演。

そして河瀬直美監督を呼び込み、『朱花の月』のサントラから
「朱花の月のテーマ」を河瀬監督の万葉集の歌のリーディングと
合わせ、生演奏初披露。
0902_2.JPG

そして映画の主演・こみずとうたくんも呼び込み
作詞・河瀬監督、作曲・ハシケンの『愛(かな)しるべ』を
4人編成で初披露!
0902_3.JPG

あっと言う間に駆け抜けたライヴだった。
何とも言えない充実感。たくさんのお客さんの笑顔。

ご来場いただいた皆さん、ほんとうにありがとう!!
サントラCD、いろんな人たちの元へ旅立ったねぇ。

感謝!!!


追伸・
9/24(土)、舞台挨拶のため河瀬監督と主演のこみずとうたくんも
東京に来る予定なので、その夜にある下北沢440でのサントラCD発売記念ライヴでも、
上記の4人編成での演奏を披露できそうです!

詳しくは、http://hasiken.com/live/2011/09/cd.html




posted by ハシケン at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ハシケン&橋本歩・北海道道東ツアー4

☆8/22

まだ昨夜の余韻がさめないまま、黒川旅館をチェックアウト。
常呂にある百年広場の常呂町民手形柱に飾るための
歩さんの手形をとりに出かけた。

1983年・町100年記念で建設された、常呂町民(約6千人)の手形が
はめられている柱。ここを訪れたスポーツ選手や芸能人の方々も数多く
手形をとって陶芸ハウスところの「流氷窯」で焼かれたものが柱に飾られている。

http://www.jalan.net/kankou/010000/012300/spt_01553aj2200024255/

そしてサロマ湖を一望できる展望台へ連れていっていただき
saroma_ayumisan.jpg
その後は温泉で温まり、空港へ向かう時間までにまた漁港へ
連れていっていただき送迎会!
今回も至れり尽くせりでした。

常呂の皆さん、今回もほんとうにありがとうございました。
歩さん、お疲れさまでした〜!!
またぜひ!
posted by ハシケン at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ハシケン&橋本歩・北海道道東ツアー1

☆8/19

チェロの橋本歩さんと羽田空港で待ち合わせ。
天候不良で離陸時間が少し遅くなったが無事
女満別空港に到着。

空港には、常呂でいつも音響を担当していただいている
外村さん夫婦(普段は漁師)が迎えに来てくれた。

途中、食事をしながら常呂へ到着。

夕方から常呂の皆さんに手厚く歓迎会(1次&2次会)を開いていただき
1日目終了。常呂と縁の深い、故・沢田としきさんの奥さま・節子さんも
合流。節子さんと歩さんは飲み友達でございます。あ〜いっぱい
食べた食べた(笑)。
posted by ハシケン at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

怒涛の8月。

当初、8月はあまりいそがしくなかった予定だったが
7月の後半からいろいろスケジュールが入りだし
かなりバタバタ・・・。

私が音楽を担当した奈良在住の映画監督・河瀬直美さんの新作
『朱花(はねづ)の月』のサウンドトラックCDを発売にすることになり
いろいろと動いてました。

『朱花(はねづ)の月』HP http://www.hanezu.com/

CDには、この映画のサントラだけではなく、河瀬監督との初コラボとなった
『美しき日本・奈良県』のために書き下ろした曲も厳選して収録することに
なり、その曲たちをミックスしなおしたり・・。そして河瀬監督が作詞、
私が作曲、映画の主演こみずとうたくんがボーカルの新曲「愛(かな)しるべ」も
急きょ収録することになり、そのレコーディング&ミックス!!
いやぁ〜いろいろとバタバタでしたが、素晴らしいものに仕上がりました。

『美しき日本・奈良県』HP http://nara.utsukushiki-nippon.jp/

このアルバム、映画の公開に合わせて9/3(土)に発売になります。
ちなみに普通のCD店では購入できません。映画『朱花(はねづ)の月』を上映してる
映画館、そして私のライヴ会場、そして9月中旬あたりからamazon(アマゾン)でも
買えるようになります。

まずは映画公開の前夜祭ということで9/2(金)奈良ビバリーヒルズでの
私のライヴで先行発売することになりました。
詳しくは、http://hasiken.com/live/2011/09/-in-nara.html

あ、東京でのCD発売記念ライヴは9/24(土)ですよ!
http://hasiken.com/live/2011/09/cd.html


そして明日から北海道入り!
すでにあちらは涼しいとの情報が・・・。
20日(土)は北見の夕焼けまつり、21日(日)は常呂の常楽寺でのライヴ。
今回の相方はチェロの橋本歩さんです。どんなライヴになるかなぁ。
楽しみ!!
http://hasiken.com/live/2011/08/post-35.html
http://hasiken.com/live/2011/08/post-36.html

そして来週火曜日23日は、ほんとうに怒涛のライヴ!
高円寺の沖縄居酒屋「抱瓶(だちびん)」にて河村さん朝倉くんとの
トリオでのライヴ!こちらすでに予約は満席らしいですが
立ち見でOKであれば予約受付中とのことなのでぜひ!
立ち飲みでライヴを楽しむのもありですぜ。
みんな踊るし歌うしね〜。
http://hasiken.com/live/2011/08/post-33.html


ではでは、また会場で!暑い日がまだ続きそうですが
ご自愛ください!



posted by ハシケン at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

昨夜の奄美ASIVIでのライヴ。

いやぁ〜めちゃ楽しかった。

私の奄美の友人である、ゆーきゃんとりょうくんが奄美FMでやってる番組
「ゆ〜きゃん・りょうの夜分にすいませんパート2」の特別版
『ゆ〜きゃん・りょうの新婚初夜分にすいません』の公開収録番組としての
ライヴでした〜。

私、姉みっち。、河村さん、スティーヴさん、竪琴の盛島さん、そして
ゆーきゃん&りょう・・・盛りだくさん。

ここで事前に告知できたら良かったのですが
急きょ、ライヴをUst中継を行いました。

現在アーカイヴ(録画されたもの)を下記で観ることができます。
ぜひ!


http://www.ustream.tv/recorded/15771484
http://www.ustream.tv/recorded/15773809

posted by ハシケン at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

奄美大雨災害の義援金についてのご報告。

昨年10/20の奄美大雨災害に対する義援金(10/23名古屋モノコトでのライヴから
各地でのツアーでご協力いただき集まった30万0828円と北海道北見市常呂町の
皆さんが独自に集めた3万9674円を合わせた34万0502円)を12月に奄美のNPO法人
「ディ!」代表・麓憲吾さんに渡しました。
2010/12/14のブログ http://hasiken.seesaa.net/article/173308678.html


先日、麓さんからその義援金を、どのように分配するかという
下記の報告を受けました。

*****************************************
おかげさまで、ハシケンさんから渡していただいた34万0502円含む
ディ!全体の義援金合計が1231万0078円となりました。

奄美大島内の床上・半壊・全壊の被害のあった
各集落に均等に分配を行いたいと思います。
具体的には直接区長さんにお渡しし、
今後の災害時に生かされる平常時からの相互扶助の
コミュニティ形成を醸成するため集落行事などに
活用されるようお願いしたいと思っています。

現在各所手分けし、分配中ですが、
万一、受け取り拒否の場合は東北被災地への
義援金にしたいと考えています。

*****************************************

皆さんにご協力いただいた34万0502円も、実際に床上・半壊・全壊の被害のあった
61集落に均一に(1集落あたり5582円)が分配されることになりました。


各集落への分配詳細は以下の通りです。

・龍郷町(20集落の内、被害のあった15集落) 5582×15=8万3730円
・瀬戸内町(18集落の内、被害のあった5集落) 5582×5=2万7910円
・宇検村(1集落の内、被害のあった1集落)  5582×1=5582円
・大和村(10集落の内、被害のあった5集落)  5582×5=2万7910円
・奄美市笠利地区(9集落の内、被害のあった2集落) 5582×2=1万1164円
・奄美市住用地区(12集落の内、被害のあった10集落) 5582×10=55820円
・奄美市名瀬地区(31集落の内、被害のあった23集落) 5582×23=12万8386円

61集落合計 34万0502円


ご協力いただいた、たくさんの皆さん
ほんとうにありがとうございました!!!

posted by ハシケン at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

新曲2曲できました。

来月の東京・浜松・名古屋のハシケンハマケン復活ライヴに
初披露しようと思ってる新曲2曲が完成。
1曲は歌もの、1曲はインスト。

譜面を書き上げ、世界レベルのトロンボーン・浜野くんに
データを送った。

浜野名人が、どんな感じに味付けしてくれるか・・。
楽しみ!

アルバム「TAKARA」の曲はもちろん演奏しますよ〜。

ぜひ復活ライヴに遊びに来て下さい。

『ハシケンハマケン復活ライヴ』
7/5(火)下北沢・440
7/14(木)浜松・エスケリータ68 ☆前売予約はソールドアウト。
7/15(金)名古屋・KDハポン
詳しくは、
http://hasiken.com/live/
まだこの映像観てない人はぜひぜひ。
http://www.youtube.com/user/GRANDLIFE7

スケジュールの都合で浜野くんは参加できないですが
浜松、名古屋の流れで、私は7/16(土)に
京都・拾得(じっとく)でのイベント『宵山と私とどっちが大事なの?』
に出演します。

この時期の京都は正に「祇園祭り」一色。
祇園祭り&観光がてら京都を訪れるのもありでしょう!
京都でのライヴは昨年12月以来。関西の皆さん、ぜひ!

この日は、先日6/20大阪ショビシュバでのライヴで
ご一緒していただいた、テルミン奏者・児嶋左織さんに
ゲスト参加していただく予定。これまた楽しみです。

7/16(土)京都・拾得(じっとく)
『宵山と私とどっちが大事なの?』
詳しくは、http://hasiken.com/live/2011/07/post-29.html


posted by ハシケン at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

今週末からは、

広島県内で2カ所(広島市、府中町)そして大阪1カ所で
ライヴがあります。

今回の計3カ所のライヴは、10年以上前からお世話になっている
広島OTIS!(オーティス)のオーナー佐伯さんの企画。

馬頭琴の嵯峨さん、ブラジリアンパーカッションの小澤さん、
テルミンの小嶋さん(大阪公演のみ)そして佐伯さんと交流のある
ミュージシャンの人たちとの初顔合わせ。どんな感じのライヴに
なるのか、私もまだ全く想像のつかない感じ。

曲は私のオリジナルを中心に、佐伯さんに出していただいた
アイデアを元に編成を決め、まずは17日に広島に前乗りして
皆さんでリハをやる。

どんな音になるんだろう??

とても楽しみ。

ぜひ皆さん、観に来てね!!

6/18(土)広島市・OTIS!開演19:30
6/19(日)広島県府中・府中町公民館大ホール 開演15:00
6/20(月)大阪市・CHOVE CHUVA[ショヴィ・シュヴァ] 開演19:30

詳しくは、
http://hasiken.com/live/index.html





posted by ハシケン at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

ハシケンハマケン復活。

来月、ハシケンハマケンが復活!!

ということで、先日行ったリハーサル&メッセージを
収録した映像をアップしましたのでご覧ください。

『ハシケンハマケン復活ライヴ2011予告編』
http://www.youtube.com/watch?v=Dt2ssNlxLnQ


「ハシケンハマケン復活ライヴ!!」
7/5(火)
下北沢・440
7/14(木)
浜松・エスケリータ68
7/15(金)
名古屋・KDハポン<イベント出演>

☆7/16(土)は、ハシケンソロで
京都・拾得(じっとく)でのイベントに出演します!
こちらもぜひ。

詳しくは、
http://hasiken.com/live/index.html




posted by ハシケン at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

賛同しています。

福島に住む妊婦さんや子供たちを避難してもらうための
署名を集めるためのプロジェクト「Moms&Children Rescue FUKUSHIMA」に
賛同しています。

まずは、HPを見て下さい。
http://www.mcr-fukushima.net/


そして、今現在、私が感じている気持ちの多くを代弁して
いただいたような発言を俳優の山本太郎さんがしている映像が
あるので、こちらも一度観ていただけたらうれしいです。

http://www.youtube.com/watch?v=IVGKRPoyyfY&feature=youtu.be





posted by ハシケン at 06:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のおもひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする